« 中国へ行く前の準備② | Main | 記念すべき渡航の話なのに・・ »

中国へ行く前の準備③

どう考えてもまだまだあるのですが、
北京へ行くための準備「最終章」です。

「E-BBC」を見てくださっている方はおわかりのとおり、
私はパソコンを使って動画を作り、自分のホームページで
配信しています。

愛用のPCはメーカー品なので、
ハードディスクだけはずして持っていっても、
中国でうまくフィットする箱が見つかる保障もない。

と、なるとやはり、デスクトップを向こうに
持って行くしかない、という結論に。

ただ、日本→中国 のパソコンの郵送は、
方々から「止めたほうがいい」と言われていました。

理由は、現在国の事情や郵送状態の関係で、
中国へ送る荷物は無事に届かなかったり、
届いても破損していたり、
パソコンの場合税関で止められ、
最悪の場合は強制送還・・
と、さまざまな問題が続出しているからだそうです。

そのため、ヤマト(UPS)は中国への荷物の配達を
中止しているほど。

かといって、ハンドキャリーで持っていっても、
中国線は飛行機の積荷の扱いもかなりぞんざいなので
「絶対にだめ!」とこれまた方々から(郵送よりも力強く)
言われました。

と、いうわけで残された選択肢はやはり
自分のパソコンを郵送する方法のみ。
安全に送る手段を考えあぐねる私・・

残すは、EMSとFedexとDHLになるのですが(他にあった?)
群馬で手軽に依頼できるのは、郵便局経由のEMSのみ。
郵便局なら今のところ、日本全国どこにもあるから・・です。
しかも、ネットで調べたところ、中国の郵便局に送られる
EMSの到着率はかなりよいとのこと。

そこでさっそく高崎郵便局へ電話で相談。
すると、
「インボイス(証明書)を付ければ、
ちゃんと中国にも郵送します。
これまでも問題は聞いていません」とのこと。
そして、万が一届かなかった場合、
賠償金が出る保険もあって、それが
10万円の商品でも数百円で済むという話でした。

そのあとも大丈夫ということを具体的に説明し、
自宅まで集荷に来てくださるという郵便局の方の
親切なこと・・結果として、郵便局を信じて、
パソコンをEMSで郵送することにしました。

パソコンのダンボールに、タオルを一杯詰め込んで、
重さを量ると18キロ。600円の保険料込みで17000円。

あて先は北京の自宅ではなく、入社する会社の住所を記入。
以前会社に相談したとき、
「会社の方が安全です」と言われていたのでした。
そこで用心して言うとおりにし、
宛名も会社の中国人スタッフの名前を書いて発送。

さあ、無事に飛んで行け!と祈りながら、
走り行く郵便局の車を見送りました・・

ちなみに、さらに用心を重ね、
ハードディスクは抜き出して手荷物のバックに持参。
液晶モニターは、タワーよりも税関が厳しいこと、
現地で買っても大差ないことから日本でお留守番。

でした。

中国へ行く準備はすべて揃った!
あとは、荷物をまとめて向こうへ行くまで。

と、いうわけで、受け取りの話については
後日お伝えします。

|

« 中国へ行く前の準備② | Main | 記念すべき渡航の話なのに・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

あれ?!こまさんの顔変わったっけ?ひまわりのときと似てないよ、やはり香山の紅葉に染められ、元気な顔してますね(笑)!一人で香山へ紅葉狩りですか?現地でお友達できましたか?楽しいチャイニーズライフを送ってください!
デスク型のパソコンを持っていくのはあまり聞いたことがないよ(笑)やりすぎ!ノート型ならわかりますけど

Posted by: 透明人間 | October 26, 2005 at 12:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/6584578

Listed below are links to weblogs that reference 中国へ行く前の準備③:

« 中国へ行く前の準備② | Main | 記念すべき渡航の話なのに・・ »