« 私を路頭に迷わせるもの・・ | Main | 日本食よりも恋しかった・・ »

【記者節】ジャーナリストの日

1101_001

日中のメンバーが集まってビデオ作品を作る市民メディア・「東京視点」のメンバーが、
11月8日に「今日はジャーナリストの日です」と教えてくれました。

翌日、家のポストに入っていた新聞にも写真付きで記事が掲載されていました。
こちらの内容は、折りしも11月8日に殉職した新華社の記者を称える記事です。

人民日報でも、昨日トップ記事で掲載されていたそうです。
表題は「記者節。人民日報の優秀な記者17名の談話を拝聴する」

中国の「記者節」については、概要をかいつまむと以下の通り。

1.11月8日は中国の記者節。この日は、中国記者協会の前身
  「中国青年新聞記者協会」が成立した日。

2.今日、第6回目の中国記者節を迎える。

3.この日には、社会に貢献し偉業をなした優秀なジャーナリストに対し表彰を行い、
  そのほか事実に忠実であり時代の歩みを記録する全国75万の報道同業者に
  「お疲れ様です。皆様の祝日をお祝い申し上げます」を告げる

・・・

国家の宣伝機関だとか、情報操作を行うとか言われている
中国の報道に関して、このような記念日があったことは目から鱗。

翻って、最近の日本はどうだろう。

放火する記者を大々的に報道するなら、伝えることで人を救ったり、
社会のひずみに一石投じた実績のある記者を伝えないだろうか・・

イラクで捕らえられたジャーナリストに、生きて帰ってきたら非難を浴びせ、
死んだら初めて「あの人は偉かった」というのなら、生きている間にも
称える場所があってもいいのではないか。

どこでも、人を非難するニュースの方につい目を向けてしまう視聴者にも
責任はあるけど、ジャーナリストならそのままニーズに応えるよりも、
「ちょっと待って、こういうジャーナリストだっているんだよ」と言ってもいいのではないかな・・

「記者節」のニュースを見て、ふと思ってしまったのでした。

|

« 私を路頭に迷わせるもの・・ | Main | 日本食よりも恋しかった・・ »

中国関連ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/7006537

Listed below are links to weblogs that reference 【記者節】ジャーナリストの日:

« 私を路頭に迷わせるもの・・ | Main | 日本食よりも恋しかった・・ »