« クリスマスと日本の価値観-日朝政府間協議を見てふと・・ | Main | 【動画】Vol.27 架け橋のボルト »

北京にて、初・垢すりに挑戦

今日は初めて「洗浴」という所へ行ってきました。
日本で言うことの「銭湯」です。

とはいえ、北京の「洗浴」はお風呂だけでなく、
「搓澡(cuo zao)」と呼ばれる「垢すり」や、
「按摩(an mo)」と呼ばれる「マッサージ」、
そのほか食堂なども付いている所も一般的にあるようです。

実は、我が家には「バスタブ」がありません。
アパート内のジムにもシャワーしかなかった。
これ、私にとって極めてダメージの大きい話です。

北京の家の多くはバスタブがないそうですが、
湯船に浸かって一日の疲れをほぐすことは、
日本人が基本的に求めるリラックス療法です。

また、湯船に浸かると垢が出てくるのは、
シャワーだけでは落ちない体の汚れを
お湯が落としてくれている証拠。これで体もすっきり。

ああ・・そういうことを考えるだけで、
お湯を張ったバスタブに浸かりたい、という欲求が・・

と、いうわけで、

2ヶ月湯船に浸かっていない分、ひょっとすると
私の体は垢で一杯なのではないか・・垢を落とせば
体重が1キロは落ちるのではないか。

日本に帰る前に、湯船と垢すりでさっぱりしたい。

今年の汚れ、今年のうちに♪

なんてことをいろいろ考えながら、行ってみました。

自宅から歩いて5分のところにある「洗浴」は、
浴場が27元・垢すりが23元、計50元。

垢すりは、担当のお姉ちゃんにやってもらったのですが、
なんと「下着姿(パンツ&ブラジャー)」で登場・・
これにはびっくり。とはいえ同性だし、力一杯垢を
落としている時は「戦闘モード」に入っているので、
色気などは感じるよしもありませんでした。

思ったより垢が落ちたという気はしなかったけど、
肌がすべすべになったので、きっと効果はあったでしょう。

そして、待望のバスタブ!
すべすべになった肌を、さっそく湯船に・・・と、
浴場を探しまくったら・・見当たらない。
サウナとミストサウナがあるだけ。

垢すりのお姉ちゃんに、ジェスチャーで尋ねると、
お姉ちゃんは表情を変えずに「没有」

・・・

湯船に浸かる夢、またも儚く散りゆく。
誰か、バスタブのある場所、教えてくださ~い!

|

« クリスマスと日本の価値観-日朝政府間協議を見てふと・・ | Main | 【動画】Vol.27 架け橋のボルト »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/7830306

Listed below are links to weblogs that reference 北京にて、初・垢すりに挑戦:

« クリスマスと日本の価値観-日朝政府間協議を見てふと・・ | Main | 【動画】Vol.27 架け橋のボルト »