« "聖誕節シーズン"の概念 | Main | 北京にて、初・垢すりに挑戦 »

クリスマスと日本の価値観-日朝政府間協議を見てふと・・

24日夜。
撮影の用事が入るかな~と思って時間を空けておいたら、
「今日はない」とのこと。ないのか。。。わかった。。。

本当の「シングルベル」になってしまった。
身内と一緒に過ごせる・過ごせないというわけではなく、
友人でも先輩・後輩でも、誰でも一緒に過ごせる
「人」がいるかいないか、も含めての「シングルベル」

昼間はちょっと大使館の閲覧室を訪問。
受付にいた先輩に、「これが終わったら、今日は
何も用事がないんですよ」と言ったところ彼女は、
「私今日は北朝鮮があるから、夜まで仕事・・」と。

仕事で過ごす人に比べれば、暇をもてあます身は肩身が狭い
・・というわけで一人閲覧室を見学させて頂くことに。

日本の新聞・最新号の雑誌がリアルタイムで届き並んでいるので、
喜んで、雑誌で一日を振り返る特集を読み、1年を総括。
最近の新聞で日本ではどんなことが話題になっているのかを入手。

2時間半くらい、居ついたあとで退散。

件の先輩が言った「北朝鮮」とは、「日朝政府間協議」のことで、
今日・明日の2日間北京で行われる事になっている。
【ニュース】きょうから2日間の日程で日朝政府間協議始まる

日本大使館の近くに北朝鮮大使館があるので、
散歩のつもりで報道陣の張り込み風景をこっそり見学。

すると、目に入ったのは報道陣よりも、
抗議なのか、なにやらわめいている人たちの姿だった・・
うち、一人は裸!氷点下の中、寒くないのかな・・と
思いつつ、その姿に切ないものを感じて、またも退散。

仕事だったら、わめいている人たちを尻目にしても
その場所に居続けた(居続けなければならない)だろうけど・・・

それにしても、24・25の両日で開催するというこのスケジュールは、
やはり「シングルベル」の人のいやがらせ設定か?いや、関係ない。
大使館の閲覧室の風景を見ても、人は通常と同じ日を送っている・・
24日にこだわるのは、やはり日本人くらいなのか?

もう少し世界を飛び回れば、日本人として日本でしか味わって
こなかった「クリスマス」というものの価値観も変わるだろう。
クリスマスにこだわって、一緒に過ごす相手がいないことを
さびしく思う気持ちも、変に苛立つこともなくなるのではないか。

クリスマスの概念に限らず、私は今まで日本にしか
住んだことがなかっただけに、価値観が一つしかなく、
それがすべてであるように過ごしてきたかもしれない。
中国にきたことで、少しでも「日本と違う価値観」を
覚えていければいいかも、と改めて実感した瞬間であった。

などと考えてその後、王府井に買い物に行ったら、、、
ここはクリスマスであった・・やっぱり、
中国でも、クリスマスモードになる場所はあるのですね。

「シングルベル」感増強。

|

« "聖誕節シーズン"の概念 | Main | 北京にて、初・垢すりに挑戦 »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/7814598

Listed below are links to weblogs that reference クリスマスと日本の価値観-日朝政府間協議を見てふと・・:

« "聖誕節シーズン"の概念 | Main | 北京にて、初・垢すりに挑戦 »