« 中国東北零下30度紀行(大連編) | Main | 中国東北零下30度紀行(長春編) »

中国東北零下30度紀行(瀋陽編)

Tohoku_102_2

1月31日朝8時。天気まあまあ。

今日は、北緯39度の大連から
北緯42度、零下30度へ向かって出発(まだ北海道より南) 。

軟座(ruan zuo)でゆったりと4時間弱の旅。
ひとまず、瀋陽についてのお勉強。
某図書館で借りてきた『満州事変』を読む・・。

Shenyang1

と、思ったら凍った川を自転車で渡る人、発見!
思わず読書の手を止めて、しばらく凍った川を見つめてしまう・・

Shenyang2

凍った川の上、歩いてみたいな・・・

Shenyang3

そうこうしているうちに、正午前後、瀋陽に到着。

爆竹という名の銃声轟く瀋陽の街を歩いて、
まず最初に向かったのは・・・

Shenyang4

日本国瀋陽総領事館、でした。

2002年5月8日に発生した
「北朝鮮難民の瀋陽総領事館駆け込み事件」をテーマに、
修士論文を書いたという私にとって因縁の場。

瀋陽に来たからには、見ないわけには行きません。

複雑な小道を何度か迷ってたどり着くと、
この正門がある一角の道路は車両通行禁止。
隣り合わせの日本・アメリカ両国総領事館前には、
それぞれ4人の武装警察が見張りをしていました。

正面から写真を撮るのも怖い・・

そそくさと通り過ぎ、タクシーを拾って退散。

Shenyang6

瀋陽一賑やか(であろう)繁華街の一角にある
「ローズホテル」は新しい雰囲気で綺麗な割に、
一部屋295元。今回予約したホテルの中では一番安かった。
しかし、難点が一つ・・・バスタブが、没有。不満意。

Shenyang5

向かいの老辺餃子店へ。老舗で有名な餃子屋として
旅に出る前に勧められていた場所だったけど、
結局昼・夜をここで済ませる。他に適当な店が見つからなかったのです。

Shenyang7_2

満腹になった腹をかかえて、近所の故宮へ。
餃子店のそばにあるので、散歩がてら行けます。

北京の故宮より面積は狭いけど、
城下町の中心みたいな所にあって辺り一角が故宮の敷地みたい。
瀋陽故宮で、一番最初に皇帝となったヌルハチ(努尓哈赤)
政治を行っていた場所などが、綺麗に保存されていました。

Shenyang8_2

次に向かったのは、張氏師府
戦時中に張学良一家の自宅と仕事場である。
一家の家だった割には広すぎた。

ここまでは、町の中心部から歩いて行ける場所だったのだけど、
もうひとつ行きたかった場所、そこは・・・遠かった。

某ガイドブックによる「5時半閉館」に間に合うように、
タクシーを拾って駆けつけたのは、瀋陽北部の918事変博物館
タクシー初乗り7元で、12元もかかるほどの距離でした。
(バスでも行けたのだけど、時間が読めなかったのです…)。

Shenyang9

満州事変(中国では「918事変」という)の事件が起きた現場に、
「918を忘れるな」とのスローガンを掲げて作り上げた博物館である。日本人として瀋陽に来たからには、故宮よりも大事な場所と私は思っているのですが・・・・

閉館してました。まだ、時間は4時すぎ。
ガイドブックには「年中無休・5時半閉館」と書いてあるのに・・

大きな夕日が悲しく918の像を照らしていました。

Shenyang10

注意:写真は「忘れるな918」という意味です。
「物忘れ918」などと読んではいけません。

私は、入れなかったことを、忘れません。

Shenyang11

最後に、夕日に映える凍った湖と瀋陽電視台のテレビ塔

これにて瀋陽の旅、終了!

(吉林省へ、続く)

|

« 中国東北零下30度紀行(大連編) | Main | 中国東北零下30度紀行(長春編) »

中国国内旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/58841396

Listed below are links to weblogs that reference 中国東北零下30度紀行(瀋陽編):

« 中国東北零下30度紀行(大連編) | Main | 中国東北零下30度紀行(長春編) »