« 中国東北零下30度紀行(吉林編) | Main | 中国東北零下30度紀行(ハルビン氷祭り編) »

中国東北零下30度紀行(中国の長距離バス編)

いよいよ旅路は東北の旅・最終目的のハルビンへ・・・
2月3日午前11時25分。吉林出発。

Tohoku_286

乗っていると、前の方から臭い煙の香りが。。。
写真左下のおっちゃん!運転席の上に「請勿抽煙(喫煙禁止)」って
文字が書いてあるのが見えないのか!!?

と、思っていたら、運転手さんも煙草を吸っていた!
もはや説得力なし…仕方ない。ここは中国、しかも田舎。

しかもしかも、吉林→ハルビンの長距離バスは走行時間5時間。
みんな、時間をもてあましているのだろう。と我慢することに。

5時間くらいなら、日本でも深夜バスで相当鍛えてきたつもりですが、
(鍛えてどうする?)
中国の長距離バスは、それをかなり上回る鍛錬が必要です。

しかもここは真冬のハルビン行き、さらに信じられないことに・・。

なんと氷点下のバス内で、「空調なし」 なんです

足元から体が凍ってくる感覚を、本気で感じました。
バス内は満席で、座席から一歩も動くことができません。

しかし!ブルブル凍えていると、隣に座った同行人。
凍った窓ガラスに手のひらを 「じゅーーーーっ!!」
と、つけだすじゃありませんか!?

こらこら!この寒い中氷に手を付けるなんて、自殺行為だよ。

でも、おかげで外の景色が見えました。
「世界の車窓から」今日はハルビン編です。

Haerbin1 Haerbin11

Tohoku_284

そうこうして美しくも変わらない白銀の地平線を眺めながら、
いよいよ車はハルビンへ・・と、思った途端、
今度はバスが故障!ガタガタ・・といって停まってしまう。

あの・・、
5時間走るのなら、その前に点検くらいしてくださいよ・・

なんとか再度走りだしたけど、その後の走行はトロトロ~
としたもので、ハルビン市内近郊に入った時には、市内の
乗用車やワンマンバスに抜かれまくりでした。

きっとこのバスは、老体をひきずって労働させられている
かわいそうなロバのような存在なんだろうな・・

、「ドナドナ」を唄いながら心で「頑張れ」と応援し
ハルビン駅前のターミナルに着いた時は、
頑張ったロバ、じゃなくてバスに拍手してあげました。

本当に、中国のバスは頑張ってるよ。

こうして午後5時。やっとこバスは、目的地・ハルビンへ到着!

ついに、ついにやってきました!
ロシア調のハルビン駅舎が異国情緒を漂わせます。

Tohoku_288

しかし寒い!
気温もそろそろ零下30度に達したかな?

(もうちょっと続く!)

|

« 中国東北零下30度紀行(吉林編) | Main | 中国東北零下30度紀行(ハルビン氷祭り編) »

中国国内旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/58844400

Listed below are links to weblogs that reference 中国東北零下30度紀行(中国の長距離バス編):

« 中国東北零下30度紀行(吉林編) | Main | 中国東北零下30度紀行(ハルビン氷祭り編) »