« 上海出差火車旅 | Main | 上海すったもんだ② »

上海すったもんだ①

※以下に書く社名・人名のイニシャルはすべて中国語です。

5月11日(木曜日)

朝7時。火車が上海駅に到着。1社目の訪問まで2時間時間がある。予約したホテルでまず荷物を下ろそうと、車内で出会った人に付き添ってもらい地下鉄に乗り上海体育館駅へ。その方はもっと先の駅で降りるというので、ここでお別れ。

駅前を奥まで歩くが、ホテル見つからず。電話で聞いてもホテルの人が早口で聞き取れず。そうこうしているうちに9時に迫ってきたので、結局チェックインせずに駅へ引き返す。

・・・と、駅に背を向ける方向に看板が立っていた!しかも駅のそば!やられた・・

9時。トップバッター・K社を訪問。総経理のLさんは私との面談を終えたら成都へ向かうというハードスケジュールの中、笑顔で応対してくれた。「火車はどうですか?」から、話を弾ませてくれる楽しい方でした。

1月にK社従来の主力事業撤退を発表後、消費者向けのBtoCからBtoBに方向転換している最中とのことで、この変革が今後の決め手となりそう。

その一環としての、医療関係の商品も注目したいところ。

11時。G電視台の上海支局を訪問。1時から山東省の食品会社へ取材に行くとのこと(出張にあたるなあ・・)で、その前2時間で支局長・カメラマンの方と念願の「ココイチ」へ。しかも場所はそごうの地下。

P1070117 P1070116

北京へ来てから半年。ココイチのカレーが恋しかった・・でも、ちょっとルーが塩辛かったかな?

上海での日系企業取材について伺ったつもりが、印象に残ったのは

「今、『上海の夜』という日中合作映画を上海で撮ってるよ。主役はモックンだよ」

モックン(元・シブガキ隊の本木雅弘)が同じ街にいる!!上海にいる間に探す!

無理でしたが・・

14時。中国の複合機市場を独占する日本企業数社のうちの1社・L社を訪問。

取材のテーマは「環境経営」

果たして環境経営とは何ぞや?から、実はこの会社をきっかけに上海出張が決まったのである。つまり、この会社との出会いがなければ上海へ来ることはなかったのかも・・・

私の気合に応じてくださったのか、先方も、環境経営課の課長だけでなくX総経理も応対してくださり、課の誕生秘話を伺うことができた。注目度アップや数字の評価を狙うために行っているのではなく、

「このままじゃ地球はなくなる」との熱い弁。これは本気だ。

その思い、記事にさせていただきます。

取材後、次の訪問先までの時間が迫ってくると、会社の車まで出していただいた。タクシーを待つ無駄な時間の消費、上海市で数限りあるタクシー利用という無駄な消費もここで軽減。

16時。L社の車で飲料のS社を訪問。主力商品が上海地区において5割以上のシェアを持つという。日系企業がそこまで中国で台頭できたその秘訣はなんぞや?という話を伺う。

さらに、訪問のきっかけとなった「上海市内の大学生への奨学金」の詳細を伺う。社会貢献事業について、旬な話題と見て掲載させていただきます。

18時。前職でもある、日本ネットリサーチ業界では先駆的存在のY社(親会社のY・・・・社ではなく、純粋にY社になりますよぉ)の上海法人を訪問。

総経理は私と同い年の女性、副総経理は一つ年下の男性。北京・上海含め私が出会った日系企業中国法人では、こういった幹部役員の組み合わせは初めて。

「2人のツーショットを撮らせてください」と言ったら「世間にふざけてると思われるから他の人にして!」・・その意味は、知る人ぞ知ると言ったところで。

日本ではネットリサーチ事業を主力としているけど、中国では完全にそうもいかない。マーケティングのコンサルとして、ネットを使いながら日系企業の中国市場マーケティングを総合的にサポートしているとか。

日本の主力事業や同じスタイルを中国にも引っ張らず、中国は中国独自で事業を成り立たせるという英断に改めて勉強させてもらう。

20時。上海在住のライターであり、東京視点のメンバーでもあるJさんと面会

夫婦2人、オーストラリア・東南アジア・雲南省昆明と転々しながら各地で暮らす。彼のエッセイが上海のフリーペーパーや日本の雑誌で掲載されているが、読むと一人の人間の視点に立った素朴な書き方で、共感を持つ人が多いのではないかな・・という印象。

中国の時事ネタをかいつまみいただきながら、ライターとして食べていくための大変さ、努力、それを「放浪人だから」と角ばらずに話してくださる気さくさを垣間見た。

Jさんの家が上海体育館のそばとのことで、宿泊するホテルを一緒に探してくれた

上海の1日目。すったもんだだったけど、ほとんど地下鉄で事足りたことも含め、北京より移動に時間がかからないことにはありがたく思う。ハードスケジュールにもかかわらず、ほぼすべて時間通りに動くことができた。

泊まった吉宝酒店公寓は1泊180元(約2700円)。部屋は綺麗だった。

P1070252

ネットも使えて便利だったけど、①テレビが付かない、②バスタブない上、シャワーのお湯は15分で水になる。③ネットはできたけど、メールはやたら遅いのでやりとりできずチェックのみで終了。

というのは痛かった・・・

|

« 上海出差火車旅 | Main | 上海すったもんだ② »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 上海出差火車旅 | Main | 上海すったもんだ② »