« 携帯キャリア変更 | Main | 10年ぶりにTDL »

日本のドラマは面白い

P1070339

ゴールデンウィークに日本から来た方にいただいた雑誌の特集で、日本のドラマが取り上げられていた。1989年にいわゆる「月9(月曜夜9時に放送するフジテレビのドラマ)」が始まってからこれまでの視聴率の変遷を辿った一覧が掲載されていて面白い。

私は日本にいるときから、ドラマが好きだった。1クールに3本は毎回見ていた。しかし、中国のドラマはイマイチつまらない。消費者に受けることよりも、国家政策を優先しているみたいで、消費者の心を突いてこない。

そこで、日本へ帰ってから、噂で「面白い」と聞いていた月9「トップキャスター」と、関西テレビが今回唯一制作している「ブスの瞳に恋してる(火曜夜10時)」、そして、26日・27日と2日連続で放送された「夜のヒットパレード」を堪能した。

やはり面白い。

中国のメリハリがないトレンディ?ドラマ&未だに流れる「日本帝国軍が~」なる反日ドラマより、日本のドラマをぜひ放送してもらいたいとついつい考えてしまう(3月ごろ、白い巨塔は放送されましたが・・)

と、雑誌の話に話題を戻すと、このコーナーの解説者は、「月9ドラマの頂点は鈴木保奈美に始まり、松嶋菜々子で終わった」とある。純粋に、「男性が捕らえるとこうなるんだな・・」という感想と若干の違和感

私だったら、掲示されていた一覧を見る限りでも、「田原俊彦に始まり、木村拓哉で絶頂期、現在は主役級男優の定義が不安定で停滞しているものの要所要所を突いている」みたいな書き方になりそうなんだけどな・・

「教師びんびん物語」は今でも忘れられない名作だし・・・

と、「夜のヒットパレード」を見てふと思った。かつてトレンディドラマの脇を締めていた柳葉敏郎さんが、最近は主役として往年の男性をうまく演じることが多いような気がする。

すると、最近のドラマは、主役の年齢が高い方が人気?

今は、ドラマを見る対象者の年齢が高めになっている?

それなら、やっぱり「月9」の概念もそろそろ若者向けのトレンディでなく、年齢高めを対象にした方が受けるようになるのでは???

心ならずも、今回の「月9」である「トップキャスター」主役の天海祐希さんは38歳らしい。

やはり私の予感は当たっている??

|

« 携帯キャリア変更 | Main | 10年ぶりにTDL »

世界関連ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 携帯キャリア変更 | Main | 10年ぶりにTDL »