« 100円=?元 | Main | かわいいかわいい果物屋さん »

髪を切りました

北京へ来て7ヶ月半。

一度も髪を切っていなかったので、最近の真夏日にはちと辛いものが・・

それになんだか、見た目も重量も「重かった」し。

と、いうわけで北京で知り合ったスタイリストさんを頼って、日本式美容室・NESTAへ行ってきました。

ちょうど我が家の近くに北京2号店をオープンしたばかりで、7月まで割引キャンペーン中

これに乗っからない手はありません。

日本式の美容室は、やはり値段も高めで、カットで200元(原価300元のところ割引です)

地元の美容室ならば、カットだけでは20元程度で済むところもあるので奮発した気分。

ただ、カットしてもらいながらスタイリストさんに話を聞くと、

「『直し(一度切ってきたけど失敗したので直してもらいに来ること)』で来るお客さんも多いんですよ」

とのこと。挑戦までに、と地元の美容室へ行き、やはり失敗してくる人がいらっしゃるとか・・

そういえば、私も以前、中国語が堪能な知り合いから「失敗した」という話を聞いていた。

中国語がろくにできない私だったら、どんな頭にされるかわからないぞ(((( ;゜Д゜)))

しかも向こうは、希望通りじゃない髪型を作ったあとで「この方がいいんだ」と主張してくるそうな・・オソロシヤ中国的スタイリスト。

それ以外にも、根本的に日本人と中国人は髪質が違うので、たとえばパーマ液などの薬品系も違うのだとか。中国人は直毛で細く硬い髪質の人が多く、強いパーマ液を使う。中国の美容室でパーマをかけてもらうと、傷みやすいばかりかチリチリのパーマになってしまうそうな?

物理的・意識的にも、日本には日本風がフィットする・・

と、思えば、やはりイメージがすんなり伝わってくれる日本人スタイリストさんを頼って正解だったかも。

後ろにボリュームがある髪を少し軽くしてもらって、悩みだった前髪の形もほぼ解決し、仕上がりは満足。

しかも、切った後で12種類もあるシャンプーから好きなものを選んで洗髪してくれるというユニークさ。

日本のファッション雑誌や日本のオルゴールBGMなど、日本と同じ快適な空間の中で切ってもらったので、ちょっと懐かしい気分に浸りながら、カットを楽しむことができました。

宣伝というわけではなく・・

「髪を切る」という福利厚生的な部分においては、心身をリラックスさせるためにも、安心安全のためにも、お金はかかっても場所を選んだ方がいいなと思った次第でした。

|

« 100円=?元 | Main | かわいいかわいい果物屋さん »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

ワタクシもNesta派です。
それも、二号店の割引知ってるのに、あえて、石田兄に切ってもらうべく、一号店に足しげく通っております。
現在のところ、一番のお気に入りです。w

Posted by: ダーシー | September 02, 2006 at 11:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 100円=?元 | Main | かわいいかわいい果物屋さん »