« 高崎の、15年前と同じ風景 | Main | 100円=?元 »

「連休」でなく「連節」

5月31日は旧暦で5月5日、つまり「端午の節句」

そして、本日6月1日は、

「自動説」

ではなくて「児童節」

これは日本で言うことの「こどもの日」?

連節だけど、連節でないような・・・

端午の節句では、みんなで粽(ちまき)を食べるそうで、
日本へ帰ってきてから、沿道で粽を売っている屋台が
あちこちで見かけられました。

でも、どうも家族で大量に買い込むような雰囲気・・・

セブンイレブンでも3個7.8元で売られていましたが、
3個も食べないし・・

と、思っていた31日朝、
会社の同僚(家族と同居)がお母さん手作りの粽を
みんなに配ってくれました。小さな粽だったけど、
笹の葉でくるんで紐でしっかり縛ってあってかわいい♪

そして、おいしかった~(o _ n)
棗が入っているところが、なお良かったです。
それにしても、中国の家庭はすごいですね。
粽を手作りなんて・・我が実家はできるかな?

ところで児童節では何が売られるの?

と、会社のスタッフに尋ねたところ・・・

「あめ」

とのこと。それって・・・単なる子供のお菓子では??

などと言っていたら、そのスタッフがコンビニで本当に飴を買ってきて、みんなに配ってくれました。よく観ると不二家の「ペコちゃん飴」。

中国でもペコちゃんが売られているのか・・

さて、今日から6月。

6月といえば・・・

「雨」

でもあります。うーん、辛いなあ・・・

|

« 高崎の、15年前と同じ風景 | Main | 100円=?元 »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 高崎の、15年前と同じ風景 | Main | 100円=?元 »