« June 2006 | Main | August 2006 »

出発します

今夜から旅に出ます。

探さないでください・・・

でも、 旅先で出会う予定の人は、何かあったら探してください・・

ちなみに明日から向かう旅先の天気予報を百度地図サイト(http://map.baidu.com) で検索して調べたところ・・・

・今天白天,晴,最高気温37℃

・今天夜間,多雲,最低気温28℃

・・・

ほう・・上等上等。

やっぱり夏はこのくらい暑くないとスカッとしない。

北京はこの所、じめじめした雨が続いて寒いくらい。

だから、一度もクーラーをつけていない半端な夏だ。

ある意味環境には優しいのかも・・・

・・・

では旅の前に一曲。

あー、明日の今頃はー、僕は汽車の中~♪

・・って、「心の旅」はもう歌い飽きた。

| | Comments (0)

ワタクシ、テレビに出ます

寸前に連絡した方がいいかなと思っていたら、
本当に寸前になってしまいました。すみません。

日経CNBCのある方とMXが見られる方は今日30日(日)、
全世界にご在住の方は31日からインターネット放送にて、
ワタクシ、テレビ出演の予定です。

番組名は、ジェトロ提供「世界は今」シリーズ(暫定)の
30分番組で、私の出番は3分ほどだそうです(短い)
ここで、現在の私の仕事「中国日企」についてお話します。

つきましては番組放映予定時間をお知らせします。

日経CNBC 30日(日)9:00-9:30
東京MXTV 30日(日)8:30-9:00、21:30-22:00
インターネット
7月31日(月)17:00以降~8月28日(月)午前

http://www.jetro.go.jp/tv/(JETRO)
http://bb.goo.ne.jp/news/index.html(GOO)

撮影はすごく長かったので、
どのように編集されているか、とても気になります。

運良く?見られた方は、感想お願いします。

| | Comments (2)

素朴な疑問・・・

P1020180

街で見かけるこういうスタンド。

雑誌や新聞を売る「中国郵政局」管轄?のスタンドなのですが、

なぜか簡単に移転します

組み立て式のプレハブなのでしょうか・・

ある日突然新設されたはずなのに、

建物はボロボロ、ということもよくあります。

そして、突然なくなっている、ということもよくあります。

こういう「突然引越し」

中国では当たり前なのでしょうか。

| | Comments (0)

引越しします

本日、取材を終えて職場に帰ってきたら・・・

P1090437

蛻の殻(もぬけのから)。

・・・・・絶句。

前々から職場を引っ越す話は聞いていたけど、

今日、とは聞いていなかった。

ちなみに引越し先は、同じビルの同じフロアの別の部屋。

なので皆で手運び引越し。

だからって、私の取材中に、勝手にパソコンを持って行かないでくれ!!!!

来週、上海・蘇州への出張を前に、まだスケジュールを確認できないでいる企業さんがたくさんあって、取材から帰ったら即効で確認したかったのに、これでは仕事もできない。

しかも新しい部屋にはまだ電気もネットも通っていないとか・・

滅茶苦茶すぎません?

改めて聞くと、皆も今日引っ越すことは知らなかったというそうだけど、何故そうなったのか真相を確かめようとする気はないのかなあ(--;

みんな、素直に従ってせっせと荷物を運んで・・・

しかも楽しそうで、本当に優しいな。

というわけで、顧客の皆様、ステークホルダーの皆様に業務連絡です。

明日から、名刺の住所を 617号室→612号室 に変えてください。

宜しくお願いいたします。

| | Comments (0)

中国大衆食堂に「快適」はないのか

我が家の近所にあった小吃が突然つぶれ、

代わりにあるお粥チェーン店ができあがった。

P1090361

24時間営業のお粥専門店で、北京中にネットワークを広げているのだとか。

どことなく綺麗だし、お粥もおいしそう・・とは思っていたものの、なかなか食べに行く時間はなかった私。

オープンから1ヵ月後、やっと入店することに・・・

しかしこの店、店内は新しくて綺麗だけど、店員の態度にがっかり!

いらっしゃいませ~!と迎える人もおしゃべりに夢中だし、中のウェイトレスもなってない!

P1090362

メニューを指差しながら「熱マ(re ma)?」と聞いているのに、「ああ?」と返答。

冷たいお粥、温かいお粥があるっていうのに、メニュー見てもどっちがどっちだかわからないから聞いているのに・・・少しは想像しなさい!

で、料理の運び方もまったく客を見ていない置き方。

この店は、しばらく使わないことにした。

そして、潰れた小吃は、その場所から50メートルほど離れたところに移転(移動?)していたので、今日はこの店へ。

実は、この店で売っている「酸辣粉」という酸っぱ辛い麺に前々からはまっていたのです。

お客が誰もいなかったので、静かに食べられると期待して入店。

さっそく「酸辣粉」を注文して明日の仕事の資料に目を通していると・・・

突然、大量のお客がやってきた!

それも狭い店内に30人も40人もドヤドヤ入ってくる!

しかも、どことなく臭い!風呂に入っていないような汚いオヤジ・オバンが臭い息を吐きながらやかましくしゃべりだし、人に向かって咳をしてくる。

料理を食べたら退散しようと思ったけど、料理を待つほどの我慢もできない空間に、

「我不要!」

と言って店を退散。

中国の大衆食堂を使う日本人こそ少ないのかもしれないけど、安くても快適に使える食堂はないのだろうか・・・

| | Comments (3)

もう一つ、花のお話

昨年はじめて中国大陸へ来たときから気になっていたのが、この花。

P1090354 P1090355

北京の街中、道端によく咲いているのですが、誰か、この花の名前を知っている人、いますか?

気になってこの1年間夜も眠れませんでした・・・

すみません、嘘ついてました。

| | Comments (4)

北京の黄色いもの

P1090318

わが社の入り口前の駐車場に、ひまわりが咲きました。

近くで見ると・・・

P1090324

うん、それなりに綺麗。

でも、茎がやったら細長くて花が小さいんです、このひまわり。

P1090325

去年行った、日本のひまわり祭りを思い出します・・あのひまわりは花が大きくてやっぱりいいな。

そして、ひまわりがせっかく咲いているのに、北京の夜は決まって、雷雨。

最近頻繁に夜はこの嵐です、カメラが壊れることを気にして撮影していません。

参りますね・・

誰か、稲妻撮った人いますか?

| | Comments (0)

后海で茶館に挑戦!

冬は氷が張る后海(Houhai)

P1090352

氷を割って寒中水泳をしていた頃が嘘のように、今は・・・

普通の水と化した湖をすいすい気持ちよさそうに泳ぐ人がいます。

まあ、そういう人は横に流して、

おしゃれなバーやレストランが立ち並ぶほとりを歩くと、

その茶館はありました。

その名も「茶家傳(cha jia fu)」です。

P1090349

「地球の歩き方」などガイドブックにも載っているので知っている方も多いかと思います。

もともと、雑誌編集者だった老板が、趣味の家具やインテリアを集めて開いたのが始まりだとか。老板は高齢にも関わらず、毎日夜遅くまでみなさんにお茶を提供してくれます。

P1090340

メニューは、扇子に書かれています。うーん、センスがいいですね。

でも、値段は1人50元以上はするのでちょっと高め。茶館は、観光客やお金持ちの中国人など限られた人のためのもののようです。(これから変わるかもしれないけど)

お茶の種類は本当に多い!この中から1品だけ選んだ方が良いでしょう。2人で行くから2品、とする必要はないようです。

P1090345

お茶は店員さんが随時入れてくれます。わんこそばのように、飲んだらほい、飲んだらほい、という感じ(たとえが悪いか・・)。自分達で入れても可。

P1090346

お茶請けはすごいたくさん!これが無料でついてくるのだから、嬉しい。お昼ごはんを抜いてもよいでしょう(本当に?)。

この茶館を紹介してくださったD新聞のZ記者は、休日に本などを読みながらくつろぐとき、ここを利用するのだそうです。

・・・それは駐在員の特権ですね。私ならせいぜいそこのベンチでした。

でも、こんな贅沢、月に1度くらいやってもいいかもしれない。

静かな空間で、心もリフレッシュしたひとときでした。

| | Comments (0)

なんの予定もなかった週末

・・・だなあ、と思ったので、たまっていた「カレールゥ」を料理することに。

なにせ、カレールゥというものは、一人ではなかなか料理しないのに、部類のカレー好きときたもんだから、帰国するたびにカレールゥを買ってきてしまっては、たまってしまい・・

一番古いものは賞味期限が切れてました(((( ;゜Д゜)))

そこで、今週の土日は珍しく土曜夜の埼玉県人会しか予定がなかったので、

思い切ってカレーを作ることに・・!早く消化しないとだし。

近所の市場へ行き、じゃがいも2個と玉ねぎを買う。3つで3.1元(50円弱)

P1090328

それにしてもでかいじゃがいもにたまねぎだ・・

さぞや具が大きいものができるのだろう、と期待(具は大きいほうが好き)

人参・肉はこれではいらないだろうと判断、さっそく鍋でぐつぐつ茹でて、簡単にできあがり。

P1090329

さっそく食べる。。

P1090331

うん、我ながらうまい\(^O^)/!!

やっぱりカレーはおいしいな、と食べてみるものの・・あることにふと気づいた。

ごはんが、どう炊いても2人前になってしまうのだ。かつ、1杯分を保温で残すと、瞬く間にカピカピでまずくなる。やっぱり中国の釜は有点差(ちょっとだめ)なんだな。

かといって、我が家には電子レンジもないので、保存もできない。

しかたないので、2杯分食べる。

22日の昼ごはんはこれで満腹。

・・・いや、本当に満腹。(県人会は中華だったので、またも満腹)

そして、何もないはずの23日。

・・だったけど、突然取材のお話が舞い込んでくる。

やはり昼前からでかけることに。

ついでに夜も外出、別の場所で「カレー」を食べることに。

・・・

結果、我が家には、1.5人分くらいのカレーが残ってしまったのでした。

月曜日の昼ご飯にしっかりタッパ詰めして持っていきました。

会社そばのセブンイレブンで白米を買い(1.8元)、「会社の電子レンジ」で温めて食べると・・じゃがいもが、ちょっと危なかった。

うん、夏場はじゃがいもカレーではなく、牛肉カレーの方がいいかもな。

| | Comments (0)

実はワタクシ、埼玉県人です

・・と、いうわけで行ってきました。

「第1回、北京埼玉県人会」

第1回ということ、フリーペーパー1誌しか
宣伝していなかったことで、集まった人は全部で9人。

それにしても、今月は
1日~2日の群馬県人会、
14日の北海道人会、

に、続いて3回目の県人会。

いやあ・・

・・・・・

日本に「ふるさとがない」理由もわかるわな。
これが幼少時代「転勤族」で育った佐賀、、いや、性です。
佐賀には住んでおりません、あしからず。

ワタクシ、参加資格はこのほかに
岩手県、長野県、東京都、が残っております。
北京「これらの県人会」の皆様、よろしくお願いします。

ワタクシの埼玉県暦は5歳~8歳までの3年間なので、
ちょっと短めです。が、地元トークはしっかりついて
いけました。やはり幼少の記憶力というものはすごいですね。

※どうでもいいけど、9人全員酒豪系?
「彩の国さいたま」は「酒の国さいたま」に変わるかも・・

P1090337

| | Comments (0)

北京で「ドレスアップ」?

北京在住の通称ヨーコさん[http://blog.sakanoue.com/]が、
NEWSWEEK日本版6月28日号の
「世界が認めた日本人女性100人」にノミネートされたことを記念して、
北京市郊外の家具屋さんでパーティーを開催。

参考までに↓
http://www.newsweekjapan.hankyu-com.co.jp/cover/contents/20060628.html

そして、そのパーティー、

先週、お誘いのメールをいただいた時に、

「ドレスアップしてきてください」

なる一文があったため、私は一言・・・

「ドレスアップって・・・!?」

思えば、北京に来たのは昨年「秋」なので、夏服が少ない。
かといって、北京でドレスアップという言葉にふさわしい
洋服はどうやって見つければいいのか、まだわからない。

ひとまず・・・

日曜日、日本人向けの商品が並んでる(であろう)
「太平洋百貨」へ行って洋服を物色したけれど、

参考までに↓

http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2006/07/post_37a7.html

品揃えのデザインはやっぱり「中国」だった。

さんざん探して、無地で生地の良さそうな
パンツの「S=155㎝」をやっと発見。

試着すると・・まだブカブカ気味?でも、まあ穿けるかな。

と、妥協して購入。

ついでに、おしゃれに見えるハイヒールを、
近所の市場で「値切って」購入。

最後に日本から持ってきた、唯一「おしゃれ」なシャツを
着て、パーティーに参加することで決定。

(ひとまず、その格好で朝から会社に行ったので、スタッフ達には
「漂亮(きれいって表現?)」を連呼されました。)

この日は残業せずに会場へ直行。

すでに多くの人が集まっていた会場に着くと、中にいた半分以上の方が「お知り合い」

P1090310

さっそく皆さんの「ドレスアップ」をよく見ると・・

やはり「スカート」「ワンピース」「チャイナドレス」

でも購入場所については、
「オーダーメイド」「日本で購入」「中国の市場で購入」
など様々なコメントが飛び出しました。

みなさんよく工夫されています。

ただ、高い服を買うだけでなく、華やかに彩れる工夫を
すること、こういうのを「ドレスアップ」
って言うのかなあ、
と勉強させていただいた次第でした。

ヨーコさん、おめでとうございます。

| | Comments (2)

【動画】Vol.36 ニッポンの夏祭り!

http://emmybbc.main.jp

私にとって、初めての北京の夏。

「夏祭り」が開催されると聞いて、日本人がたくさん住む「龍頭(longtou)公寓」へ行ってきました。

するとそこにあったのは、焼きそば焼き鳥たこ焼きと、懐かしの日本の屋台!

でも、よくよく見るとなんか違う・・。焼きそばは鍋の中だし、たこ焼きはホットプレート・・

とはいえ盆踊りは本格派。思わず懐かしの日本に帰ったようでした。

昨年の2倍は集まったといわれ、夏祭りは夜遅くまで続きました。

| | Comments (2)

納得できない話

欽ちゃん球団解散 ・・・
原因は、球団メンバー・極楽トンボ山本圭壱の淫行。

遠方でも見られる、動画がありました
http://www.youtube.com/watch?v=ZKqZiL-e3Xk

欽ちゃんは「大好きな野球だったけど、、、辞めることにしました。みんな、ごめん!」 と、半泣き顔でコメントしていました。

そんなのあり?納得できない!

山本圭壱の行動は、女性として認めたくない。
人を楽しませる「お笑い芸人」が、こんな結末を持ってくるなんて、信じられない。

とはいえ、彼の進退を問う話ではなく、一番気になることは
なにより、 欽ちゃん球団の進退である。欽ちゃん球団・ゴールデンゴールズは、みんなに野球を「違う角度で」楽しめることを教えてくれた。

社会人野球界に新しい風を吹かせてくれた球団なのである。

そんな球団がなくなってしまうのは、本当に嫌だ。
球団で頑張る選手たちの生活は?やりがいは?いったいどうなるの?

今回の一件で失うものの大きさ、ありがたみを改めて感じた・・

欽ちゃんじゃないけど、「なんでこ~なるの!?」、と叫びたい。

| | Comments (0)

中国で洋服が買えません!

日曜日。

ちょっとおしゃれな洋服が全然我が家にないので、思い切って買いに行くことに・・

しかも今はちょうどどの店でも季節の変わり目セール(早い気もするけど、季節物とはそんなものですね)を行なっていたので、大体の商品が4折~8折(掛、の意味にあたります)ひとまず、お買い得シーズンなのです。

普段よく行く「俗」に言う市場では、「悪かろう。でもどうせ日本に帰る時は連れて行かなかろう」というわけで安いものを購入してしまうが・・

おしゃれな洋服を選ぶならば、と多少値段を張ることも覚悟のうえで探してみる。

そんな訳で、行った場所もバスに乗って行く「太平洋百貨」

北京市内では数少ない、日本風のデパートである。内装も雰囲気もかなり日本に近い。

しかし、品揃えを見ると・・・やっぱり中国だった。

自分のセンスが固定されていることもあって、無地でデザイン性のある洋服を探してしまうのだが、ヘンテコリンナ飾りがどこかに必ずついていて、購入意欲をなくす。

ああ・・こうでもしないと「ユニクロ」のように撤退せざるを得なくなるのか。

と、思って頑張って「限りなく無地」の洋服を探すことに。

すると今度はもっと致命的なことが・・・!

サイズが・・・ない。

どうみても、LかXLのサイズばかり並んでいる。そしてやっと「S」を見つけると・・「S=160cm」

ありえな~い!!

Sは普通155㎝以下でしょう!

さんざん探して、無地で生地の良さそうなパンツの「S=155㎝」をやっと発見。

試着すると・・ちょっとゆったり。でも、まあ、穿けるかな。

と、妥協して購入。

・・・

やっぱり、なんとなく、どことなく思うのだけど・・

日本人がおしゃれをしようと思うなら、やっぱり日本で買うがよろし。

| | Comments (0)

ニッポンの夏祭り!?

P1090280

ふと、街を歩いていると北京では見慣れない「浴衣」姿の子供たちが・・・

これは面白そうだ。と、付いていくと(怪しい?)

そこは、北京でも、日本人がたくさん住む「龍頭公寓」の
いわゆるひとつの「夏祭り」

P1090281

北京に、こんなに日本人がいたのかというくらい
日本人と日本語が飛び交う世界に足を踏み入れました。

それでも中国語を使うシーンがありましたが(^^;

屋台を見ると、お好み焼き・タコ焼き・焼きそばと
ヨーヨー釣り・金魚すくい・・・本当に日本の世界!

ふと、焼きそばを堪能して、ニッポンの味を懐かしむ。

P1090282

・・・と、言いたかったのですが、
焼きそばは鉄板ではなく大鍋からよそって提供、
たこ焼きはホットプレートで温めるだけ、
なんて感じで、完全に日本の夏祭りを再現することは
やっぱり難しいものがありました。

とはいえ、会場の真ん中にはやぐらが立ち、日本の太鼓が登場。
しかも、日本の下町・葛飾で太鼓を叩いていた名手が鮮やかなバチさばきで盆踊りを開始。

太鼓に限らず、祭りを企画した人、各屋台を用意した人、みなさん頑張って祭りを盛り上げてくれました。

北京にこれほど日本人がいたのか!と驚くと同時に、
北京には特殊な技能を持った人材も豊富に揃っているのかな・・

なんてことも含めて、ふと感動してしまった夏祭りでした。

| | Comments (0)

北海道人会で気づいた・・

中国の方は、北海道でお土産をたくさん買っていかれました。

「中国客の観光誘致で北海道経済をなんとかしたい!」と願っておられる北京在住の北海道某市役所の方が心配するまでもなく、という印象です。

私もお土産を買ってきました。職場の子達の分も含め、
選んだのは(総合購入金額が高かった順)

富良野ラベンダーの入浴剤・線香・紅茶・ポプリ
→よほど日ごろストレスが溜まっていたらしい。

扎幌HTBショップの「水曜どうでしょう」ステッカーとマウスパッド
→ステッカーで1600円分も消費するなんてどうでしょう・・

扎幌駅ビルで買った本「北海道2030年の未来像」
→よほど経済不況を目の当たりにしたらしい・・
 と、テレビ中国語講座テキスト
 「北京北海道人会」のメンバーが毎月出演しています。

そして、こんなものまでまとめ買いしてきました。

P1090104

これはすべてキャラメルです。

ちなみに写真にあるキャラメルの内容は
・網走刑務所キャラメル(コーヒー味)と(ミルク味)
・熊出没注意キャラメル(とうきび味)
・ジンギスカンキャラメル(ジンギスカン味)
・札幌ビールキャラメル(ビール味)
・赤ワインキャラメル(ワイン味)
・じゃがいもキャラメル(じゃがいも味)


誰が買うんだよ、こんなもの・・って、ここにいるか(^^;
味にしても、コーヒーやじゃがいもならわかるけど、
一番怪しいのは「ジンギスカン味」。
これはもはや冗談でしか買う人はいないだろう。
ここにいる人のように(^^;

・・・

して14日夜、偶然この日は「北京北海道人会」が開催されたので、みなさまへのお土産にとこのキャラメルを持参して会場へ。
30人近く集まった会場で一人一人廻り、上記の箱を見せながら
「お土産です。好きなものを選んでください」と言ったところ・・

一番、みんなが手に取ったのは・・・

ジンギスカンキャラメルでした!!!!

これだけ、箱が空っぽになりました(((( ;゜Д゜)))

・・・

北海道人


変わったもの、面白いものに手を出すお国柄のようです。

こういう性質を、北海道経済復興に生かせないでしょうか。

ねえ、夕張の皆さん

※ジンギスカン・・ごくごく簡単に言うと、羊肉の焼肉。

| | Comments (0)

テポドンで帰りの航路が!で、行きの航路は・・

訪問目的は、中国からの北海道ツアー同行取材。

中国の団体ツアーは、自由がない・・
団体ビザで一列に並んで出国。
北海道内ではずっとバス+夜のホテルは軟禁状態。

それでも、みなさん観光地を廻るごとにお土産を
購入され、バスの窓からも大自然を眺め、
北海道を堪能された様です・・私も嬉しかったです。

そうこうして、帰国の途へ。
窓の外を眺めつつ、航路を示すモニターを見ていると、

P1090273

なんと、飛行機は日本海を突っ切れば
最短距離で到着できるところ、本州をぐんぐん南下。

九州から韓国へ突入し、ぐるっと廻って北京へ!

行きの航路では、北京からちょっと北へ北上して、ロシア上空を通って北海道へ向かっていたはずなのに・・・

やはり、北朝鮮から日本海に撃ち込まれた、あの「テポドン」ってミサイルさんの影響かな?

中国の航空会社さんでも気を遣ってくれたのですね。
そりゃ、撃ち落されたら怖いですからね。

・・・

でも、このミサイルを撃ちこまれたのって、確か5日の朝だったとか。

http://www.jda.go.jp/j/kisha/2006/07/05.html

それって・・まさにその時間、私達の「行き」の飛行機はテポドンさんの飛んだ上空を飛んでいたってことにならないかな・・?

飛行時間は、日本時間の午前8時~11時。最後の発射時間が8時20分ならば、まあ、間一髪だったってことかな?

でも、最初の発射が3時ということは、フライトまで4時間ほどの時間があったのに・・やはり中国へ情報が届く(あるいは私達への対応が及ぶ)までのタイムロスは、鳥肌ものでした。

ちなみに、このニュースを知ったのは千歳空港に着いたあとでした

| | Comments (0)

加油!北海道!経営破たん・夕張を見て・・

久しぶりの北海道。

ただ・・

他のお客さんは観光として廻っているのに、元・住民としては経済の深刻さが目に付いてしまいました。

P1080827

「幸せの黄色いハンカチ」のロケ現場として名所の
夕張市は今年、経営破たんして再建申請中だし。

自治体が経営破たんって、どうしたの!?

6月17日のニュース
「北海道夕張市、財政再建団体へ 負債540億円」

http://news.goo.ne.jp/news/asahi/seiji/20060617/K2006061605340.html

自治体の倒産にあたる「財政再建団体」に移行する方針を固めたそうです。

市内を通ると、街のいたるところでは映画看板が立ち並び、
夕張メロンを売る農家の数もたくさん並ぶ夕張市・・
中国人に人気の映画「幸せの黄色いハンカチ」の
ロケ現場では、皆黄色い願いごとが貼ってある家と
ハンカチに目が釘付けだった夕張市・・

しかし、街中の風景はどこか殺風景で寂しく私の目に映った。
色んなアイディアを出して経済復興を図るものの、
やはり夕張炭鉱の閉山は大きな痛手となったのだろう。

北海道にはこうした自治体が結構ある。
人口の減少、高齢化は本州よりも深刻だ。
なにより深刻なのは、経済が未だに
回復の兆しを見せてこないことだ。

昨今、北海道企業が中国へ進出する機会が増えた。
彼らは、新しい市場として、また生き残り手段として
中国への進出を試みている。

北海道のために何かできないでしょうか・・・。

まずは、チャーター便しか飛んでいない
北京-札幌間を定期便就航させることから・・かな?

そして、中国のお客さんにどんどん来てもらったり、中国企業を北海道に誘致することで、経済復興を図るのも一つの手段だと思うけど、どうでしょう。

でないと北京空港の電光掲示板も誤字を直さないぞ。

| | Comments (2)

行ってきました北海道!北海道!

日清のラーメン屋さんじゃないけど、やはり北海道に行くとそんなフレーズが似合いますね。

P1090035

いやあ、やっぱり北海道は良かったです。
3年半ぶりに踏んだ大地、緑の山々においしい空気。

最高ですね。やっぱりこういう所に住みたいものです。

ただ・・

やはりチャーター便しか飛ばせない
北京-札幌間を定期便就航させることは道民の切実な願い・・かな?

7月5日 朝4時 北京空港

空港の電光掲示板に、普段表示されることのない地名が登場

P1080761

お!これは「札幌」の文字!感動したぁ(古い)

でも、どことなく違和感があるな、この漢字・・

そこで、よくよくよーーく見てみると・・

P1080768_2

「扎幌(zha huang)」!?

「札」ではなく、「扎」

「扎」「突き刺す」の意味。

突き刺した幌・・・縁起でもないっす。

飛行中、何かに突き刺されなければいいのだけど・・・(続く)

| | Comments (0)

出差(chu chai)で北海道!

あと、1時間後に家を出発します。

通常路線ではありえない、北京と千歳空港を結ぶチャーター便での中国人北海道観光旅行。

こちらを密着取材してきます。

・・・なのに、いろいろ事情があって自宅へ帰ってきたのは

深夜12時。

で、本日7月5日からの北海道出張の空港集合時間は

午前4時半。

すると自宅を出るのは早くて3時半、遅くて3時40分。

となると・・

もちろん、「徹夜」しかないですね(((( ;゜Д゜)))

頑張ります(何を?)

とはいえ、久しぶりの北海道で心はo(^-^)oして眠れません

おいしい海鮮物にとうきびに夕張メロン、
初めて見る富良野のラベンダー畑、阿寒湖、霧の摩周湖。
しかもやばい!明日は水曜、どうでしょう・・・・・・

あ~あーーーーーあああああ~あ・・・
る~るーーーーーるるるるる~るる(知る人ぞ知る名曲)

頭の中はずっとこの音楽が流れています。

・・・

そんな訳で、心を弾ませながらお世話になる北海道民のために
現地でお金をたくさん消費して(落として)あげるべく(?)
今日は、中国銀行で日本円に両替。

するとやっぱり案の定、

「日本円から両替した時の分しか両替できません」

前回の両替は2万円。全然北海道にお金落とせないじゃん!!

でも仕方ない。5月に両替した分(2万円=1390元)を出し、
2万円を戻そうと元をやや多めに出すと、
「“1390元分”しか両替できません。日本円は1000円単位で
しか出せません。今は1390元では19000円です」


“元”ベースかい!で・・・

1000円も損するの(((( ;゜Д゜)))

いやいや、両替すると、19000円と共に50元あまりが
元のお釣で返ってきた。結果は、1331.56元=19000円。

58元(835円)も返してくるなー!日本円でくれい!!

結局、5月両替時より、たった165円の為替差損。
なのに、1000円も損した気分ですごく悔しい!

ああ・・やっぱり為替差益が一番いいです。
5月の時は、やや嬉しい為替差益だったのに・・参照↓
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2006/06/100_d696.html

さて、これから荷造りです。

え?あと1時間?・・・よく考えると、やばいです。

| | Comments (2)

中国で「メディアリテラシー」?

東京視点(http://tv.people.ne.jp/)でおなじみの
可越さんが北京へ来京。

日本で言うことの日本大学芸術学部のような
中国伝媒大学で、講義を行ないました。

P1080639

東京大学などのメディアリテラシー・プロジェクト「MELLプロジェクト」を元に、
日本のメディアリテラシーの現状について話をしたのですが、

埼玉県川口市のSKIPCITYにあるメディア博物館の紹介や、
自分達で番組制作を体験しながら、メディアリテラシーを
学ぶ市民メディア・東京視点のことも話してビデオを流すなど
なかなか面白い展開を見せてくれました。

P1080703

講義を聴いていた、あるテレビ局の記者の方でさえ、
「メディアリテラシーってなんのことかわからなかった。
ビデオを見て、やっとわかった」と話すほど、
中国ではまだまだ浸透していない言葉のようです。

ちなみに、メディアリテラシーは中国語で「媒介素養」というそうです。

3月まで日本に住んでいた東京視点のメンバー(中国人)も、
「日本では聞いていたけど、中国語で初めて聞いた」
と驚いていました。

それほど中国の市民には知られていない言葉だけど、学術的には
すでに始まっていて、衰退しつつある日本のメディア系
研究所よりも進んで来ているとのこと。

そうか、あとは市民の認知度アップか・・
これで中国のメディア事情も変わるのかな?

【メディアリテラシー】 情報が流通する媒体(メディア)を使いこなす能力。メディアの 特性や利用方法を理解し、適切な手段で自分の考えを他者に伝達し、あるいは、メディア を流れる情報を取捨選択して活用する能力のこと。(IT辞典サイトより)

| | Comments (0)

ぶらり郊外の旅~大覚寺編~

・・・なんて、今まで書いたこともないけど
ひとまず「編」ってことで、いいね。

いやあ、それにしてもここは良かった。おすすめです♪

・・・

7月1日~2日、群馬県人会夏の集まりで、
北京市海淀区にある「大覚寺(da jue si)」へ行ってきました。

海淀区といえば、北京大学や語言大学などの
大学が多く集まる街・五道口を想像しますが、
実はとーーーーーっても広いんですね。

五道口からさらに車で西北へ30分以上走りました。

途中、中医薬研究センターに併設するレストランで、
薬草料理?(まるで精進料理のようなおいしい工夫)を堪能。

P1080556  P1080544

ついでに、薬草畑を案内してもらい、自分達が食べたものの実物を見学。

P1080558

その後一気に山を上り、大覚寺へ到着すると、午後3時。

山の中腹にあるこの寺。着いてみると・・いつも見る北京の風景とは違って周囲は

山、山、山、青い空 →これが嬉しい。

P1080635

群馬県人会風に言うと、「上毛三山」のようでした。
でも寺なので、鎌倉の建長寺か円覚寺に近かったです。

で、この大覚寺、境内の中に昔の四合院などを
ホテルのように改造し、宿泊所として提供しています。

P1080591  P1080588

今日はみんなでここにお泊り。

お寺に泊まると、「お化けが出るぞ~」とか
「座禅を組んで、朝はお掃除して・・」とかイメージしがちですが、そんなのまったくなし。 豪華!

庭にテーブルと椅子を並べて昼間から宴会・・^^;


夜は境内の中にある「紹興料理」で紹興酒と料理。

向かいの茶館で、山の斜面から湧き出る泉で取れた
水を使ったおいしいウーロン茶を堪能。

そして、また庭にて宴会・・・(^^:
ふと空を見上げると、星がたくさん散りばめられていて
北京にいるとは思えない雰囲気に包まれました。

でもって・・・寒かったです
これまた北京にいるとは思えないくらい?でした。

個人旅行では行きづらいほど遠いのが辛いけど、
友人4人~10人くらいで寄り合って行くと楽しいかも。

北京のどんよりした夏の空気から逃れたい場合は、おすすめです。

| | Comments (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »