« なんの予定もなかった週末 | Main | 北京の黄色いもの »

后海で茶館に挑戦!

冬は氷が張る后海(Houhai)

P1090352

氷を割って寒中水泳をしていた頃が嘘のように、今は・・・

普通の水と化した湖をすいすい気持ちよさそうに泳ぐ人がいます。

まあ、そういう人は横に流して、

おしゃれなバーやレストランが立ち並ぶほとりを歩くと、

その茶館はありました。

その名も「茶家傳(cha jia fu)」です。

P1090349

「地球の歩き方」などガイドブックにも載っているので知っている方も多いかと思います。

もともと、雑誌編集者だった老板が、趣味の家具やインテリアを集めて開いたのが始まりだとか。老板は高齢にも関わらず、毎日夜遅くまでみなさんにお茶を提供してくれます。

P1090340

メニューは、扇子に書かれています。うーん、センスがいいですね。

でも、値段は1人50元以上はするのでちょっと高め。茶館は、観光客やお金持ちの中国人など限られた人のためのもののようです。(これから変わるかもしれないけど)

お茶の種類は本当に多い!この中から1品だけ選んだ方が良いでしょう。2人で行くから2品、とする必要はないようです。

P1090345

お茶は店員さんが随時入れてくれます。わんこそばのように、飲んだらほい、飲んだらほい、という感じ(たとえが悪いか・・)。自分達で入れても可。

P1090346

お茶請けはすごいたくさん!これが無料でついてくるのだから、嬉しい。お昼ごはんを抜いてもよいでしょう(本当に?)。

この茶館を紹介してくださったD新聞のZ記者は、休日に本などを読みながらくつろぐとき、ここを利用するのだそうです。

・・・それは駐在員の特権ですね。私ならせいぜいそこのベンチでした。

でも、こんな贅沢、月に1度くらいやってもいいかもしれない。

静かな空間で、心もリフレッシュしたひとときでした。

|

« なんの予定もなかった週末 | Main | 北京の黄色いもの »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« なんの予定もなかった週末 | Main | 北京の黄色いもの »