« 蘇州旅情 | Main | 上海旅情 »

蘇州旅情2

P1090503

蘇州は、2500年前に設立された古都も古都。
昔から北京などのお役人のご隠居の町として、
彼らが庭園を構えて老後をのんびり過ごした
と言われている。

そのため、庭園が市内に200あり、
そのうち9つは世界遺産に登録されている。

予約したホテルは安宿なので、こんな街中を通っていく。。

P1090511

不動産屋さんの掲示を見ると、この辺の家賃は700-800元。日本円で1万円程度。

なんだか、それでも高い気分・・の家々でした。

P1090512

それでも泊まったホテルは、2つの世界遺産が
近くにある街中にあったので、取材先へ向かう
バス停までの道を遠回りして一応観光気分。

P1090507

バス停まで、世界遺産の庭園をイメージした感じで情緒あります。遠くにはその庭園の一つが見えました。

バス停までの道のり。

P1090564 P1090568

運河を船で進む人、運河で食器を洗う人、
その合間にあるフートンみたいな町でたたずむ人、
どことなく落ち着く風景が、駅から3キロも離れて
いないところに広がっている。

P1090513 P1090549

(左は蘇州市西側の出口加工区、右は蘇州市東側の工業園区)

そして、市の両側に広がる開発区。
ここに日系企業が500社以上も進出しているという
のだから、これまた驚いた。

近代的な町並みに、時々日本語の聞こえてくる
店があちこちにあって、日本人が住みやすそう・・
実際、取材した管理委員会の人は日本人待遇に
力を入れているとコメントしていた。

蘇州に暮らすのもいいな。

北京まで続く大きな運河のほとりにも、
大きな庭園と5重の塔みたいなものがあった。
朝は、行きのバスで写真を撮り損ねたので、
帰りの道路で撮ろうと思ったら・・・

P1090586

反対車線+渋滞で撮影できず(;;)
これはもう・・再訪リベンジでしょう!!

さらに、最後の取材先での一言。

「上海蟹は、本当は蘇州の陽澄湖で採れるのがいいんだよ」

秋においで、とお誘いいただいたので、
上海蟹を食べつつ世界遺産を見に、
もう一度行きたいな。蘇州。

ちなみに、蘇州の夜景も鮮やかでした。蘇州市内の繁華街・観前街です。

P1090560 P1090561

・・・なることを考えながら、夜は火車で上海。

明日からは上海旅情です。

|

« 蘇州旅情 | Main | 上海旅情 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 蘇州旅情 | Main | 上海旅情 »