« 意味のない拡張 | Main | 緊迫の?世界ソフトボール選手権・・日中戦 »

胡同の中にある雑貨屋さん『Zakka』を訪問

とある訪問先あり。

今日も胡同を歩いてみたりする。

P1100203

本日の訪問先とは、胡同の中にある雑貨屋さん。
その名も・・『Zakka』

この日は、インターネット動画制作サークル『東京視点』の皆さんに、北京からのビデオメッセージを作ろうと、 北京在住の中国メンバーと一緒にビデオカメラに収めながら胡同をぐーるぐる。

さまざまな胡同を見ていると、胡同の「人生」が見えてくるようだった。

まず胡同が生まれる瞬間。胡同を組み立てるであろうレンガが積まれた場所を歩く。レンガをヘラでペタペタ。きれいな壁が築かれる。

続いて、生活が始まった胡同。洗濯物や荷物がいっぱい入り口においてあり、100メートルおきにあるのでは?というほどひしめく公衆トイレへ人が出入り。

路上には、青空床屋さんに台車を引く自転車、子供たちの笑い声に盤ゲームに熱中の老人たち。なんと長閑な風景なんだろう。

・・と、歩いていくと、

今度はところどころで、胡同を崩している風景が目に飛び込んできた。ぼろぼろで老朽化の進んだ胡同なのだろうが、ガラガラと

・・手作業ってあたりが長閑というかなんというか・・

確かに若干新しく生まれる胡同もあるけど、こうしてどんどん崩されていき、数を減らしているのも現状です。

そんな胡同をなくさないために・・

擁和宮周辺の胡同は線香売り屋になっていたり、お土産屋になっていたり、そして・・

日本人の方が、中国の人たちに混じって「雑貨屋」を開いていたりするわけです。

それが、今日の訪問先の『Zakka』です。

P1100204_1  P1100207

店内に入ると、所狭しと雑貨が並んでいます。こういうのを見るだけで楽しいですね。

しかも、お店の傍らではお客さんがくつろいだり、巷で有名な「神奇的杏仁豆腐」を食べることができます。

Annin

しかもおしゃれな観光胡同として、欧米人もたくさん歩いていきます。

古き良き、老北京(lao,beijing)

がんばれ!\(^O^)/

|

« 意味のない拡張 | Main | 緊迫の?世界ソフトボール選手権・・日中戦 »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 意味のない拡張 | Main | 緊迫の?世界ソフトボール選手権・・日中戦 »