« 取材を受けました | Main | 北京からの手紙 »

初めての病院

見た目ぜんぜんわからなかいのですが、ワタクシ、
最近疲れがたまったのか、寝不足&ストレスが原因なのか、
昨日突然、持病の"ヘルペスさん"が口の周りにご登場。

えーん、痛いよぉ、痒いよぉ、でも掻いちゃだめだよぉ、の3重苦。

思えばせっかく「海外旅行保険」に1年契約で加入してきたのに、
一度も病院の世話になっていなかった。

ヘルペスさんは、確かに1週間くらい我慢すれば治る病気
だけど、出始めに飲むとすぐに引っ込む「薬」が切れ、
今回は出始めに引っ込められず・・水疱瘡がでまくった。

薬が欲しい・・

その一心で、病院へ行くことにしました。

午後6時。

渋滞の中、バスも捕まらなかったのでタクシーに飛び込む。

私「香港的港、澳門的澳、飯店」

運「ああ?・・・おー、港澳中心!」

私「対対」→中国語力が落ちた?

とはいえ、異常なまでの渋滞で、約束の6時半よりやや遅れて到着。

よく、中国の病院は、
1.待たされる
2.病気で苦しんでいる人に向かって
  「前払い金を払ってください」と支払い口へ歩かせる
3.ろくに見ない
4.プライバシーがない


などと言われるけど、
今回行ったスイスホテル(港澳中心)の香港国際診療所は、
入った瞬間きれいな空間と静かな環境がお出迎え。

まあ・・一人しかいなかったことも一理あるかな?

日本語できるスタッフが、日本人の心をついた
やさしい日本語で応対してくれました。

初めてだったので、受付から何まで丁寧に応対。
病院に対する印象が180度変わりました。

ただ、

この病気を経験している人はわかりますが、
お医者さんに診てもらうことはほとんどありません。

引っ込める薬さえもらえればいいのです。

結果、ちょっとお医者さんと話してから、
引っ込める「と、思われる薬」を日本にいたとき以上にもらい、
そのまま帰っていきました。また渋滞で1時間かかった・・

保険に入っているので御代は無料。
きっと入っていなければ○百元とも○千元とも言われたかも。

海外旅行保険、残すところあと1ヶ月半。

使っておかなきゃ損だから、今度はどこへ行こうかな?

※その前に、この薬効くかなあ・・・たくさんあると逆に不安

P1100510

|

« 取材を受けました | Main | 北京からの手紙 »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 取材を受けました | Main | 北京からの手紙 »