« 隠岐紀行5 島前3島物語 | Main | 隠岐紀行7 妖怪の町 »

隠岐紀行6 流されたのはどっち?

島後・島前と2地域を巡った隠岐の旅。

最後に、少しだけ疑問に残っていたことが・・

その昔、隠岐は後鳥羽上皇、後醍醐天皇が島流しにされた島。
「天皇は飾りでいいんじゃ!天皇は政治なんぞやらんでもええ!」
という鎌倉幕府時代に政治力を発揮していたため、
将軍さまに流されてしまったという悲運を持つ 。

でも、後醍醐天皇は1年後に復活して再び戦ったらしい
そんな後醍醐天皇がたった1年間隠岐でご隠居されていた場所が
・・なぜか2箇所あった。
1つは島後の「国分寺」、そしてもうひとつは島前の「黒木御所」

はたしてどっちが正しいのか?
歴史って、やっぱり作られるものなのかな?

隠岐の方、もしくは島流しに詳しい人、わかりますか?

|

« 隠岐紀行5 島前3島物語 | Main | 隠岐紀行7 妖怪の町 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 隠岐紀行5 島前3島物語 | Main | 隠岐紀行7 妖怪の町 »