« October 2006 | Main | December 2006 »

あと一歩!

その一歩がなかったために、

その一歩を踏み出せなかったために、

後悔することはよくある話。

そうなのだ、

その一歩を踏み出さずに後悔するよりは、

その一歩を踏み出して後悔した方が、

よっぽどいい、と人は言う。

でも、

たまには、その一歩を踏み出さなかったことが

より鮮烈な記憶に残って、

次に一歩踏み出す勇気に変わることも、ある。

それは・・・

P1120524

・・・

万歩計に刻まれる記録でよくわかる。

10000歩より、こういう数字の方が、よほど記憶に残る。

明日は10000歩だ!

・・・ん?みなさんどうしたの?

| | Comments (0)

どうしても当たらない

今日も帰りに五道口の中国語学校へ。

HSKの試験もあと2週間と迫ってきた。

しかし・・・

ヒアリングが未だに・・・_| ̄|○ である。

学校で、問題用紙が渡される。

そこには、しっかりと4択の短い文章が並んでいる。

この中から、聞いた問題にふさわしいものを選べばいいのだが・・・

やっぱり当たらない(;;)

最近、徐々に何を言っているのか聞き取れるようになって、

過去の話か、未来の話か、場所か時間か、いろいろわかるようになったのに・・

回答は、やっぱり間違っている(;;)(;;)

何がいけないのだろうか。

1.選択肢をちゃんと読めていない(ボキャ少なすぎ)

2.聞き取る単語をすべて把握していない

3.そもそも「ボーっ」としやすく問題を聞いていない

この3つが重なると、最悪である。

まずは、

「ボーっとするのを止める」「選択肢の単語を勉強して覚える」を克服すること。

その上で、

ヒアリングに必ず潜む「コツ」を聞き取れるようになること。

だろうな。

でも、今回はいい特訓になっているかもしれない。

私は日本語でも早口の人の話は半分くらいしか聞き取れないから、普段の中国語も未だに駄目駄目なんだな・・

ここで、HSKのように注力して聞き取ることを覚えたら、もっとヒアリング力が上がるかもな。

なんてことを考えつつ、結局日常で中国語はまだ聞き取れないのでした・・

寒いなあ・・

今日は、零下2度くらいまで下がったので、バスをやめてタクシーで帰宅。

でも、

タクシープールで待っている運ちゃんは大抵がタバコをプカプカ・・

吸っていない人を見つけるまでに10分かかった気分。

寒いなあ・・

| | Comments (2)

【中国楽活】環境シンポジウム

ここ、中国でロハス的な活動を一つでも多く探したい。

そんな折、先日の大使館研究会で知り合った方から、
「BEV-NET 環境シンポジウム」のお誘いを頂いた。

「中国で、環境に関するシンポジウム!? 気になる!!」

さっそく参加を申し込み、行って見ることに・・・

P1120529

会場の対外人民友好協会もまた、外国の雰囲気が漂っていてムードがあります。
こういうところでシンポジウムを開催するなんて発想もまたいいですね。

会場内には、BEV-NETの環境保護活動の数々が展示。

P1120526

「BEV-NET」は、日中両国の環境に関心のある人たちが、
学生・社会人問わず集まり、植林やごみ拾いなどの環境保護活動を行っているサークルだそうです。
日本だけ、中国だけ、のボランティアサークルは多いそうですが、日中の人たちが一緒に活動するサークルは少ないのだとか。

今回のテーマは「緑色食品」

有機野菜(公害ある薬品を使わずに育てる野菜)として認定された野菜、
そのほか米や家畜なども化学薬品を使わずに生産されたものとして一定の基準を
クリアすると「緑色食品」として認定される。

こうした食品を増やしていくため、専門家の方々をお招きしての講演と、
ワークショップも兼ねた寸劇・実際の食べ比べ・クイズ大会が開催されていました。

P1120548  

こうしたところ一つ一つで、有機野菜に関する知識を深め、
中国国内に有機野菜の存在感が広がっていけると嬉しいですね。

最後に、有機野菜と普通の農薬を使った野菜の違いを・・・
1.有機野菜の方が長持ちする
2.有機野菜の方が茹でるとすぐにぐったりする
3.有機野菜の方が皮からぱりっとして食べ応えある
4.有機野菜の方が甘みがある

などなど。

最後に心わずかの募金を募金箱に入れたら、BEV-NET特製「エコバック」をくれました。

スーパーなどに買い物に行くとき、わざわざスーパーのビニール袋を使わずここに買った商品を入れていくことで、資源の無駄を省きましょう、というわけです。

日本では徐々に知られているエコバック。

これも中国ではどこまで浸透するかな?

さあ、中国もロハスの夜明け?

| | Comments (0)

出た!HSK模試の結果

今日は、日曜日に受けたHSK模試の結果を受け取りました。

結果・・・(全部100点満点ね)
ヒアリング    44点
語法           50点
読解           68点
穴埋め問題・・・43点

205点(400点満点ね) ほぼ50%

で・・・4級

_| ̄|○ ああ、やっぱりだめだなあ・・・

受験経験者によると、HSKは合計得点で級が決められるのではなく、
相対成績で一番悪い分野の級に合わせてしまい、いくら他の分野で
すべて8級レベルの成績をとっても、悪いほう+1級程度になるとか・・

いや、私は良いものもたいした成績ではないのですが、

に、しても・・成績の格差はかなり気になる。

どうやったらヒアリングや文章書き問題ができるようになるのか、
やっぱり繰り返し練習するしかないのですね。

あと2週間半!できるとこまでやるしかないな・・・

| | Comments (0)

過熱報道の裏側で・・・

ちょっと前の話になるけど、今頃発見したので、つい・・

11日に、大使館が毎月主催する勉強会後の食事で
同席した公使が質問。

「今日本で賑わっているニュースは?」

みんな口々に言ったのは、中国で見られるNHKやネットの
情報から掴み取った「子供の自殺問題」「高校の履修不足」
など社会ニュースであった。

このとき私はいつも報道には水を差す嫌な奴で・・
「こういうニュースが盛り上がっているときは、
裏で何かが動いている気がしてならないんですよ。
それが何かわからないのですが・・・」

「うーん、なんだろうね・・」皆も首を捻る。

昔も北朝鮮から拉致された5人が帰国したとき、
テレビや新聞が彼らの同行ばかり流し続ける裏で
有事法制が国会で固まり、メディア規制法案が上がっていた。

この2つが騒がれたのは、もっと顕在してからであった。

そんな「何かわからない何か」があるような気がしたのだ。
すると本当にあった(と、思った)のだ。今頃見つけた。

■北を核保有国と認めず=6カ国協議参加国が一致-米高官
なるニュースが15日ごろのネットでお目見えしたのだが、

「一致」と書いているけど、そのあと「11月8日」のニュースを検索すると・・

http://www.chinadaily.com.cn/world/2006-11/08/content_727343.htm

「アメリカは7日『北を核兵器保有国として認めない』ことを決め、
『日本にも同じ姿勢を採らせることにした』」上での一致だそうだ。

日本は、アメリカが北に厳しい制裁を要求することを信じていたが、
アメリカは北の核武装をなかったことにしてしまうという展開。

しかし日本は、アメリカの言うことには逆らえない・・
結果として合意することになった。

国際の舞台で日本は譲歩する立場になっていたのだ・・
それが、国内の話題に世論の注目を奪われた格好になる。
こんな滑稽な姿は国民に見せられん!ってことか?
いや単に映像や写真がなかったので目立つ記事にならなかった
だけなのだろうが・・。

で、こういう報道は全然目立たなかったのに、
新たに北朝鮮に拉致された人がいたという報道は
なぜかまた目立っている。

■松本さんの拉致認定、北朝鮮に伝達…官房長官

「拉致」を積極的に報道せよと政府はNHKに令を出したそうだけど、
こういう報道の裏側で、日本が国際舞台から
孤立しそうな焦りと、国家の主張を感じたのは私だけ・・?

結局、メディアが国家の宣伝材料になったり
国民を扇動するのは、日本も中国も同じなのかな?

こんなこと書いている傍らで、懐かしい
ビギンの「You」が流れている我が家のパソコン。

 /~何も言わず今はおやすみ♪

確かにキリがないので寝ます。

おやすみ♪

| | Comments (0)

頭蓋骨筋肉痛!?

朝起きた時から
首の付け根~頭蓋骨までが筋肉痛で痛い。

どのくらい痛いのかというと、
腹筋をするとお腹ではなく首がプルプル震えるくらい痛い。

おそらく昨日、氷点下っぽい空気の中、
早朝から五道口でHSK模試を受けたせいだと思う。

マフラーも取らずに、寒い教室で「2時間半」
肩を強張らせた状態でヒアリングだの筆記だの
緊張状態でガチガチの姿勢を保ち続けたので、
筋肉が固まってしまったのだらう・・

模試の結果も、おそらく50%行ったか行かないか。
長文読解で初めて8割は回答できたと喜んでも、
ヒアリングはやっぱり4割くらい・・・
級に当てると、長文→7級 ヒアリング→3級

これ、総合得点だとどうなるの?

脱線しょぼ話はおいといて・・

今日はあまりの筋肉痛で、夜の授業を1時間で切り上げ。
先生に「筋肉痛」と発音するのも面倒だったので
「我感冒了(風邪を引きました)」と簡単な言葉で中座。

8時台だと、まだ自宅付近までの直行バスが残ってる。
早く帰れるぞ!と喜んだものの・・

待てど暮らせどバスが来ない・・

延々と待っても来ない・・

30分待ってやっと来た・・

本当に「感冒了」になりますよ・・

外は氷点下っぽい空気、時刻表のないバス、
風を凌ぐ設備のないバス停・・・

この国、本当に消費者へのサービスが足りない。

一旦バスに乗ると、ものの40分で到着。

バス停から自宅までの道のりでまた首が痛くなる。
「肩、強張らせてるな・・」とこの時改めて実感。

寒くても肩を強張らせない方法と、
頭蓋骨の筋肉痛をほぐす方法、知っている人いますか?

| | Comments (0)

【中国楽活?】群馬県人会でもボジョレー

11月で、北京群馬県人会は3周年を迎えたとのこと。

と、いうわけで本日、北京市内の焼き鳥&お好み焼き店
『鳥小屋』にてお祝いパーティーが開催されました。

これまでの中でも多い方?12人くらいの人が集まると・・・

中の一人が、差し入れにボジョレー・ヌーボー
持ってきてくれた!おおっ!2日連続ボジョレー!

味はやっぱりまろやか♪あっさり&コクで・・・おいしゅうございました(_ _)

鳥小屋では、
他にも3つの団体さんがパーティーを開催していて、日本語が飛び交いまるで日本の居酒屋!?
ただちょっとだけ日本と違うのは、どちらの団体さんも誰かしら気がついたらお知り合いが何人かいて、 途中で他の団体さんともおしゃべりに花が咲き、 どれがどれだかごちゃごちゃになっていたことかな。

日本だったら、隣の団体さんなんて知らないでしょ、普通。

そんな風に盛り上がっていると、今度は鳥小屋の計らいか、
「群馬県人会3周年おめでとう!」
と書かれたバースデーケーキが登場し、これまたびっくり!

Gunma3

中国のケーキ屋にあるような甘ったるいバターケーキと違い、
甘くもあっさり&フルーツ入りで・・おいしゅうございました(_ _)

中国の食材を卑下する訳ではございませんが、
やはりこういう食べ物を紹介することも、今後の中国で
健康&環境に優しいライフスタイルを提供することに
なるのではないでしょうか・・・

と、いうわけで今夜もロハロハなKOMAなのでした~♪

| | Comments (0)

【中国楽活】ボジョレー飲みました!

この中国でロハスの仕事を始める以上、
ロハスっぽいものをどんどん見つけていこうと思います。

ちなみに、『ロハス』は中国語で『楽活(le huo)』です。

・・・

昨日11月16日は、
ワイン『ボジョレー・ヌーボー』の解禁日。

ご縁あって、解禁記念ボジョレーパーティーに参加しました。

P1120495_3

中には氷で冷やされたボジョレーさんたちと、
豪華な料理がずらり並び、楽隊の演奏が場を華やかにします。

優雅な様相でワインとおしゃべりを嗜む
欧米人や中国人のセレブっぽい方々・・・

中国人も欧米人も、英語でペラペラおしゃべり。
私は中国語さえロクにしゃべれないのに・・・

やはりこの国は様々な国の方が集まっている。
そんな中、いろいろな国のこと、いろいろな人のことを
知るためには、語学力は必要条件なんだ、ということを
改めて痛感したのです・・・が、

先方もさすが外国人との交流が多い方々、
私が話すつたない英語も中国語も上手に聞き取ってくれて
会話を楽しんでくれました。良かった・・

心も身体も健康な生活を送るためには、
他人に対し寛大かつ優しい心をもって接すること、楽しむこと。

その肴として片手にワイン。飲み過ぎない程度に3杯程度。
うん、これこそ「ロハス」!


・・・この話題、ロハスなのかな?

| | Comments (0)

なんと!見られるはずもない映像が・・・

P1120478

日本語情報など登場するはずもない我が家のテレビで、
いきなりNHKか何かの映像が流れてるけぇびっくりさ!

と、その文字を追っていたら北海道だんべ!
根室市や別海町が真っ赤に染まって・・
これじゃ、野付半島なんか沈没しちゃったんでないかい!?

なんて心配したものの、なんもなんも、
死者けが人は出なかったみたいでまずは安心。

・・・と、画面が変わってCCTVの現地特派員リポに。

すると、何!?銚子沖も震源地、関東直撃!?

P1120477

なんてびっくりしたものの、なんもなんも、
単に特派員がいる場所が「ピコン、ピコン」
点滅で赤く表示されていただけだって。

紛らわしい報道だなあまったく。

日本のみなさん、住んでいる所は大丈夫でしたか!?

| | Comments (0)

やっぱりやばいっす・・HSK!

先日宣言した「HSK初受験」について・・・

さっそく「やばいっす」信号です(黄色にしときます)。

一番やばいのは・・・相変わらずのヒアリング
誰かが「半年もいたら、急に聞き取れるようになる」と
言っていましたが、そんなの神話神話。まったく!?


このままじゃ最低ラインの3級レベルです。。。

きっとこれは、集中力が足りないのか、
日本語でさえ早口だと聞き取れないほどだからか、
やはりしっかり学習方法を習得していないからか、
と頭では考えているものの、もどかしさが付きまとう・・

しかも、こんなところにも痛感することが・・

・・・

HSKの勉強にはやはり学校に行って指導者の指示を
受けた方がいい、と、
会社から30分ほどで行ける五道口の地球村という
中国語学校へほぼ毎日通っているのですが・・

この学校、当然ながら講義もすべて中国語です。
クラスには、少なくとも日本人はいません。

ヒアリングと語法問題の授業をとっているのですが、
講義のヒアリングがまず駄目駄目なことを痛感。

聞き取れるのは、
「○×△□、所以・・A(答え)!」

って、答えだけやん!という世界。

問題も30%くらいしか当たらないので焦る一方なのに、
講義のヒアリング問題出されたら、10%でしょう。

少しはジェスチャーや白板の例文などで判るのですが、
これは痛い。

今日は、言葉のおき場所はどこか?という問題で、
「チョオーイー的后辺、所以『他』的后辺・・・B!」
(チョオーイーの後ろですね。だから『彼』の後ろなのでB)

?チョオーイーってなんだ?何で『彼』の場所が
チョオーイーなんだ?

不審な顔して先生に「チョオーイー・・・」とだけ
聞くと、先生は白板に書いた「主語」の文字を叩いた。

それって・・「zhuyu(チュウーユー)やんけ!」

これも私の耳がおかしいのでしょうか?

それ以前に、日本語と中国語で単語が違う言葉を発見。
びんゆー:賓語(目的語)
うぇいゆー:謂語(補語)

同じ単語でも、
主語(ちょおーいー)のように音が違うのも聞きづらい。
ふーつー:副詞(同じ)
しんろんつー:形容詞(同じ)

いっそのこと、日本と統一して
「S+V+O+C」みたいに英語で書いてくれんかのう・・
なんでこの国、漢字ばかりなんだろう・・・

5千年の歴史には逆らえないのか_| ̄|○

ひとまず、やっぱり聞いて聞いて聞きまくることに
専念した方がいいって?

| | Comments (0)

HSKに初挑戦!決戦は12月10日

決めました。

HSK(漢語水平考試)を受験します。

知らない人のために説明すると、英語検定TOEICの様に
非中国語ネイティブの人たちが中国語の能力を
図るためにあるような試験で、取得した得点で
級が決まる試験です。

北京に来て1年が過ぎ、多少は中国人の話が
聞き取れるようになってきたこと、にも増して
聞き取れない部分の多さにも改めて痛感していること、
加えて、転職先が北京で最も授業料の安い(と思う)
五道口の地球村に近いことで、学校に通える!

などなど色んな要素が重なって、遅まきながら
一念発起、中国語力(特にヒアリング)アップを
図りたいと思います。※いまさらなんて言わないで・・

平日昼に行かなきゃいけない申し込みが代理でできたのも幸い。
6日、女子大生の後輩に申し込んでもらい、
いよいよ、という実感がこみ上げます。

土日から地球村へ通って授業料を支払いつつ、お試し授業に参加。
先生の話も、多少、いやちょっとはわかるようになったかな・・・

先生「行動(シンドン)是什マ意思(行動はどういう意味ですか)?」
私「・・・こうどう」

頭の中は、まだ日本語が流れているようですσ(^◇^;)。。。

という訳で、6日夜7時からのクラスに本参加。
受験日まで、2時間の授業を25回分申し込んで
612元だから・・1回あたり25元弱。本当に安いかも・・・

頑張りますので、受験経験者の方、アドバイスをください!
目指すは400点満点!・・・中の300点くらいか。
ヒアリングとリーディング、バランスよく取らないと
いけないみたいなので、大変だな。

・・と言っていたら、やはり最初から授業が聞き取れない!

どうしよう・・_| ̄|○

| | Comments (0)

経済研究会に参加しました

日本大使館の経済部門の方々が毎月1回開催する勉強会に参加しました。

毎月、各界の専門家の方々を2名ほどお招きして、
中国経済についていろいろ話を伺うのですが、
今回のテーマもまた面白かったです。
P1120446

野村からお越しいただいた方の発表は目から鱗でした。

経済成長期にあって、他の国では大抵株価も上昇するものですが、
中国では経済成長=株価の上昇ではなかったことが、ここ数年のグラフで明らかになり、
その原因として「非流通株」の存在と中国の規制問題を指摘されていました。

難しい話だったのですが、

以前から中国の経済成長とオリンピック景気を見込んで
「今、中国株がホットだ!」という人の話をよく聞きましたが、
それは絶対ではないということです。

でも、今後中国も法律が変わってきて、その勢いもまた日進月歩です。
どんどん経済がグローバル化してくれば、
経済と株価の関係も変わってくるのではないでしょうか。

| | Comments (0)

10年後の自分

http://china.alc.co.jp/culture/raku/

翻訳家でライターの泉京鹿さんから取材を受け、
アルク出版さんのサイト「楽在中国」に載りました。

題名は「北京で働く女性たち」

日本でごく普通のキャリアを積んできた人が、
中国転職・留学などの進路変更を考える時に、

参考までに、とこのサイトを開く・・

そんな人たちの参考になるであろう人物を取材している
そうです。いやはや、そんな大事な役割に私を選んで
いただけるなんて恐縮です・・・

と、記事を見たところ、

・・・や、やばい・・・(((( ;゜Д゜)))

なにがやばいって?
雑誌→雑誌で転職したばかりなのに、
映像の話で終始しているからなんです!


確かに取材中「はまっていること」「夢」で話が終始し、
テーマも確かに「夢」。

当然といえば当然の流れになっているのです。私も確かに、原稿確認の時、「これでいい」と言ったのです。自分の希望的観測だし。

・・・

なら、いいですね。

これはあくまで「10年後」の自分像なのですから。はい。

でも本当に、夢というものは人生、生きていく上で必ずついてまわります。

それを途中で諦めるか、最後までかなえるかは別として、人間って、何かしら夢は持っている生き物ではないでしょうか。

みなさんは、今そこの舞台に立って、何をして、将来何がしたいですか?

| | Comments (0)

北京ではじめて買いました。交通カード

「有没有交通カー?」

「ああ?」

「いやだから、(かなりはっきりと)交、通、カー(jiao tong ka)!」

「ああ?」

「ああー、もうっ!座地鉄的時候使用的カー!(地下鉄に乗るときに使うカード)」

で、カードのジェスチャー。

「ああ(ぶっきらぼうに)・・ポイッ(カードを投げる)」

これは、地下鉄の切符売り場(かつカード売り場)でのできごとである。

普通、カード売り場で「交通カード」って言えば通じないかな・・

てなわけで、交通カードを入手。

P1120402

意外とこれは便利です。

バスに乗るとき、

P1120406

この機械に「ピッ」と当てるだけで、清算されます。

乗るとき1回、降りるとき1回、で完了。

しかも・・・

2割引です。4元の区間なら、3.2元です。

これはお得だ!

・・と、思ったら、地下鉄2号線→13号線の乗り換えに落とし穴。

この乗り換えならば、切符を手で購入すると5元だったのに

カードで通るときは、3元、3元・・・で、6元。

・・・やっぱり半端な、中国の技術力であった_| ̄|○

| | Comments (2)

【動画】Vol.41 紅葉リベンジ!in慕田峪

P1120324_1

http://emmybbc.main.jp

同行者が3人もいながら、自分の紅葉リベンジ
ネタにしてしまった今回のVTR・・すみません。

この10月に2回も長城へ登りながら、
満足な紅葉に出会えなかったワタクシ、
3度目の正直!という言葉を信じて、
北京市内から今回は車チャーターで1時間半。
慕田峪長城へ行ってきました。

そして、ついに・・ついに・・。

感動の長城三部作完結編!

階段の急勾配は映像でどのくらい感じられるでしょうか。

| | Comments (0)

こんなとこまでバッタもの!?

バス通勤になると、街角の風景も新しい。

新しいとおり、新しい路地裏、

今まで見てこなかったものが、いろいろ見えてくるのだ・・

すると、

P1120380

熊ではない。。。

虎に似ても似つかわない「虎出没注意」

こんなバッタもんどうでしょう!?

熊じゃないから、バッタもんじゃないもん!って主張するのかな?作者は・・

| | Comments (0)

今日からバス通勤

転職してから、出勤時間が1時間半も早くなった。

まあ、仕方ない。バス一本でいけるだけまだましだ。

ひとまず、渋滞状況もあまりひどくない道路を通るので、朝7時半のバスに乗れば職場へ8時半には着くことができるのも、まだありがたい。

てなわけで、久しぶりに使うバス停まで10分歩いていくと・・

P1120382

お!バス停に交通整備の服務員がいる!

最近、街中のバス停を中心にこうした服務員が立っていて、乗客を整列させたり

「降りる人が先!乗る人後!」と叫んでいたりする。

こんな小さなバス停にも登場するとは、政府もかなり気合が入っているな・・

中国人を文明人らしい人間に矯正しようというわけである。

・・と、いうのは言いすぎか?

と、想ったけど・・・

服務員がいてもいなくても、割り込む人はいるし、降りる人より先に乗る人はいるし、あまり効果が・・・感じられない。

ま、まったくいないよりはましになっていたかな?

朝から2年後の五輪を心配してもしょうがないので、

私は素直にバスに乗って新職場へと向かうのでした。

| | Comments (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »