« 出た!HSK模試の結果 | Main | どうしても当たらない »

【中国楽活】環境シンポジウム

ここ、中国でロハス的な活動を一つでも多く探したい。

そんな折、先日の大使館研究会で知り合った方から、
「BEV-NET 環境シンポジウム」のお誘いを頂いた。

「中国で、環境に関するシンポジウム!? 気になる!!」

さっそく参加を申し込み、行って見ることに・・・

P1120529

会場の対外人民友好協会もまた、外国の雰囲気が漂っていてムードがあります。
こういうところでシンポジウムを開催するなんて発想もまたいいですね。

会場内には、BEV-NETの環境保護活動の数々が展示。

P1120526

「BEV-NET」は、日中両国の環境に関心のある人たちが、
学生・社会人問わず集まり、植林やごみ拾いなどの環境保護活動を行っているサークルだそうです。
日本だけ、中国だけ、のボランティアサークルは多いそうですが、日中の人たちが一緒に活動するサークルは少ないのだとか。

今回のテーマは「緑色食品」

有機野菜(公害ある薬品を使わずに育てる野菜)として認定された野菜、
そのほか米や家畜なども化学薬品を使わずに生産されたものとして一定の基準を
クリアすると「緑色食品」として認定される。

こうした食品を増やしていくため、専門家の方々をお招きしての講演と、
ワークショップも兼ねた寸劇・実際の食べ比べ・クイズ大会が開催されていました。

P1120548  

こうしたところ一つ一つで、有機野菜に関する知識を深め、
中国国内に有機野菜の存在感が広がっていけると嬉しいですね。

最後に、有機野菜と普通の農薬を使った野菜の違いを・・・
1.有機野菜の方が長持ちする
2.有機野菜の方が茹でるとすぐにぐったりする
3.有機野菜の方が皮からぱりっとして食べ応えある
4.有機野菜の方が甘みがある

などなど。

最後に心わずかの募金を募金箱に入れたら、BEV-NET特製「エコバック」をくれました。

スーパーなどに買い物に行くとき、わざわざスーパーのビニール袋を使わずここに買った商品を入れていくことで、資源の無駄を省きましょう、というわけです。

日本では徐々に知られているエコバック。

これも中国ではどこまで浸透するかな?

さあ、中国もロハスの夜明け?

|

« 出た!HSK模試の結果 | Main | どうしても当たらない »

中国(ロハス)楽活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 出た!HSK模試の結果 | Main | どうしても当たらない »