« 東経120度西側よりの・・ | Main | 縁起カツぎでいざ!HSK! »

“トラウマ”“パニック”の「捨てる技術」

HSK試験まであと3日

いやあ・・・やればやるほど当たらなくなってきます。

ヒアリング。

こうなってくると、24問目がどうのこうのというトラウマ以前に
1問目から聞き取れなくなる“パニック”状態です。

で、このパニック状態に拍車をかけるのが、
職場での中国語利用率増加と比例して伸びれない自分。
今週は会議の招集や進行も中国語で頑張ったけど、
日本語できるスタッフがすぐさま正しい言葉で言いなおして
くれる始末・・・勉強にはなるけど、なんだか焦る。

一番辛いのは、日本語できる人に
「もっとヒアリングを鍛えて」とか「問題多すぎ」と
言われることよりも、日本語できない人
「シェンマ?」と言われたり首を傾げられて会話を
終了させられること・・・話、終わってないよ!

と、いうわけでパニック状態はどんどん悪化する一方
だったのだが・・・

開き直ります!きっぱりと!(^へ^)

自分の経験を活かして、こう考えることにしました。
プール監視員をやっていた時に取得した
「水上安全法(ライフセーバー資格の一歩手前?)」で
習った「パニック」の構図である。

1.パニックは、ライフセービング活動でよく登場する言葉。
 本来ならば何でもないはずの所で、急な環境の変化に戸惑い
 不安感に陥って悪循環を引き起こすこと。
2.海で溺れる時などは、まさにこのパニック障害の最中で、
 不安感・恐怖感で体に力が入るからますます沈んでいくのである。
 もがくことをやめて体の力を抜けば浮かんでいられるので
 まずは溺れ沈むことなどないのである。

改めて書いてみると「なるほどなあ・・・」なんて
気持ちが生まれ「じゃあ、慌てることをやめて普通に
聞いてればいいじゃん」という発想に変わるのだ。

これでトラウマもパニックもおさらば!

・・・なんてことをあと3日間は考えるようにします。

明日で、毎日通っていた地球村のHSK特訓授業もおしまい。
終わったら隣の「ばんり」で、でかいトンカツを食べて

P1050079

「試験に勝つ!」

P1050207

縁起カツぐぞ~♪

|

« 東経120度西側よりの・・ | Main | 縁起カツぎでいざ!HSK! »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 東経120度西側よりの・・ | Main | 縁起カツぎでいざ!HSK! »