« 【中国楽活】ロハ・・・オ、シティへ行ってきた | Main | 突っ込みどころ満載の映画館 »

こんなところで中国人とヨンチェイス(!?)しなくても・・

行きつけのジムへ行き、早速プールへ。

体力維持のためには、やはり小さい頃から続けている水泳を定期的にやることが一番!と決めている私の、週に1度程度の日課(いや、週課)である。

しかし、こと中国では本当に泳ぐモチベーションを下げることに良く出会う。

この日も、4コースしかないプールに、1コースあたり2名か3名が泳いでいる。

もっともスムーズに泳げそうなのは・・「長距離用泳道」と書かれているコースだが、そこで泳いでいる人が2名そろって、

左側通行している!

しかも2人ともノロノロで泳法めちゃくちゃな平泳ぎ。

なんでやねん!通常プールのルールは「右側通行」だろが!看板にもそう書いてあるだろが!

そう。このジムに限った話かはわからないけど、中国人にはまだプール場でのマナーやルールがちゃんと浸透していないらしく感じる。

自分が遅いと思う人は、早い人がいつでも抜けるようにと気を使って左側を泳ぐ傾向にあるが・・・

これ、実はありがた迷惑な話である。

だって、左を泳がれていたら、たった25メートルのプールでターンした時にぶつかるし、変な気を使うではないか。

遅くても右を泳いでいれば、こっちは適度に間隔を開けてスタートするし、抜くときも車のように追い越しするし、ターンの場所で気を使うなどいろいろできる。

で、服務員に

「他メン不対(彼ら、違う)」

と伝えて注意してもらうように促すと、1人がプールを上がって去ってった。

逆に有難い。一人だけに気をつけえばいいのだから。

というわけでスタート。

左を泳いでいた一人が、ちゃんと右を泳ぐようになったので、スムーズに追い越しながら泳ぐことができる。

・・・200メートル経過。

対向車線に、また一人泳ぐ影が登場。

ああ、また一人増えた。しかもまたのろい平泳ぎだ・・

仕方ない。2人と泳(ヨン)チェイスだ。

って思ったときに、一人の頭が私の目の前に!

こら!また左を泳いだな。遅いもの同士で気を使ったのだろうけど、反応も鈍いじゃないか!

こっちは2人相手にクロールですり抜け泳ぐ。

500メートル経過。

肩が動きやすくなってくるのはこれからだ。

と、今度は人の目の前を横切る泳者が・・・こらああ!プールでコースを横切るな!

と思ったら、またも左を泳いでいたらしいものだった。もう一人に気を使って左を泳いでいたのだろうか。・・・迷惑なやっちゃめ。

1000メートル経過。ここからが流して気楽に泳げるとき。

するとまた一人参入!今度はのろいクロールで泳いでいる。

適度に間隔を開けてスタートするものの、追いついてしまった。

すると、今度は自信があるのか気を使っているのか、急に速度を上げはじめた。

抜かれると覚悟したら抜かれる準備をせいっ!

結局敵が速度を上げたスピードよりも速く泳いでいた私はターン間際で追い抜き、一気にターンして差を開く。

1500メートル経過。

今日はここまでにしておいてやる!

ダウンの100メートルを流して退散。

ああ、こんなところでカーチェイスさながらの泳(ヨン)チェイスしなくても快適に泳げる場所、ないかなあ・・

|

« 【中国楽活】ロハ・・・オ、シティへ行ってきた | Main | 突っ込みどころ満載の映画館 »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 【中国楽活】ロハ・・・オ、シティへ行ってきた | Main | 突っ込みどころ満載の映画館 »