« ロサンゼルス気候(紀行?)9 | Main | 群馬を堪能する旅にも出た »

ロサンゼルス気候(紀行?)10

2月20日(+1が日本時間) 今日もちょっぴり肌寒い。

初日の夏日モードはどこへ行った!?

とはいえ、20度はあるだろう・・暑いものは暑い。

朝8時にLAX行きの空港バスに乗り(ホテル送迎)、ものの15分で空港へ。

空港カウンターで搭乗手続きを済ませ、荷物検査を通って登場ゲートが一杯並んだロビーへ。

はじめて、自分で洋食を外食。「ルート66」の看板が並ぶアメリカ南部風の店でブリトーを購入。これまたでかい!

P1140328

ここでやっと、テーブルの上にチップつきの御代を置いて店を出るという「きわめてアメリカン」式な会計をする。10.8ドルの食事に12ドル置いていったけど妥当だっただろうか・・

まだ、飛行機に乗るまで時間があったので、小銭を全部使おうと数えると、1.95ドルある。

近くのスターバックスは一番安いコーヒーが1.89ドル。間に合う!と思って購入すると・・

「2.03ドル」げげ、税金だ!

持っていた小銭を全部出して、「ごめんなさい、これしかありません」という仕草を取ると、店員さんは笑顔で

「OKOK!」

や、さ、し、い・・・アメリカの店員さん、そういえばどこでもスマイルを見せてくれたな。この辺中国とは大違いだ。

おかげで、小銭はすべて使い切った。あとは出国審査をして飛行機に乗るだけ・・

・・・出国審査をして・・

・・・あれ?

もう目の前に登場ゲートがある。

これって、もう飛行機に乗るだけ、って意味だよね・・

そう、ここでパスポートを開いて気がついた。

最初に空港について、搭乗手続きを行った時点で、出国審査は終わっていたのだった。

入国時に付けられていた滞在証明が切り取られていたのだ。

何はともあれ、飛行機に乗り込むこと無事に終了。

定刻どおりに飛行機はフライト。

さらば、ロサンゼルス、さらば、アメリカ。

帰り道、太平洋を横断するのかと思いきや、気流の関係か何かで飛行機はぐんぐん北上。

ヨセミテ→カナダ→アラスカ→ベーリング海峡を越えてロシアを南下→成田

P1140361

(どこだよこの雪山・・・)

というルートで実に1日半ものフライト・・いや、実際の飛行時間は12時間。

日本時間にすると、1日追加して21日。

なんだか私の人生、2007年2月20日という日がないみたいでなんだか寂しい・・

そして帰ってきた日本。いや、ニッポンはまだましかもしれない。

ひとまず、日ごろ殺風景でかつ寒い風景がごちゃごちゃしている北京と違って、開放的な青い空のロサンゼルスは、気分転換になった。

そして・・・私の心に、いくつかの「何か」が芽生えたのであった。

この続きは、いつかまた。

P1140366

行きの時1つだけだった荷物は、いつの間にか2つになっていました。

|

« ロサンゼルス気候(紀行?)9 | Main | 群馬を堪能する旅にも出た »

海外旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ロサンゼルス気候(紀行?)9 | Main | 群馬を堪能する旅にも出た »