« 第1回 『北京さだまさし研究会』 発足! | Main | ロサンゼルス気候(紀行?)2 »

ロサンゼルス気候(紀行?)1

成田空港から9時間あまり。

太平洋を横断して、着いたところは・・・アメリカ大陸。

これまでアジア圏しか行ったことのなかった私には、英語圏というのはまったくもって未知の世界。

どんな世界が待っているのか、本当にドキドキo(^-^)oの旅路であった・・

東へ進路をとっていたので、午後3時に出発した飛行機はあっという間に夜になり、大陸が近づいてくるにつれ、朝日がものすごい勢いで昇ってきて・・着いた時は・・・「朝7時」

日本にいたら、その頃は「夜中の12時」

つまり、寝る時間に起きた格好になってしまったので、私はこの日徹夜で新しい一日を過ごすことを余儀なくされることになったのである。

これも、地球の裏側に近いところまで来た最初の試練。

でも、だからといって仮眠するわけでもなく、短い滞在時間を存分に堪能しようというわけで・・・速攻観光には繰り出すわけです。

が、まずは到着後の入国審査。

指紋と顔写真を撮られていくつか質問。ここでは面倒なことを避けたいから、全部「Yes」で通せるところは通そう。

「Sight seeing?」

「対・・・あ、Yes」

「You back to JAPAN?」

「(中国、と言いそうになって・・)・・・Yes」(だって本当だもん)

「How many days are you going to stay?」

「Yes!・・あ、(五天、いや、)Five」

相手は何の違和感も感じず(^^;、難なくクリア。

外国語を話そうとすると、最近どうしても中国語が出てきてしまいます。

この5日間、頭の中を英語に切り替えないと大変です・・・

でも、入国審査は厳しいのか、何度もやり直しをさせられる人もいたりして、こんなとき英語ができない身としては苦労しそうだな・・と、しみじみ。

そして、入り口を出る前に、今度は荷物検査。

検査の人、私の荷物を見るなり一瞬不思議そうな顔をして、一言。

「Only One?」

「Yes,This only」

「How many days are you going to stay?」

「Five!(にっこり)」

「OH!」

で、クリア。

そんなに驚くことなのかな・・・?

5日間の荷物がいつものディパック1つだったってことに・・・

P1140060

|

« 第1回 『北京さだまさし研究会』 発足! | Main | ロサンゼルス気候(紀行?)2 »

海外旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 第1回 『北京さだまさし研究会』 発足! | Main | ロサンゼルス気候(紀行?)2 »