« イトコ、キタル!2.北京のマナー編 | Main | 銃声と帰省 »

イトコ、キタル!3.血のつながり編

さて、従姉妹に限らず来る人皆に聞いていることがモウ一つ・・

「食べたいもの」である。

そして皆と同じように、従姉妹も「中華料理なら、何でもOK」

との返事。

中華料理にも色々あるので、現場で行き当たりばったり
行き着く店をあれこれ考えて紹介しました。

そんな折、偶然この日程の間で「北京埼玉県人会」が開催。
従姉妹は埼玉とは縁がないのですが、一緒に参加させて頂きました。
中華料理の店が会場だったことも好都合(・・・?)

中華といえば、大皿をみんなで囲んでワイワイやるもの、というスタイルも体験できて、良かったのではないかと思います。

隠れ家のような場所にある桂林料理、すごいおいしくて15人以上いた参加者みなさん大満足でした。

で、みなさんに「イトコです」と紹介したところ・・

そのとき頂いた複数の方の感想は・・・

「似てないですね」
※似てますね。というコメントはありませんでした。

あな、遺伝子。血のつながりはあると言えど、
彼女は義理の伯母さん似なので、義伯母さん側の
従姉妹には似ていると言われるそうです・・・

して、ワタクシはというと・・・どっち似か不明。
両親がこれまでに話した評価によると、
「背の伸び方は母似だね」
「足の小指の爪が死んでいる所は父似だね」
だ、そうですが・・・これでは今現在、
皆様に面と向かってどちら似なのかを説明できません。

ひとまず、義伯母さんに似ていないことだけは確かです。
当たり前ですね(自爆)

ちなみに、父同士が兄弟関係の従姉妹なのですが、
従姉妹家族は4人で血液型が4種類
我が家は4人で全員B型
でも、これがある意味で両家とも全員「行動バラバラ」だそうで・・・
この辺は「似たもの家族」のようでした。

あな、遺伝子(っていうかな?)

それにしても、血のつながりって不思議ですね。
我が家の父の家系には、祖父以前の記録がなかったのですが、
先日、父と伯父さんは自分達の祖父(私の曽祖父)が
どこで何をやってた人なのかという情報を掴んで喜んでいました。

血縁関係の糸を手繰り寄せて、めぐり合うのも、
血のつながりを実感するようで嬉しくなる・・・
そんな気持ちは、なんとなくわかりますね。

ひょっとすると、私の先祖をもっと辿っていくと、
この日記を読んでいる「あなた」とも
血がつながっているかもしれませんぞ(やめてくれ!って?)

|

« イトコ、キタル!2.北京のマナー編 | Main | 銃声と帰省 »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« イトコ、キタル!2.北京のマナー編 | Main | 銃声と帰省 »