« 「日中スーパーライブ in 北京」観戦記 | Main | 【中国楽活】風姿花伝でロハス的中国茶♪ »

和楽器はロハスかロックか・・・

さだまさし(爆)

失礼しました…ステージの迫力が似ていたので…

えー…

昨夜は、北京在住の日本人の間でにわかに囁かれていた
国際交流基金会主催の「凛(RIN)」ライブに行って来ました。

琴、三味線、尺八、琵琶、など和楽をあしらった女の子3人組ユニット。
音楽は彼女達の創作も多く、和楽器なのに現代風の音楽もアレンジ
(アメリカ公演ではスティーヴィー・ワンダーも演奏したとか)

人で埋め尽くされた会場は日本人よりもはるかに中国人の方が多く、
みんなを感動と興奮の渦に巻き込んでいました。

火曜日のライブといい、どうやって集めたのかと不思議なほど、
日本に関心のある人たちがたくさん来ていた印象です。

日本の持つ「美」、それが中国をルーツに持つ「兄弟愛」を
彼女達は説明していました。こういうところでも日中親交?
中国の人たちも、日本の和楽器の良さを認めてくれてました。

そうそう、三味線の出番が1曲しかなかったのは残念。
三味線だけ、大陸をルーツに持たない日本独特の楽器だそうで
この音色を聞きたかったと言う関係者もいました。そうなんだー。

ステージでは圧巻の雰囲気をバリバリ出していたこの3人、
打ち上げで雑談をすれば、普通の女の子という印象。
かわいいしゃべり方で、「どうやったらこの子達があの
迫力のステージを作るんだろう・・」とこれまた感激。

思わず・・12時過ぎまで打ち上げに参加してしまいました。
一方でロハスな音楽家探索に励む私、昨日は会場にいた
中国人アーティストも紹介して頂き、これも一歩前進?

で・・・
「私も和楽器を何かやろうかな」と、考えつつも同じ頭で
「でも、この子達5歳の頃から習ってるんだよな」と、
プロになることは諦める(当たり前?)自分がいました。

P1140487 7

迫力のステージを一枚

|

« 「日中スーパーライブ in 北京」観戦記 | Main | 【中国楽活】風姿花伝でロハス的中国茶♪ »

中国(ロハス)楽活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「日中スーパーライブ in 北京」観戦記 | Main | 【中国楽活】風姿花伝でロハス的中国茶♪ »