« 黄河を求めて⑬銀川4 | Main | 黄河を求めて⑮おさらい »

黄河を求めて⑭銀川~北京

あれほど

「北京帰ったら、絶対マッサージに行こう!」

と誓っていたのに、快適なベットで一晩寝たら疲れが取れた。

いやあ、若さっていいね♪

という訳でこれまた快適な朝食バイキング。

料理の種類も豊富でおいしい。とはいえ、あまり食べてこなかった旅路なのでいきなり食べすぎも良くないから、と粥と豆腐脳(豆腐を崩したようなもの)、少しのおかず、フルーツで終了。

7時40分にチェックアウトを済ませ、歩いて10分ほどの民航大厦へ。

ここから、8時半発車の空港バスに乗る。

途中でまたもや黄河を渡ったので、最後の記念にビデオカメラを回し・・

ついでに銀川空港でもカメラを回す(こらこら)

飛行機のチェックインを済ませ、セキュリティチェックへ・・・

すると、手荷物のワインが引っかかった。

「これは機内に持ち込めません。交運してください」

と警備員が言うものの「交運」の意味がわからない。何度も反発し、「持っていく!」と主張すると警備員が、「楼下に行って、荷物を預ければダイジョウブ」と解説。

あ・・・そういうことだったのね、とバックにワインを詰めてチェックインカウンターに預け、一件落着。

ここでしか手に入らない「西夏王ワイン」だったので、没収されたらたぶん10日は落ち込んだと思う。

そうこうしているうちにフライト時間。

あいにく通路側の席なのでがっかりしていると、窓側席にやってきたのは、中年夫婦。

これはきっと通路側に座りたいんじゃないかな?と思って

「もしよければ、席を変えていただけませんか」

と言うと窓側席のおじさんがすんなり「OK!」

幸運にも、窓側席をゲットしたのでした。

そして・・本当は禁止されているけどフライトの瞬間、その後すぐに見えてきた「上空から見る黄河」をビデオ撮影し、飛行機はぐんぐん東へ。

ついでに、内モンゴル上空でも黄河を見たので一緒に撮影♪

上空からみる黄河なんて、飛行機にでも乗らない限り不可能。本当にラッキーだった。

機内食も、イスラム系の「牛肉面」

なんて言いながらマカロニみたいなパスタにちょっぴり辛い牛肉がまぶしてあるだけ。

でもおいしくいただきました。

定刻どおりに出発し、定刻どおりに北京へ到着。

悲しいけれど、「ああ、帰ってきたな」という安堵感も覚えたのでした。

(完)

|

« 黄河を求めて⑬銀川4 | Main | 黄河を求めて⑮おさらい »

中国国内旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 黄河を求めて⑬銀川4 | Main | 黄河を求めて⑮おさらい »