« 黄河を求めて⑭銀川~北京 | Main | 新光天地@大望路 »

黄河を求めて⑮おさらい

ご参考までに・・

【黄河の旅。費用その他数字の話】

でも、貯金が趣味なしみったれた奴ではありません。
もともとお金がないのです。

そんな私が追い求めた格安のつもり?“黄河の旅”
今後皆さんが同じような旅に出る場合のご参考まで
(って、いるのかなあ・・・)

・・・

1.費用(5月1日~5日までの5日間合計)

・食費  29元
・宿代  500元 
  1泊目は1時間だけの始発バス待ち「鐘点房」30元
  2泊目は西安の風呂なし招待所100元+鍵壊して弁償20元
  4泊目は自分へのご褒美5ツ星350元
・入場料 327元
  世界遺産(洛陽の龍門石窟80元と兵馬俑90元)が高い!
・土産  138元
・交通費 1562元
  内訳:
  550元(長距離バス6回分)
  10.5元(市内バス8回分)
  40.5元(済南市内のタクシー3回分)
  150元(銀川市内の交通手段これしかなかった)
  31元(銀川と北京の空港バス)
  780元(飛行機 銀川―北京)→交通費の半分がこれ!?
・その他 地図・トイレ・エアメール 10.2元

 合計 2566.2元(約38500円:1元15円計算)

 みなさん、これを高いと思うか安いと思うか、
 ご教示願います(今後の参考のために・・・)
 個人的には、飛行機代が1/3を占めているのが気になる・・・
 でも、上空から黄河を見られたのでラッキーでした。

2.これまでに訪ねた中国の省自治区直轄市行政区

 今回の旅で、5省1自治区を踏破したので、
 17箇所踏破! 全部で34だからこれでやっと半分!

 ・・・と、思ったら、
 甘粛省は、バスで通過しただけだった!
 みなさん、これはカウントしていいのでしょうか・・・

3.この旅で“普通に”食事した回数

 いかんせん、バスの中で過ごす時間が長かったので
 食べてないOr非常食だけの生活が続き・・・

 5日間で5食!?(だから食費が安かった、しかも2食は無料)
 ついでに市内を歩き回ったので、運動もOK!
 ダイエットになりました。

4.と、いう訳で・・・

 この旅でひとまず4キロの減量に成功!
  ※最終日に泊まったホテルの体重計調べ

・・・

あな、サイコロの旅。果たしてこんな結末で
いいのかどうか、みなさんどうでしょう。

中国5000年の歴史を生んだ黄河・・・

そこから生まれた漢民族というものを改めて考える機会にもなりました。

私は・・・

黄河に抗議したい(毒)

回族は客サービスもよく、どことなく日本人に似た雰囲気があって好きになった。

モンゴル族はこれまた日本人に似た言語と雰囲気を持つ。

しかし漢民族は、北京でなくてもどこへ行っても、日本人とは似て非なる者だということを、改めて感じた。

でも、これでいいのだ。

まず、「違うんだ」ということを自覚することが大事。

それは仕方ない。黄河が大陸に流れ始めたころ(いつだよ・・)から多くの国が生まれ滅び、陸続きになっている様々な外国が侵略してきた歴史を持つ中国。

日本では明治維新を謳っていたころから、人口は既に4億人もいた中国。

ロシアやアラブ諸国が分裂や戦争する様を近くで見てきた近代を過ごした中国。

日本とは歴史が違うのだ、それならば人格が違ったって仕方ないのだ。

そんな中国なのだ。

今度はどこへ行こうかな?

|

« 黄河を求めて⑭銀川~北京 | Main | 新光天地@大望路 »

中国国内旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 黄河を求めて⑭銀川~北京 | Main | 新光天地@大望路 »