« 描きかけの肖像画 | Main | とってもセレブな誕生日会♪ »

無くしたのは"ケータイ"じゃない

様々な佳境が幾重にも重なったとき、
混沌とした記憶は悲しい螺旋を描くように
事態を悪いほうへ導いていく・・・

はい、そんな風に記憶が曖昧な時、無くしました

えー、無くしたんです、これは事実なんですよ!
"ケータイ"を。。。(;;)

でも、携帯電話そのものを失ったことは、
あまりショックではなかったんです。

無くしたことに気づいた翌朝、速攻で同じ番号の
携帯電話を再び購入
できましたから。

しかも、使っていた機種は職場や取材先での
電波状況が滅茶苦茶悪くて使えなかったので
「買い替え時かな」と、思っていた所だったし、

SIMカードは中国移動(キャリアです)の営業所で
無料再発行してもらえたので番号も変更なし、

100元以上残っていたチャージ料金も継続したし、

みんなの連絡先は、名刺に携帯番号がある上
メールや会った時にかき集めることは可能だし、
※業務連絡:
 心優しい方は、私のいつもの携帯番号まで
 愛を・・・いえ、温かいSMSメッセージをください。

着メロに使っていた自作の「オンちゃん音頭」
新しい携帯でも作れることがわかった。

・・・

一番、残念・無念・心残りなのは、色んな人と
やりとりした「メール」がなくなったことなんです。

携帯のメールには、
自分の中国語文章を訂正したもらったものや、
転職した際にもらったエールの数々や、
その他思い出となる言葉が一杯詰まっていました。

これらは今「もう一度書いて」と送ってもらっても
送った人の気持ちや受け取るこっちの気持ちが
変わっていれば、当初の感覚は帰ってこない・・・

そんな話をすると「そんなメール残さないよ」
という人も複数いたけど、
私の中ではなんとなく寂しさが残りました。

・・・

ま、ケータイを無くした時に失った「言葉」は、
時間やしゃべった言葉が帰って来ないのと同じ。
一度発信したら、鳥のように羽ばたいてしまい
そこに留まっていないものなんだと捉えれば・・・

はい、今回ケータイを無くしたことって、
そんな大した問題じゃなかったんですね。

P1150256  P1150259
※写真はSIMカードを買った時の控え。
 これがあれば、無料で番号を復活できますので
 みなさんも無くさぬよう・・・

※速攻で買った新しい携帯。無くしたノキアは
 縁起が悪いと思って、今度はモトローラです。
 680元なのに写真付き&前回のより使いやすい。

|

« 描きかけの肖像画 | Main | とってもセレブな誕生日会♪ »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 描きかけの肖像画 | Main | とってもセレブな誕生日会♪ »