« ココログ問題!第2弾 | Main | さりげなく・・リニューアル »

がんばらんば!

・・・と、書いて何のネタかわかる人は、
何人か、くらいではないでしょうか?

そう、またやってしまいましたよ・・

「第4回北京さだまさし研究会」

タイトルの「がんばらんば」は、さださんの故郷・長崎の方言で
「がんばらなくっちゃ!」のような意味で、れっきとした曲名です。

「精霊流し」みたいな曲とはガラリと変わって、ノリがよくて、元気が出る歌。
みんなで歌って踊るのがコツです(踊りませんでしたが・・)

そんなさだまさし研究会を開催した某さんの家には、
さださんの著書とこれまでのCDがずらーーーーり。

ほんの数年しか住まないであろう仮の宿に、
よくぞここまで日本から持ってきたものだと感動する私。

しかしよく見ると・・報道に関する本も混じっています。

結果、ある思いがあって、さだまさしの本数冊と一緒に、この中の2冊をふと借りてきてしまいました。

・・・

ごくたまに、だけど、
報道という仕事に携わってきたこれまでの中で、

「報道に携わっている人が○○なことでどうするの?」

という指摘を受けることがあります。
もちろん、それは私個人の性格・人格の問題なのだろうけど、
でも、このたとえには、実は抵抗感を覚えます。

みんな、報道という仕事に就く人間にどんな期待をして、
なにをがっかりして、そういう発言になるのかな?と・・
私個人の人格に対して叱咤するならともかく、
報道を持ち出すのはなぜ?ここに携わっている人だって
人間なんだし、完璧ではないのに。

「報道の仕事」という巷のステレオタイプは一体何なのか?
と考えてしまうのです。

でも、どんな形にせよ、人がある程度の「期待」を
私に対して抱いているならば、それに精一杯応えたいし、
自分自身では、「報道」という仕事に携わっているからには、
という「責任感」はあるし、それを常に心に留めながら
仕事したいし、しなければならないのは根底にあります。

だからこそ、そんな時ふとこの2冊を見つけ、 持ち主が
ベテラン新聞記者で、かつ「これは俺のバイブルだから」と薦めてきた日には
・・・ということで、借りました。

取材対象が、たとえ安倍総理であってもさだまさしであっても、
どんなベテランになっても、根本的なことは忘れてはならない。

では、果たしてその「責任感」「根本的なこと」とは何ぞや?

改めて、本を読みつつ仕事の見直し&新鮮なエキスを摂り込みます。

私ももっと「がんばらんば!」

夏を前にして、北京を去る人たちの送別会シーズンが到来しています。
みなさんも新しいステージで「がんばらんば」!

|

« ココログ問題!第2弾 | Main | さりげなく・・リニューアル »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/15413412

Listed below are links to weblogs that reference がんばらんば!:

« ココログ問題!第2弾 | Main | さりげなく・・リニューアル »