« 日中文化懇談会:日中著名人が大集合 | Main | 心を打つ人 心を打つ文章 (会社で読んではいけません) »

これも中国楽活?大山子芸術区で『美麗新世界』開催!

混沌とした世界の中で、
「新しい世界・美しい世界」を創造する。

P1010193_2

9月25日から北京市大山子芸術区「798」で、
34人の日本人アーティストによる芸術祭
『当代日本視覚文化:美麗新世界』が始まりました。

日本人アーティストがここまで大規模な芸術イベントを
北京市内で開催するのは、初めてだそうです。

主催を務めたのは、国際交流基金会と六本木ヒルズにある
森美術館の片岡氏をはじめとする3人のキュレーター。

で、今回のテーマである「新しい世界」「美しい世界」を、
果たして34人のアーティストはどのようにして
自分たちの作品で表現するのだろうか。

中に入ると・・・びっくりです。

P1010130_2   P1010139_2

大山子芸術区の中にある3つの会場をふんだんに使って、
壁から地面から天井から、ありとあらゆる場所に
作品を展示、体感的に楽しませてくれました。

私が取材した24日は事前のメディア発表会だったので、
キュレーターの片岡氏が作品一つ一つを説明して
くれていたのですが、背景を聞くとより作品への思いが
汲み取れて、わかりやすくなりました。

会場には、実際に作品を作ったアーティストの方もいて
中には開催期間中もずっといらっしゃる方もいるそうです。

一見しただけでは、美術作品って奥が見えないので、
アーティストさんたちは開催期間中、お客さんに
何度も何度も同じ説明をさせられるんだろうな・・

その作品たちのコンセプトは、
「新しい世界を生み出す」に基づいて、
「今、あるものを使って新しい物を作り上げる」

なので、環境問題などにも注目することになります。
古くなった台所用品や日用大工を使ってDJ台を作り
音楽を披露する人、
北京市内を歩き回って廃材や中古雑貨を集めて
新しい家具を作った人、
エコバックを使って洋服を仕立てた人、
様々なジャンルにわたったクリエイターたちが、
新しい世界を生み出す、というコンセプト一つで
同じ空間に集まっているのも、面白いです。

P1010158_2  P1010172_2

そして、ちょっとドキッとしたのが、東京画廊を会場とする
「世界の終焉と未来世界」のコーナー。

会場をプロデュースした矢野部健二氏は、
チェルノブイリを訪れ廃村と化した村や散乱とした子供の
おもちゃなどを見て、自分の作品でこうした世界を訴えたいと
思い、今回の会場を作ったそうです。

これもまた、「新しい世界」です。

放射能量によって、立ち上がる赤ちゃんのオブジェ。

インパクトありまくりです。

P1010169_2

最後に、キュレーターの片岡さんに、今回の
「新しい世界・美しい世界」というコンセプトを
設けた経緯を聞きました。

「今の日本ってどうなんだろう、と思ったのがきっかけです。
新しい未来に輝いている中国に比べ、日本は既に成長期を
終えて安定期に入っています。そこに、新しい未来を想像
できなくなっているのではないか、そして日本の未来はどう
なるのだろうか。
こうしたことをテーマにおいて作品を作るアーティストたちを
今回は中国に招いて、日本の現状と、その中でも
新しい世界を創造しているんだってことを伝えたい。
そして、70年代の日本を彷彿させる中国でこうした姿を見て
もらって、今後日中に限らず個々はどのようにしていきたい
のかを、想像してもらいたいと思いました。」

『美麗新世界』は、9月25日から10月21日まで開催。(月曜日休)

未来の世界について、新しい発想を提案するアーティストに
刺激を受け、自分たちのヒントにする、いいきっかけになりそうです。

秋なんだし、芸術作品に触れることで新しい知恵をもらって、
日本の政治家たちも混沌から抜け出してもらいたいですね。

|

« 日中文化懇談会:日中著名人が大集合 | Main | 心を打つ人 心を打つ文章 (会社で読んではいけません) »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/16567834

Listed below are links to weblogs that reference これも中国楽活?大山子芸術区で『美麗新世界』開催!:

» 日本のビジュアルアート展、25日に開幕 [北京メディアウオッチ]
       日本の現代ビジュアルアートを紹介する大型展覧会 「美麗新世界」 (ビューティフル・ニューワールド) が、9月25日から北京で、つづく12月25日から広州でそれぞれ開催される。  日中国交正常化35周年の日中文化・スポーツ交流事業の一環で、現代日本を代表するアーティスト34人の絵画、写真、インスタレーション、漫画、映像など、さまざまなジャンルの作品が展示される (主催・国際交流基金、中国中央美術学院など)。 日本の現代アートが、これだけの規模の大きさ、ジャンルの広さ、内... [Read More]

Tracked on September 28, 2007 at 01:48 PM

« 日中文化懇談会:日中著名人が大集合 | Main | 心を打つ人 心を打つ文章 (会社で読んではいけません) »