« 無難に英語を勉強した方がいいと思う・・・ | Main | 隠し味は○○○ 北京で初めて『たこ焼き』作った »

北京くんだりで、初めて『歌舞伎』を観た夜だった

「日本語」の字幕が欲しかった・・・
中国語ばっかり、ずるいぞ(当然だけど)

北京に、『近松座』という歌舞伎団がやってきたので、
5日に観に行ってきました。
このあと上海・杭州・広州でも上演するそうです。

歌舞伎っていうと、イカツイ顔したヒト
女形と言われるヒトの、あの独特な踊りを
想定していたんだけど・・・

「劇」もあること、今日初めて知りました。
でもやっぱり、三味線や太鼓に合わせて、
歌舞伎独特な動きをしながら演じていました。

でも、スーパーシティ8月号を片手に観ていなかったら、
多分ストーリーも分からなかったと
思うほど、
台詞が古典的で、聞き取れなかったです。

歌舞伎の世界って、さすが400年の歴史!
謎が多すぎる・・・

ついでに、

今回の団長である坂田藤十郎と
中村玉緒が兄弟
だってことも、初めて知った。

まったくもって、謎である。

で、上段と脈絡ないけど、
やっぱり歌舞伎の真髄を突くのは、難しい。
歌舞伎って、日本の○○○だと思う。

ひとまず、新鮮な夜でした。

|

« 無難に英語を勉強した方がいいと思う・・・ | Main | 隠し味は○○○ 北京で初めて『たこ焼き』作った »

日中コミュニケーション関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/16356271

Listed below are links to weblogs that reference 北京くんだりで、初めて『歌舞伎』を観た夜だった:

» 松竹大歌舞伎、近松座 北京公演に行ってきました。 [吉川すみの北京アナウンス日誌]
 休憩時間に。 9月4、5日に北京・保利劇院で行われた歌舞伎の初日公演に行ってき... [Read More]

Tracked on September 09, 2007 at 06:52 PM

« 無難に英語を勉強した方がいいと思う・・・ | Main | 隠し味は○○○ 北京で初めて『たこ焼き』作った »