« 【滑稽節紀行・4】アモイ→ホンコン・スッタモンダ(フェリーもバスもあるのだが・・) | Main | 【滑稽節紀行・6】有名観光地でさえ、スッタモンダ!? »

【滑稽節紀行・5】香港へ来て感じた「時の流れ」

香港へ入った深夜バスは、九龍を通って香港島へ。
いくつかのバス停で乗客が降りて行き、終点の
「北角(パッコーン)」へ着いた時、
最後まで乗っていたのは私一人・・・(^^;

大陸の携帯が使えなかったので、運転手さんの
携帯を借りて知人に連絡。ある程度の場所を確認して、
運転手と別れて通りを歩いていくと、
向こうからやってきた人が、「KOMAさんですね」。

実は知人の方とは、ここが初めての出会い。

「なんでわかったんですか!?」

「いや、ビデオカメラを持って歩いているから」

あ・・・そうていば、私の手には存在感のある
ビデオカメラが握られていた。

何はともあれ、うまく出会うことができ、香港観光へ。
まずは島から船に乗って半島の方へ渡り、
「チムサーチュイ」のジャスコで本屋と100円ショップを物色。

P1010618

船に乗って上陸すると・・また船!?

店の内部は、日本とおんなじ!ここ、本当に外国!?

しかも昼ごはんは、しっかり「まぐろ丼」
海を見渡す香港だからって、すばらしい!

しかし、

「香港・ステレオタイプ」の
「看板がじゃかじゃかぶら下がった所」や、
「2階建てバスが狭い道路を流れる所」は、
残念ながらイメージどおりに観ることができず・・・

P1010632_2 ちと、イメージぽいのを。

看板も、セブンイレブンやらケンタッキーやら、電飾ピカピカでイメージが・・

香港、時代とともに、そして中国領に戻ってから
いろいろと昔の面影を消しつつあるのかなぁなんて
寂しさも覚えたものなのですが、

単に、そういう場所(看板じゃかじゃか)の「九龍(カオルーン)」などへ行かなかっただけ、らしい・・・

何はともあれ、香港は都会なのである。

P1010621

25年前に、わが父が香港へ社員旅行で行った。
父は、今でも同じ風景が広がっていると思っているらしく
私が"北京"へ行く時でさえも、「街角はなあ・・」などと言った。
写真を見せて、驚いてもらおうかな。

|

« 【滑稽節紀行・4】アモイ→ホンコン・スッタモンダ(フェリーもバスもあるのだが・・) | Main | 【滑稽節紀行・6】有名観光地でさえ、スッタモンダ!? »

中国国内旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/16835854

Listed below are links to weblogs that reference 【滑稽節紀行・5】香港へ来て感じた「時の流れ」:

« 【滑稽節紀行・4】アモイ→ホンコン・スッタモンダ(フェリーもバスもあるのだが・・) | Main | 【滑稽節紀行・6】有名観光地でさえ、スッタモンダ!? »