« 【滑稽節紀行・8】世界遺産なんですよ | Main | 【滑稽節紀行・10】人のつながりは大陸を越えて・・・ »

【滑稽節紀行・9】シンセンフェリー・スッタモンダ、で帰還?

このコースを旅先で選ぶ人もあまりいないと思うけど、
おそらく、マカオへ行く人の内25.7%くらいはいそうな
気がするので備忘録(前2回も、立派な備忘録です)

10月5日

2日から続いたアモイ・香港・マカオの旅も、
いよいよ終わり・・・となると淋しいなあ。
しかし、そんな私の意向を汲んでか、
なかなか順調には帰らせてくれないのが中国。

シンセンから飛行機で北京へ帰るため、
マカオから船で直接向かうことにした私。

時刻表を見ると、
14時発の船に乗れば、時間的に余裕で空港に着く。

案内してくれたHさんによると、
この船乗り場は観光地の中心・セナド広場の噴水から
歩いて10分というので、時間ギリギリまで観光したり
名物の牛乳プリンを食べたりして、
のんびり13時40分ごろに港へ到着。
P1010788 やはりポルトガル?

しかし、着くなり目に飛び込んできたのは、想定外の行列!
そして、トロトロ発券作業をするお姉ちゃん。
P1010789

チケットを購入した時は既に13時50分。
これまた無愛想にお姉ちゃんから、
「14時発のチケットはありません」と言われ、
次の16時半発のチケットを購入することに・・しかし、

船の走行時間は80分なので、港に着くと18時。
入国審査などを考えるとプラス20分。
港から空港までのタクシーは・・・遠いと聞いたので30分以上。
人ごみでタクシーに乗れないだの、夕暮れの渋滞だのがあると
考えると・・・絶対アウト!

ここまで、なんとか移動して来れたのに、最後の最後で
「北京へ帰れないかもしれない!」なんて事態が!?

そこでHさんの提案「14時の船に乗れるように交渉してみたら?」
そうだ、こうなったら、飛行機に間に合わないことを
アピールして、なんとか14時の船に乗せてもらうしかない!
まだ船は出ていない。

乗船口で、飛行機のチケットを広げながら懇願開始。
「16時半の船に乗ったら間に合わないから、
乗せてください!お願いします!」
入口のお兄さんが広東語で反論するのを普通語で必死に説得。

・・・と、「だめだめ!」言われながらも
係員のお兄さん、最終的には折れて門を開いてくれた!

おお!お兄さんが天使に見える!!・・はずはないけど、感謝!

Hさんへの感謝の挨拶もそこそこにダッシュ。
出国審査も極めてシンプルに、船に飛び乗った。

結局、やはり船は10分以上遅れて着くし入国審査も長いし、
空港までのタクシーは45分くらいかかったので、
14時発の船に乗ったことは正解という結果でした。

・・・とはいえ、まあ、結局、実は、

飛行機のフライト時間が1時半半遅れたのですが(とほほ)

そんなこんなで、無事12時には自宅着。

今度は、飛行機にしろバスにしろ船にしろ、
バタバタしない旅になるといいな。

|

« 【滑稽節紀行・8】世界遺産なんですよ | Main | 【滑稽節紀行・10】人のつながりは大陸を越えて・・・ »

中国国内旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/16875200

Listed below are links to weblogs that reference 【滑稽節紀行・9】シンセンフェリー・スッタモンダ、で帰還?:

« 【滑稽節紀行・8】世界遺産なんですよ | Main | 【滑稽節紀行・10】人のつながりは大陸を越えて・・・ »