« 北京生活、『丸2年』です | Main | 【滑稽節紀行・前哨編】ポルトガルへの誘い »

【読書】恋しい秋に『さよなら、ビビアン』

35573581thumbnail_2

『さよなら、ビビアン(原著:告別微安
 著者:アニーベイベー 翻訳:泉京鹿)』

手に取った瞬間から、引き込まれるような豊かな表現力に惹かれ、一気に読んでしまいました。

「現代中国を読む」なんて意味においても参考書になるかもしれないので、ここでつらつらと感想を書いてみたいと思います。

まず、私が読むとストーリーは、共感しまくりです(;;)

上海を舞台にしたラブストーリーなのですが、
読みながら、反省・共感・涙に心を捕らわれました。
30代も2年を過ぎているのに、まだ人間として
完成にはほど遠い私。まだまだ勉強することが多い子供なんですね。

で、これは、ただの恋物語を読むのではなく、
現代中国の若者像を垣間見るっていう風に読むと
客観的に今の中国を感じ取る一つのツールになるかも。
インターネットを使った背景をはじめ、
その生活風景や行動、言動などなど、具体的です。

そして、引き込まれた表現力に感服!

小説家を目指す訳ではないけれど(なに言うか・・)
技巧としての「文章表現力」に引き込まれました。
「原作(中国語)はどんな表現しているの!?」と
思わず本屋へ駆け込み、原書を購入。
いやはや、こちらの表現力もかなり面白いです。

そして・・・

「読書の秋」とはよく言うものです。
寒さと共に人恋しくなるこの季節は、
本を踊る文字たちが、自分や友人の心を
客観的に写す鏡のように、心の中に染み込んできます。

原書を求めて訪れた本屋には、この著者・アニーベイベー(安[女尼]宝貝)女史の作品が目立つ所にいっぱい詰まれていました。

「告別微安」も50万部を超えたベストセラー作品なのだとか。

秋の夜長にお勧めの一冊です。

|

« 北京生活、『丸2年』です | Main | 【滑稽節紀行・前哨編】ポルトガルへの誘い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【読書】恋しい秋に『さよなら、ビビアン』:

» 泉京鹿さん翻訳「さよなら、ビビアン」  ~土とコンクリート~ [吉川すみの北京アナウンス日誌]
北京在住の翻訳家・泉京鹿さんの翻訳第6作目「さよなら、ビビアン」を読みました。... [Read More]

Tracked on October 23, 2007 03:13 PM

« 北京生活、『丸2年』です | Main | 【滑稽節紀行・前哨編】ポルトガルへの誘い »