« 北京はもう“春”いずれにしても“春” | Main | 「日本にいる皆さんごめんなさい」 »

まったく平和です。中国のテレビや新聞??

日本語のネットで第一報を聞いた。

「チベットで暴動。死者も」

そんな様子を調べようと、Googleに英語でその地名を打って検索ボタンを押すと、

一瞬、それに該当するページの一覧が出たかとおもったら、

「ページを表示できません」

その後、私のPCでは、しばらくGoogleに繋げることができなくなった。

・・・

CCTVテレビの新聞(ニュース)チャンネル、人民日報、新華社、ネット新聞を見ても、

それに該当するニュースは一切出てこない。

・・・

街角の「報刊亭」で並んでいる新聞にざざっと目を通すけど、

一面はいたって普通の全人代やら一般ニュース。

・・・

NHKの入る家で、ニュースを見ていたら、

そのニュースが読み上げられた瞬間に、

画面が真っ黒になったという。

・・・

そして17日夜―

一部メディアで報道がされるようになったらしい。

が、

「現地で、一部の人が暴力的な行為を行っている。解放軍は正義の武力で食い止めた」

という報道姿勢だという。

乱暴に中国国旗を燃やすチベット族の若者や、

商店を破壊するラマ僧の映像を流し、

「中国もこんな凶暴なやつら抑えるには、多少の暴力もしかたなかったんじゃないか」

と思わせるような番組運びだった。

・・・

一方で、世界中では積極的に報道している。

今日会ったドイツ人に話を聞くと、その報道量は日本以上に感じた。

まずこうした暴動が起きていることに、

そして、中国の報道姿勢に、

世界中が非難の声を上げ出している。

中国は、聞いているだろうか。

・・・

この事件が起きた本質はなんなのだろう、

と、思うと、その答えは、

今回一連の報道姿勢に、よく表れているような気がした。

五輪がどうのこうの、という以前に、

中国は、56ある民族や、広大な土地を統治するがために
混沌としているようにすら見えた。

http://www.china-nav.net/modules/yomi/rank.php?mode=r_link&id=729

↑中国ランキングに参戦?しました。
ちょこっと、クリック!よろしくお願いします。

|

« 北京はもう“春”いずれにしても“春” | Main | 「日本にいる皆さんごめんなさい」 »

中国関連ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/40542450

Listed below are links to weblogs that reference まったく平和です。中国のテレビや新聞??:

« 北京はもう“春”いずれにしても“春” | Main | 「日本にいる皆さんごめんなさい」 »