« ありえない!今どき"雪"の司馬台長城 | Main | 幻の滝「白龍潭」 »

司馬台の"ターザン"

ありえない司馬台の長城を堪能した後は、下るだけ。

P1070171 石が取れるのもありえない?

と、この長城、登り道では東9楼でギブアップした
じゃんすさんが、出発前から張り切っていたのは、

「滑り台で下りたい」

登る前から、下りの滑り台乗り場を地図で確認してたほど。

そんな訳で、帰りはてくてく歩いて滑り台乗り場を目指す。
地図を見ると、それと思われるものは、
東4楼まで西へ行き、やっと乗れても山の中腹までの距離。

※滑り台と言っても自分のお尻で滑るのではなく、滑り台をリュージュのようなソリ型の乗り物に乗って、一気に下るのです。

しかし、どこまで行っても滑り台乗り場は見つからない。
やっと、「滑索こちら」と書かれた看板を発見!

あ、これだ、これが滑り台だよ!

でも、なんだかヘンなものが・・・

あれは、なんだ!!

P1070162

ターザン・・

滑り台ではなく、なぜかターザンがありました。

その途端じゃんすさん、

「俺、これに乗る」

と、さっさとチケットを購入しているじゃあーりませんか。

という訳で、滑り台は止めて、全員こちらに鞍替え。
※結局なかったのではないかと思われます。

小龍さんの奥様が拒否されたので、
ご夫婦だけ歩いて下山することに。

しかし・・・川の上をずーっとロープ一本で下りていくなんて、
途中で切れたらどうするんだ?

とかいろいろ考えていたのですが、
足を固定するロープは係員にリュックごとがっちり締められ、
ロープにも"ぶら下がる"、というよりは"座る"という感じで安定。

いざ、スタート!!

003

あーああーーーっ!!サマにならないな・・・・

私は常に前を向いて行けたけど、
中にはクルクル廻ってしまった人もいたみたい。

あと、体重のある人はスピードが出ます。
係員は「二人で乗れば、スピードが出て楽しいよ」
と言っていましたが、それは既に下りたあと・・・

大丈夫大丈夫、リベンジで近いうちにまた来るから。

滑り台は実現できなかったけど、
ターザンでかなりご満悦のじゃんすさんが一言。

「今度来る時は、登りはできるだけ機械を使って、
下りる時はこれにまた乗ろう」

長城って・・・
自分の足で登ることに醍醐味があるんでないかい?

でも、全員それぞれの楽しみ方を組み合わせると、
上りも下りも「良いとこ取り」で楽しめました。
東13楼までの道のりも楽しかったし、
ターザンも楽しかったです。

で、8人全員が下り終わり、更にてくてくと下山して麓へ。
すると、麓には、小龍さんご夫妻が既に着いていました。

ごめんなさい。

車は一路、ガイドブックにも載っていない「白竜潭」へ。

また続く

|

« ありえない!今どき"雪"の司馬台長城 | Main | 幻の滝「白龍潭」 »

中国国内旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/40702388

Listed below are links to weblogs that reference 司馬台の"ターザン":

« ありえない!今どき"雪"の司馬台長城 | Main | 幻の滝「白龍潭」 »