« 四川省地震・・・北京でできること | Main | 黄花城-水に沈んだ長城へ »

「花かご」をオーダーメイドで作ってみた

普段参加しているバスケットボールチームで、
いつも皆を取りまとめてくれている代表E君
感謝しよう、と「感謝祭」を開く事になった。
 
と言ってもメンバーの1人がオーナーを務める
飲み屋で飲むだけなんだけど(--;

 
でも、私はこの日生憎旅に出るので、欠席。
感謝の気持ちはいっぱいなのに、罪悪感・・・
日付の相談とか、先にしてくれないかなぁ・・・
  
とはいえ、やっぱり感謝の気持ちは表そう。
感謝といえば、母の日の後だし、やっぱり
 
内緒で花かごなぞを会場に置いて皆を驚かそうと、
そこそこの値段でそれなりの物を保障できる(であろう)
華堂商場、日本で言う「イトーヨーカドー」へ。
 
地下1階の花屋で、花かごを探すものの・・・ない。
でも空っぽのかごと、いくつかの切花があったので、
この際、作ってもらうことにした。
 
でも、まともそうなのはバラとカーネーションだけか・・
カーネーションじゃ本当に母の日になっちゃうから、
じゃあ、バラで。

花かごにスポンジを差し込んでバラを挿す。
 
あの、お姉さん、
花かごからスポンジがめちゃはみ出てるんですけど・・
 
はさみでザクザク切って、スポンジを中に納めてもらう。
(普通、そうしない?)
 
そして、バラを高さに合わせて茎からチョキン★
あ”----、切りすぎ!!
お姉さん、スポンジに浅く浅く挿すつもりだったのか・・
もう少し深く挿してもいいよ。
 
「廻りに散りばめるかすみ草みたいなのはないかな?」
と、聞いたら持ってきたのは、黄色くちっちゃい花の草。
ちょっと違うけど・・・まあ、いいか
 
でもって5本のバラにかすみ草みたいなのを散りばめる。
ちょいちょい・・スポンジ丸見え状態なのに終了。
まだまだいっぱい残っているやんか!と、まだまだ挿してもらう。
 
全部挿したけど、周辺がまだ殺風景。
するとお姉さん、ここではじめて実力発揮!!
いかにも中国チックだけど、ヒラヒラのビニールを出して
花かごにくるみ、リボンでくるんで、完成!

スッタモンダしたけど、結果できあがったのを見ると、
それなりに見栄えが良くなりました。

御代は・・
■花かご 20元 
■バラ 4元×5本=20元 
■かすみ草みたいな草 10元
■スポンジ 10元 
■周辺にくるんだのビニール 10元 

■合計70元
・・・ま、1000円くらいでこの程度のものができれば上出来かな。
 
で、花かごを持って、会場となる日本酒居酒屋「吟」へ。
メッセージカードに代表君への熱い感謝メッセージを書き、
オーナーに託しました。

何を書いたかは内緒なのさ(By,小沢健二)
 
実は私、こういう隠し事&びっくりさせるの、結構好き。
果たしてE君は熱い涙を流してくれるのだろうか・・・

っていうような反応をくれれば嬉しいんだけど、
実はチームメンバー、反応は悪いんだよなあ・・・

そこだけが寂しい。果たして当日どうなることやら・・・

・・・

 

と、思って当日。

旅から帰って9時過ぎに会場へ行くと、

お花、隣のテーブルに移動されて放置状態!!

で、オーナーに話を聞くと、開始時間の時、

E君や皆は花かごには確かに驚いてくれたけど・・・

カードに日本酒がかかって、メッセージが読めなかったと!!

しかも、オーナーが「この花は、EMMYからのプレゼントです!」

と発表した時は、皆すでに酔っ払っていて「へぇ」で終わったと!!

しかもE君、酔っ払いすぎて花かごを置いて帰ってしまいました・・・
 

 

・・・ヒロシです(泣)

P1090519

こんな花かごをプレゼントしました。

案の定な反応の悪い人たちに、

どこまで演出すれば良いのか考えあぐねる毎日です。

|

« 四川省地震・・・北京でできること | Main | 黄花城-水に沈んだ長城へ »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/41225116

Listed below are links to weblogs that reference 「花かご」をオーダーメイドで作ってみた:

« 四川省地震・・・北京でできること | Main | 黄花城-水に沈んだ長城へ »