« [Team WEST 30's] 発足記念パーティー開催。 | Main | 1分間の世界 »

ブラックコーヒー紛争

P1100335

砂糖は2個でいいですか?」
と、無造作に砂糖のパックを2個トレーに投げつける。

「不、不要奶糖!(ミルクも砂糖もいりません)」
「不要マ?(いらないの?)」

と、今度はミルクを2個トレーに投げつける。

「だからぁ、不要奶糖!(ミルクも砂糖もいりません)」
「あぁ?都不要マ?(え?どっちもいらないの?)」

店員さんはきょとんとする…

毎朝行くマックで交わす、こんなやりとり。

中国社会にコーヒーが入ってきて日が浅いからか、
それともお茶にさえ糖分が入っていないと
売れないほど、甘い飲み物が好きだからなのか、

中国でコーヒーを買う時、ブラック派は苦労する。

映画館や公園、駅などの昔ながらの公共の場へ行くと
必ずと言っていいほど、コーヒーは「奶糖入り」
「有没有黒珈琲(ブラックはありますか)?」

と尋ねると、涼しい顔して・・・「没有」

スーパーで並んでいるインスタントコーヒーも、
瓶詰めのコーヒーを探すより一杯ごとにパック詰め
されている「奶糖入り」のインスタントを探す方が早い。

職場の同僚たちを見ると、それを購入しているか、
さらにその中に砂糖やら牛乳やらを入れている。
ブラックのまま飲むのは日本人と、
日本に20年住んでいた中国人社長だけ。

コーヒーの苦さには、まだ慣れていない方が多いようで…

そんなもんだから、まだマックやケンタッキーで
ブラックが飲めることはありがたいのである。
あと、05年に初めて北京に来た時よりは、
多少なりとも中国系のスーパーにもネスレのインスタント
コーヒー瓶が増えたし、日系のスーパーは増えたし、
おいしいコーヒーが飲めるカフェも増えたから良い。

だいぶ、中国も住みやすくなった…コーヒー面で(笑)

と、今日も朝マックでコーヒーとハッシュポテトの
セット5.5元(80円くらい)を注文してくつろいでいると…

横にいた、欧米人男性と英語でペラペラお喋りしていた
おばさんが、コーヒーのミルクを手にとって蓋を開け…

ミルクだけを一気飲みした!!

「!!!」

私は確信した。

やはり中国人は、甘い飲みものがお好き??

|

« [Team WEST 30's] 発足記念パーティー開催。 | Main | 1分間の世界 »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

日本もつい数年前までは、缶コーヒーに無糖やブラックは無かったんですよ。
ブラックで飲む方が、普通ではない。

ブラックだとカッコイイと気取っているだけなのでは?

それでもジャーナリストですかい?

Posted by: ミナミ | June 27, 2008 at 06:45 PM

ミナミさま

はじめまして。
今回は、中国に住む一日本人として、
日本との違いを楽しみつつも、生活上で
なかなかにして手に入らないものの不便さを
書かせていただいたものでございます。

気取っている、と捉えられたことには、
文章表現にも考えなければならないものがありますので、
今後気をつけます。

Posted by: koma | June 27, 2008 at 07:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/41632395

Listed below are links to weblogs that reference ブラックコーヒー紛争:

« [Team WEST 30's] 発足記念パーティー開催。 | Main | 1分間の世界 »