« June 2008 | Main | August 2008 »

ジュビロ磐田(U-13)と山東魯能の交流試合へ行ってきました。

新幹線(和諧号)に乗って行ってきたのはイボー

P1120124イボー・・・

もとい、

「wei(サンズイに維)fang(坊)」は山東省の
済南と青島のちょうど中間くらいにある、
ちょっとした規模の地方都市です。

軍の基地があるためか、航空機の音が
四六時中響き渡り、車産業の企業がゴロゴロ。
名産品としては、凧が有名なのか、
駅舎の中も凧がかざってありました。

この街にあるのが、山東魯能足球学校。

P1110987

鉢植えもサッカーボールがモチーフ?

全国から集まったサッカーの特待生を、
寄宿生で住まわせ、学校の授業と
サッカーの練習を同じ敷地内で行ってます。

サッカーコートが22面もあり、環境抜群!!

同じように卓球もあります。
中国の人気2大スポーツ・・・かな。

P1120042

博物館までありました。トロフィーがずらり。

今日はここへ日本からJリーグ・ジュビロ磐田
のU-13(13歳チーム)
が来中。中国山東省の
魯能U-13、韓国や中国各地のサッカーチーム
と一同に会し、交流試合です。

集まったのは、
ジュビロ磐田、韓国光州、北京越野、上海浦東、
重慶楊中、青島海利豊、山東魯能(U-13&U-12)

の8チーム。

P1120032 集合写真すごっ!!

4日間に渡って7ゲーム(ジュビロは6ゲーム)を
行いました。

山東魯能とジュビロ磐田のジュニアチームは、
06年8月から互いに行き来をして交流試合を
行っているそうです。

P1120008_2 白熱!!

P1120014 互角でした。

中国と日本、近い国同士交流を持つことで、
互いの国の個性や違いを出し合い、
切磋琢磨して成長しあっていこうという試み。

子供のうちから海外の人と触れ合える
環境があるって・・・いいですね。

こうした子供達が将来のアジアのサッカー界を
担っていくのかと思うと、楽しくなってきます。

五輪を前に、遠く山東省で盛り上がってきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

五輪まであと10日!という時の"北京駅"は!!?

8月1日に、北京南駅がオープンし、
素晴らしく近代的な駅舎になると言われているが・・・

7月29日現在の北京駅は、まだまだ
古きよき(???!)北京を残しているようです。

1.チケット売り場は行列&割り込み有。
私の前に、大きな荷物を持ったおばちゃんが
明らかに割り込みをしたので、
「排隊?!(並んで)」と2回繰り返した。

おばちゃん、「あぁ」と言ってすんなり
後ろへ行ってくれたので、
一応悪いことと判っているみたい。

2.あまり意味のない荷物検査で行列
「腰の荷物も通して!」
ウエストポーチまで外されて、検査機へ。
でも、誰1人ひっかかる人はいないし、
検査員も通せば満足という雰囲気。

だったらやらない方がスムーズに人は
出入りできるのにな・・・

3.未だにない「無糖」の飲料水。
なぜか、駅には「低糖」のお茶しか売っていない。
甘くて飲めないっていうのに・・・

仕方なく、水を購入。

4.改札口は飛行機の搭乗口みたい
出発時間のぎりぎりまで改札が開かない。
ので、乗客は入口で行列を作る(割り込み有)

本当に行列させるのが好きな国だ・・・

5.改札口はまだ鋏で切符を切る。
レトロだから、いいけどやっぱりここでも
入場は詰まる。

そして、そんな駅から乗ったのは、
中国最新の新幹線(和諧号)なのだから、

P1160095
 
面白い時代を生きているなあ・・・
 
 
  
と、しみじみ思うのでした。

でも、8月1日から、今度は更に早い快軌が開通。

天津と北京を30分で結ぶそうです。

・・・まもなく中国の火車事情も変わるのかな!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イボーでジュビロー

月曜火曜と、山東省のイボーという町で
ジュビロ磐田U-13と中国サッカー特待生
チームとの交流試合を取材することに。

スポーツ取材でも、サッカーは初めて。
楽しみ半分、不安半分。

試合、どこで撮れば格好よく映るかな?
と、今スポーツ記者の知り合いから
撮影のポイントを教えてもらいました。

ファインプレーを沢山ファインダーに
収めてくるつもりで行ってくるぞ!!

でも何より楽しみなのは日中の子供達。
元気に明るく触れ合うシーンが楽しみ。

五輪を前にして、スポーツは国際交流に
一役買ってくれることを実感してきます。

動く車で行きます。早起き頑張ります。

・・・

私も五輪を前にして、先週~この週末は
水泳、バスケ、テニスと運動三昧でした。

実際に体験して撮影シーンを確認したり
何事も、体力をつけると同時に精神力も
鍛えたいと思ってやってるんだけど・・・

悲しきかな、下手過ぎてそれ以前の問題。
まずは上手くなって、もっと楽しくやりたい!

克服できる、いい知恵はないものか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【動画】成都のパンダ観察日記

震災の影響などないかのように、パンダはみんな元気でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【動画】成都のパンダ観察日記(コメント)

ブログに動画を貼ってみました。

四川省地震から1ヵ月後の成都。

パンダは今日も元気です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【動画】地下鉄10号線のに乗ってみました

http://emmybbc.main.jp/ →ここに掲載

久しぶりにホームページをアップしました。

P1110902

6月1日と予定されていたのに気がつくと7月19日。
いよいよ地下鉄10号線が開通!!

北京市の交通の主要である三環路を通り、
五輪会場までの乗り換えも可能なこの路線。
北京市民の期待度も特大です。

と、いうわけで、さっそく開通当日から
3日連続利用してきましたが・・・

そんな様子を動画でお届け!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

こっそり告知!? 地下鉄10号線はまだ余裕あり

今か今かと待ち構えていた…土曜日の昼下がり。

あるサイトをクリックすると…

P1110897

今日だーー!しかも、1時間後!!

ビデオカメラを抱えて慌てて家を飛び出しました。

P1110899

国貿駅。1号線からの乗り換え口で。

北京市民が、期待していた地下鉄10号線がいよいよ開通。

P1110906 水色が10号線です

北京市を広くぐるっと廻ったコースは、
東南方面のJin松から、交通の要である東三環路の下を通って
西北方面の巴構(中関村より西)まで行くという壮大な規模。
将来はぐるり一周するまで繋がるといわれています。
果たしてそれはいつのことやら…

この路線には、1号線、5号線、13号線、に加えて
同じ日に新しく開通する空港直行モノレールとオリンピック会場へ
直通で行く8号線への乗換えができる便利もの。

新しい車両なんだから、きっと綺麗で快適
(でも開通直後は問題もたっぷり…?)ということを期待して
1号線で国貿駅へ行き、乗り換え口に出る

…1号線ホームに案内掲示がないぞ、おいおい。

国貿から双井までの1駅乗車。

P1110903 取っ手の形が可愛い♪

当日いきなりの告知で、お客さんは少なかったです。
ま、最初からぎゅうぎゅう詰めになっても困るので、
むしろガラガラの方がいいかもしれませんね。

椅子はこの時代でも硬硬座!?(2回繰り返しちゃう!)

P1110908 車内も硬けりゃ

P1110910 ホームも硬い

中国人は、硬い方が座りやすいのか、予算の関係か。

空調は快適。テレビでの駅案内は派手目だけど、いいか。

そして翌日曜日も利用

朝7時。双井へバスケットの練習に行くために駅へ。
すると、荷物を安全検査機に通すよう指示がありました。

朝の通勤ラッシュでも、検査するのか?気になる・・・

というわけで翌日も通勤で利用

朝7時。今度は団結湖駅から反対側の知春里駅まで利用。
13駅(全長のほとんどを通る…会社と家の距離を感じる)

バスのようなぎゅうぎゅう詰め大問題を想定していたのですが…

30分間、思ったより人はいませんでした。

乗り換えのある駅に止まるたびに、若干増えましたが、

始終、空間がたくさん残っていました。

初日はこんなものなのかもしれません。
問題は、これが定着してきた時にどうなるか!?です。

バスや1号線のようなぎゅうぎゅう詰めになるのは嫌だなあ…

P1110902 頑張ってね♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

北京の"アラフォー"

幼い頃から姉にくっついていたからか、
今でも年上の人にご縁の多い私。

北京へ来てからも、気がつくとよく一緒にいる方、
食事する方は年上の方が多い・・・と思うことしきり。

先週の土曜日も某姐さん宅へ引越し(させられた)
パーティーに参加すると、13人中年下は1人だけ。
でもって皆さん、はちきれそうな程の
最高級テンションで午後3時から夜中1時まで弾丸トーク^^;

楽しいのなんの!
なんでこんなに元気なの!?と・・・

ここでふと、以前話題になった
"アラフォー"という言葉を思い出したりした。

"アラフォー"
(Around40の略。40歳前後の世代のこと)

意味:
アクティブで経済的な余裕はあるものの、
情報をたくみに使いこなし自己の価値観に忠実。
"マスマーケティング"が有効に機能する世代と考えられている。
なのでこの層を狙った女性雑誌が多数創刊されている。

そして、日本では、このタイトルのドラマがヒットしたり。
http://www.tbs.co.jp/around40/intro.html

つまり、経済・消費の主導は今やアラフォーが握っている。
それに応じてか、精力的で元気のある世代もアラフォー。

そして、アクティブな人がいっぱい集まるここでは、
北京"アラフォー"さんの威力はそれ以上・・・ということ?

しかも北京は、女性だけに限らず
男性アラフォーの皆さんも元気いっぱい。

ある人の誕生会で、"羞恥心"を羞恥することなく踊って
話題を集めたのも、3人の北京のアラフォーさん。

そんな元気なアラフォーのお兄様お姉様に
食事を共にしては元気をもらっていますが・・・

じゃあ、"アラサー"な(!?)自分はどうなのだ?

私は割と、黙ってどっかに動いている人だから、
元気があるのかないのかは別として、
30代前半というのは、少子化がはじまり、
就職~その後10年以上氷河期を経験したひもじい世代。

このままでは、10年後に自分が"アラフォー"になった時は
この言葉は廃れ、社会には"アラファイブ"が誕生し、
経済の中心はまたも10年上になるか・・・

元気出せよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

結婚式で、従姉妹が増えてく!?

P1110570 指輪交換

7月12日
横浜で従姉妹の結婚式。
 
続柄で言うと、私の父の兄(伯父さん)の娘。
結婚式風に言うと、新婦の父の弟の次女・・・そりゃ私。

母方に従兄妹がいない私は、
父方の幾人かしか従兄妹はいないと思っていたけど、
今回の式場でなにやら驚きの新事実と謎が判明した。

従姉妹のお母さん、つまり私の義理の伯母さん。
この方はなんと7人姉妹(女7人です)
その7人に、それぞれ2人ずつお子さんがいらっしゃる。

つまり、14人。

義理の伯母さんは、伯父さんと同等にあたるから、
14人は私の従兄妹だという意見が出てきたのです。

でも、義理だから、従兄妹ではないという意見も。

色々飛び交ったので、気になって調べてみました。

Wikipedia(中国でも見られるようになりました)
親等図
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Japanese_Kinship.svg
いとこ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%9A%E6%9F%84#.E3.81.84.E3.81.A8.E3.81.93

・・・

おっとお!

最後の一文に、姻族は含まれない、とある。
ということは・・・従兄妹にはならないのか。

一気に従兄妹が14人増えると思ったのに・・・うーん残念。

じゃ、この関係はなんだろう?

"義理従兄妹"でいいかな?いいですか?

というわけで今回は、その7人の伯母さんと、
14人の・・・うち、関東に住む3人の義理従姉妹に会いました。
※義理の伯母さんも小樽の出身なので、
従姉妹軍団も北海道に住んでいる人が多いみたいです。

何はともあれ、
14人+父方の従兄妹の数、になった従兄妹軍団。

「遠くの親戚より近くの他人」
とはいうけれど、
「ふるさとは、遠くにありて思うもの」
という言葉もあります。

時折出会う、親戚との触れ合いもまた一考、ですね。

※どうでもいいけど、親族一覧を見ると、続柄って多いな・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%9A%E6%9F%84

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっぱり夏は甲子園!!・・・の、青春時代

実家にいます。

13日は、朝から母校・高崎商業の甲子園予選。
だったことを知らずに家でテレビ中継を見て初めて気づく(汗)
 
六回まで観戦してたけど、ずっと0対0。
 
緊迫レースにいても立ってもいられず、
思わず車を飛ばして城南球場へ行っちゃいました。
 
P1110698
 
自宅から球場までは六回に家を出、七回裏には着く早さです。
 
車中、七回表に二点先取、到着と同時に裏で一点返され、
八回で逆転され、九回で一点取り同点のシーソーゲーム。
 
後輩達の懐かしいハリス(チャンスに登場するソロバンダンス)
に、つい一緒に声を張り上げる私。
 
 P1110719 負~けて泣くなら勝って泣け!!
 
P1110722 体力続く限り!!
 
P1110725 激しく小躍り!!
 
P1110741_3 同点、同点!!
 
が、
 
九回裏、まさかのサヨナラエラー負け!
 
でも、後輩達よ、よく頑張った!
その涙も含めて、久しぶりに、青春を思い出しました。
 
P1110749
 
いやいや、私もまだまだ青春です!(森田健作)
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

食の安全学―ま、時には息抜きもいかが? パート2

わが社のそばには、これといってしっかりした(と思われる)
飲食店やレストランが、ない。

マックや吉野家をはじめとする、ちょっとしっかりした店は
歩いて5分~10分くらいのところにあるけど、
1時間しかない昼休みを移動に無駄に使いたくない。

ものぐさ?いやいや、れっきとした
「時間のないサラリーマン」を演じてます。

というわけで、食の安全学-息抜き編パートⅡ.

会社のそばにある食堂や飲食店で過ごす、
そんな私の1週間のメニュー。

まずは会社横にある「小売部」という売店。

P1110427

1.小売部の「酸ラー粉」(4.5元)
レジ袋有料化にもめげず、今にも破れそうなビニール袋を
2枚も提供してくれる。味はなかなかおいしい。

P1110431

2.小売部の「鮮肉包子」(4元)
籠で噴かした包子(パオズ)をこれまたビニール袋に。
味付けも濃く、やっぱりおいしい。

P1110426

会社の小区で一番まともな「麗江(雲南)料理」店

P1110442

3.雲南料理の炒餌絲(塊)(12元)
一食食べるならば、一番リッチな気分になれるかも。
平べったいラザニアみたいな麺に、
酸っぱい野菜(酸菜)とかいわれにトマト。

P1110440

周辺の店が次々閉店・開店を繰り返す中、ここだけは、
この地区に来るようになってからずっと存在する。

2人で来る時は、大型の過橋米線を頼んでいる。

P1060317 お姉さんが作ります

P1060319 具を全部入れて混ぜる

P1060320

うまい!!

そのほか、会社のビル1階にあるレストラン
(しょっちゅう店名は変わる)の涼菜+ご飯(5+1元)や、
地下食堂の定食セット(8元と10元)などがあるけど、
あまり特筆する特徴はなく、単に安い。

おいしく楽しく食事を取る、という概念からは対象外だから。

なんてことを書いたら、1階のレストランから涼菜が消えました(泣)

「食」は、安全かどうか、だけではなく、楽しめるかどうか、が大事かも。

ということも、中国で学んだ気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

余華の『兄弟』が日本語に!!!

P1110437 このボリューム!!

中国でベストセラーになった余華の『兄弟』
ついに、ついに、日本語になりました!!

タイトルは同じく『兄弟』です。

U982p112t78d564f1454dt2005081211062 ちなみに原本のデザインはこれ

中国語でも相当な量ですが、
文字数が1.5倍に膨らむといわれる日本語にすると
上下巻の総ページ、なんと900ページ!!

余華は、私が一番虜になった中国映画
『活きる(中国語:活着)』の作家でもあります。

1945年以降の中国を、克明に面白く描く作家です。
なのにご本人は、文革時は幼かったはずの1960年生。
どうやってここまで描けるのか、驚きです。

上巻は『文革編』
下巻は『改革開放編』

と、現代中国の2大イベントで分けています。

・・・

さっそく、読み始めました。

…本当に、文革時代の話?
というほど、超コミカルです。おかしいです!

ちょっとエロもあります。

『活きる』もそうでしたが、
暗く沈んでいたはずの文革時代を、権力と関係ない一般市民が
色んな人と交わり、普通に、強く、楽しみながら生きる姿を描いた
ストーリーには、ついつい感情移入してのめり込んでいきます。

「訳者は二年間苦労したというが二日で読める900ページ」
東京のメディア関係者には評判、と事前に聞いていましたが、
実際に読みながら「確かに確かに!」と確信しました。

訳者は…役者!?

現在、上巻の途中ですが、テンポ良くすいすい読めてしまうので、
本当に二日で読了してしまいそう・・・勿体無いので、
もっとじっくり味わいながら読ませていただきます。

読み終わった時に、もう一度感想を書きます。

本の紹介:『兄弟』(文藝春秋社) 
著者:余華 訳:泉京鹿 税込み2000円×2冊

文藝春秋のサイトでも購入できます。

泉京鹿さんの訳書は、その豊かな表現力にびっくりします。

そして、原文ではどう表現されているのだろうと、

後で原作(中国語)を探してしまいます。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

国旗

P1110444  P1110447

最近、車のフロントガラス辺りに国旗をつける人が増えました。

五輪を前にして気分が高揚しているのか、

四川省大地震で改めて愛国心を認識したからか、

でしょうか・・・

ともあれ、

中国の人は、国旗が大好きです(と、中国人の友人が話してました)

お祭り騒ぎになると、必ず国旗が出てきます。

ですが、

世界中の外国人を震撼させた(?)聖火リレーは・・・

中国に住んでいて、慣れたつもりだったけど、

どこの国でリレーが展開されても、
中国人が大挙をなして集まってくる光景、
で、その人たちがバッ!と国旗を、そう、
五輪の旗ではなく、真っ赤な中国国旗を翻す光景は、

個人的に、怖くて鳥肌が立ちました

人口という脅威が押し寄せ、国力にもなっているようで…

例えば04年のアテネ五輪。

どこへ行っても、ギリシャの国旗で一杯!

なんて光景は見ませんでした。

日本だって、そうならないと思います。

でも、これは中国人にとって見ると、
「あぁ?自分の国でめでたいお祭りがあるのに、
国旗を翻して何が悪いの?」となるでしょう。

確かに、おめでたいことだし、
良いことしているのですから。

なので、「これが中国だ」と、理解するようにします。

ともあれ、五輪まであと29日!

P1110450

| | Comments (0) | TrackBack (0)

五輪30日前に、半年振りの『おはようGoodDay!』

五輪まであと1ヶ月になりました。

そんな7月9日、

ニッポン放送「小倉淳のおはようGoodDay」に出演しました。
前回は、1月1日の世界遺産・泰山頂上から生中継でしたが、
今回は平和に自宅で電話を受けました。

朝4時半、という時点で平和ではなかったですが。

P1110417

前日、即席で作った台本を電話の前にスタンバイ。

受話器の向こうから、元気な小倉さんの声が来ました!

「おはようございまーす!」

「前回は、元旦に世界遺産の泰山で登場してくれましたが、
携帯の電波は今日もばっちりですかー?」
※泰山の頂上は、携帯の電波状況がメチャメチャ良好でした。

「そうですねー。部屋の中は時々良くないんですが、
でも、北京の携帯電波状況はすごいですよー。
地下鉄の中でも通話できるんです!」

「え・・・。地下鉄の中で通話してるの!?」

「(咄嗟に小倉さんの反応を読む)そうそう!
バスの中でもみんな携帯電話でお喋りしてるんですよぉ」

「マナーが。」

その後、

「しかもすっごい大声なんですよ!」

と続けたら、単なる悪口になりそうだったので
間を空けて違う話に切り替えていただきましたが、
※あとは、街の盛り上がりや交通規制、建設、
 五輪中国注目の選手、例の水着は流行っているかとか→まったく、です。

やっぱり、公共の場の携帯マナーは、
日本人には敏感なものだけど、
中国人はそれがマナー違反という概念は、ありません。

私は中国でも、電車やバスの中では、自分から携帯をかけませんが、
道路を歩いている時も危険なので、もっと電話できません。
しかも、道路はうるさすぎて、話が聞き取れません(車内もそうですが)

じゃ、いつかけるのかって?

自分からかける時は、安全で静かな場所に止まってからかけます。
日本系の静かなお店の中がベストです・・・これ、マナー違反でしたっけ?

車内もうるさい、道路もうるさい、中国系の店のなかもうるさい・・・

というわけで、ちょっとだけ電話事情については
中国の事情と相談して欲しいところもありますが、
いろいろあって概念を変えることは難しいです。

あ、でも、車内で余分なほど大声で話すおじちゃんおばちゃんは、
北京から追い出さない限り、きっと
外国人の目には止まると、思います。

その後のラジオの質問はフォローしましたよ。

6月28日に鳥の巣(国家体育場)はちゃんと竣工したこととか!

でも、CCTVも地下鉄10号線もまだ工事が終わってないとか・・ありゃ。

P1110434

北京五輪まで、あと30日!!

加油!中国!ラストスパート!・・・の遅延。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第8回、北京ブロガー会開催 幹事さんありがとう

P1110367

7月5日。北京市内の「和飲輪飲」で
「Be-Blogger Vol.8 北京ブロガー会」開催。
今回も、30人近い人が参加しました。

数えたところ、私は4回目からの参加。

ブログは長いこと書いていたけれど初参加という人、
有名ブロガーさんに会いたくて参加しましたという人もいました。

一部ブロガーの間でマイブームとなっている
「イラスト合戦」(一例)も盛り上がっていました。

ミッキー、キティちゃん、見本がないと
こうも難しいものかと改めて実感です。

しかし悲しいことに、
北京でお会いした人に、別れはいつもついてきます。
※永住を決めている人もいますが。
留学生で言えば卒業、社会人で言えば帰任。
現地採用で言えば、退職でしょうか…

6-7月は、中国の大学で卒業シーズンなので、
学生さんを中心に今回が最後、という参加者も数人。

このブロガー会の発起人で幹事を務めてきた
きたむー君も、翌日に卒業式を控えた一人でした。

そこで、ブロガー会発足のエピソードを初めて聞きました。

さかのぼること2004年

きたむー君は、自分で作っていたブログをヒントに、
他にも北京でブログを書いている人をネットで探し
トラックバックをつけまくったそうです。

大胆やな~とは思いつつも、
他の北京ブロガーさんたちも出会いを求めていたのでしょう。
コメントやトラックバックでブログ上の付き合いが始まり

やがて「ネットを越えたお付き合いを」と、

オフで飲むようになったのが、ブロガー会の始まりだったとか。

第1回、第2回で、既に50人は集まったというから、驚きです。

ブロガー仲間には、学生もいれば社会人もいる。
マスコミもいれば、現地法人の総経理を勤められた方もいました。

ある意味、エキゾチックです(謎)

そんな集合体をまとめてくれたきたむー君、
博士課程の勉強の傍ら、8回にわたっての幹事お疲れ様でした。
最後に、じゃんすさんから花束贈呈。

いつも撮っている記念集合写真なのですが、
店員さん、しっかり構えていなかったのか…ぶれました。

P11103765_2

ごめん、ぶれた+ちょっと加工しました

この日は11時まで、5人が残って和飲輪飲でおしゃべり。

つかの間の休息を気の知れた北京仲間を過ごせるのも、
あとどのくらいなのだろうか…

P1110396

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ニッポンのカレーが恋しいの…「東京カレー」探訪

6月末にオープンした「東京カレー」をご賞味に、
華貿購物中心へ。ここは新光天地に隣接していて、
地下はつながっています。

P1110357

しかし、新光天地側から華貿購物中心側へ行くと、
どことなく文化が変わったよう。

BHCなどの高級スーパーや有機食品が並んだ
新しい概念の中国を思わせる新光天地とは
うって変わって、昔ながらの地下街にあるような
レトロな看板が並んでいるのだ。

P1110358

その中にあった「東京カレー」もまた然り。
日本人が作ったお店だから、ディスプレイなどは
もっと斬新でおしゃれなものを期待したのだけど。

ともあれ、私は「日本のカレー」を求めに来たので
店の内装などは二の次。出来立ての店なのに、
「横の椅子のクッションが壊れているので、
こっちに座ってください」
も、中国だなあと苦笑い。

オープンセール、カレーとうどんのセット・25元
カレーに、小うどん、漬物6皿かサラダを選べます。
カレーは「普通、中辛、激辛」が選べるので、
もちろん辛党の私は激辛を注文。

P1110359

待つこと5分(来るのは早い!)
出てきたカレーを、ワクワクしながら一口パクリ…

ん…

全然、辛くない。

これは、間違いだろう!と思って店員さんに告げて
辛いものに変えてもらおうとお願いすると、
店員さん…そのお皿に辛い香辛料をかけて持ってきた。

ここのカレーは、
香辛料をかける量で辛さを調整していたのか…

確かに辛くはなったけど、ちょっと興ざめ

28種類のスパイスと材料を煮込んで作ったというカレーも、
私の中では、煮込み方に今ひとつ感。
せっかくなら、その時点で辛さも3段階に作って
煮込んで辛さを作ってくれればいいのに…。

煮込むカレーといえば、
新宿の「もうやんカレー」が恋しくなりました。

北京でおいしいニッポンのカレーといえば、
昨年できた「CoCo壱番屋」北京でたった一つの支店。
五輪会場の「鳥の巣」近くのイトーヨーカドーにあります。
カレーが恋しいときは、やっぱりここに行こうと決めたのでした。

お店:東京カレー
住所:朝陽区西大望路6号華貿購物中心3座B1階B114号
電話:010-5969-5250
営業時間:10時~21時

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さらば『アトリエ』

07年末にオープンした、大望路の『アトリエ』

P1030971 こういう店でした

シェフの小林さんが上海へ行かれることになり、
一時休業することに…

札幌出身の画家・椿宗親さんが店内プロデュース。
同じく札幌出身のイタリアンシェフ・小林さんが
北海道のさんまなどの食材とコラボレーションした
独特なパスタ料理などを提供。

P1110334

この味を、北京でもう味わえないのは、
さびしい限りです…

と、いうわけで、最後にご賞味預かってきました。

最後の日らしく、外は雨。

ひっそりやります、と椿さんに言われていたとおり?
この日は、通うように来ていた常連さん
10人近くがこっそり?来店。
11時の閉店まで一つのテーブルを囲んでお喋り。

中には、店内でちょくちょく姿を見ながらも
話をしたのは初めてだった、というお客さん同士も…
最後の最後で、改めて会話したなんて、面白い。

定番のイタリアンワインをはじめ、
ニョッキや、ピザや、さんまのパスタ、
食べ放題でいただきました。

小林さんは、7月から上海でイタリアンを
提供される予定です。

半年間、お疲れ様でした。

これまでの『アトリエ』に関する記事

オープン!!http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2007/12/post_72a1.html

青森県人会http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2008/03/post_5817.html

なら北海道人会http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2008/01/post_b632.html

御蔵?日テレさん・・・http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2008/02/28_d592.html

イタリアン祭りhttp://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2008/05/in_02d6.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【テレビ番組紹介】被災地からの便り~中国四川~

本日7月1日~7日までの1週間特別番組。

【ドリームウェーブ静岡】
http://www.dreamtv.ne.jp/tv/community/ch1.html

で、四川・都江堰のレポートが放送されています。

放送日時:
7月1日(火) ~ 7日(月)
 (月~金)10:30・17:45 (土日)7:00・16:00
  [2日(水)のみ17:45の放送が19:15に変更]

ケーブルテレビは、期間内で番組を繰り返し放送するので、
「見逃した~」と嘆かれてもチャンスはたくさんあります。

静岡県は、近く大地震が予測されていることもあり、
地震というカテゴリーに敏感な地域です。

静岡の方がこの番組を見るならば、
どんなことを知りたいと思うのだろう。
どんなお役に立てるだろう…

現実問題、石や木片が混じった建築基準以下の建物を
見たところで「これだから中国は」的な意見が飛んでくる。

それよりも、やはり人が知りたいのは「人」なんじゃないかな。
被災地で、みんながどのように生活を営んでいるのか、
日中とも、日常のインフラを絶たれた時の思いは共通では、

と、被災地では色々ありましたが、
静岡県の方々に関心深く見ていただけるような
番組になっているとうれしい限りです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »