« 余華の『兄弟』が日本語に!!! | Main | やっぱり夏は甲子園!!・・・の、青春時代 »

食の安全学―ま、時には息抜きもいかが? パート2

わが社のそばには、これといってしっかりした(と思われる)
飲食店やレストランが、ない。

マックや吉野家をはじめとする、ちょっとしっかりした店は
歩いて5分~10分くらいのところにあるけど、
1時間しかない昼休みを移動に無駄に使いたくない。

ものぐさ?いやいや、れっきとした
「時間のないサラリーマン」を演じてます。

というわけで、食の安全学-息抜き編パートⅡ.

会社のそばにある食堂や飲食店で過ごす、
そんな私の1週間のメニュー。

まずは会社横にある「小売部」という売店。

P1110427

1.小売部の「酸ラー粉」(4.5元)
レジ袋有料化にもめげず、今にも破れそうなビニール袋を
2枚も提供してくれる。味はなかなかおいしい。

P1110431

2.小売部の「鮮肉包子」(4元)
籠で噴かした包子(パオズ)をこれまたビニール袋に。
味付けも濃く、やっぱりおいしい。

P1110426

会社の小区で一番まともな「麗江(雲南)料理」店

P1110442

3.雲南料理の炒餌絲(塊)(12元)
一食食べるならば、一番リッチな気分になれるかも。
平べったいラザニアみたいな麺に、
酸っぱい野菜(酸菜)とかいわれにトマト。

P1110440

周辺の店が次々閉店・開店を繰り返す中、ここだけは、
この地区に来るようになってからずっと存在する。

2人で来る時は、大型の過橋米線を頼んでいる。

P1060317 お姉さんが作ります

P1060319 具を全部入れて混ぜる

P1060320

うまい!!

そのほか、会社のビル1階にあるレストラン
(しょっちゅう店名は変わる)の涼菜+ご飯(5+1元)や、
地下食堂の定食セット(8元と10元)などがあるけど、
あまり特筆する特徴はなく、単に安い。

おいしく楽しく食事を取る、という概念からは対象外だから。

なんてことを書いたら、1階のレストランから涼菜が消えました(泣)

「食」は、安全かどうか、だけではなく、楽しめるかどうか、が大事かも。

ということも、中国で学んだ気がする。

|

« 余華の『兄弟』が日本語に!!! | Main | やっぱり夏は甲子園!!・・・の、青春時代 »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/41795762

Listed below are links to weblogs that reference 食の安全学―ま、時には息抜きもいかが? パート2:

« 余華の『兄弟』が日本語に!!! | Main | やっぱり夏は甲子園!!・・・の、青春時代 »