« July 2008 | Main | September 2008 »

奥運会(オリンピック)から残奥会(パラリンピック)へ・・・北京

五輪直後の8月27日。

お客さんを連れて天安門広場へ行くと・・・

P1140592

五輪仕様のオブジェが、あっという間に撤去!?

と、思ったら、撤去ではなくて、入れ替えでした。

P11405991

久しぶりにクレーン車が登場してせっせと設置。

競技オブジェも、車椅子が施されたパラリンピック競技のもの。

P11406011

続いて、五輪会場周辺を巡る「観光バス」で会場へ。

P11405521ん!?

P11405511

既に街頭の旗が「パラリンピック」に変わってる!!

P11405821

「奥運村」だった表記も「残運村」へ。

P11405601 早いですね・・・

パラリンピックは9月6日から17日まで。

障害者の皆さんの、熱い夏はこれからです。

・・・

でも、時計は8月8日で止まったままなんですね・・・

P1140610

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんだかイライラする

時は遡って私が生まれる前のこと。

1978年、アフガニスタンに出来た共産主義政権を支持する為、
翌年の1979年、ソビエト連邦がアフガン侵攻を行った。

ソビエト連邦のアフガン侵攻は1989年に撤退で終結。
しかし、アフガンに残った傷跡は大きく、
派の違うイスラム同士が内戦に次ぐ内戦を繰り返すようになり、
ただでさえ乾燥した大地はますます干からびていった。

そんな大地に緑と食糧をもたらしに行った日本の青年が、殺された。

【アフガン拉致:男性遺体は伊藤さん 外務省が確認】

http://mainichi.jp/select/world/asia/news/20080828k0000m040107000c.html

青年は、農業支援で乾いた大地に食糧を作る技術を提供し、
そこに生きる子供達の未来を救いに行った。

私は03年に、アフガンで食べ物も着る物もなく、
物欲で溢れた子供達にたくさんのマフラーを編んで
持っていった青年の話を聞いたことがある。

子供達は、みんなで分け合うはずのマフラーを
一瞬の隙から我先にと奪い、走り去っていった。
その青年はじめ、スタッフは皆ショックを受けたという。

こんな戦争が起こって、真っ先に犠牲になるのは、
戦争に歯向かえない子供たち。

そして、戦争から人を救おうとする人たち。

五輪絡みで、8月8日のグルジア侵攻をかいつまんだ影響か、
今回の事件は、1979年のソ連によるアフガン侵攻から
尾を引いているように見えてならない。

まったく、いつになったら世界から戦争はなくなるのだろうか。

なんだかイライラする。

てか、このニュースを検索し始めてから
やたら重くなったりブラウザが中断させられる。

中国のインターネットにもイライラしてる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

五輪と『兄弟』

7月に読了した、余華氏の作品(翻訳:泉京鹿さん)
『兄弟』を読み返してみる。

(『兄弟』の冒頭)
我らが劉鎮のスーパーリッチ、李光頭の奇想天外な発想とは、
2千万ドルを投入してロシアの宇宙船「ソユーズ」で宇宙を
遊覧してくるというものだった。

(Emmyの空想)
我らが北京鎮のスーパーリッチ、李寧の奇想天外な発想とは、
130億元を投入した中国のスポーツ祭典「オリンピック」で、
メイン会場の空中を遊覧してくるというものだった。

・・・
オリンピックを前に、
北の郊外に25万ヘクタールもの土地には立派な運動設備を建て、
元あった家を取り壊し、そこに広い道路と豪華なマンションを作った北京。

工事に間に合わないと、近くの村からおびただしい数の民工を
呼び集め準備にあてがい、こうしてできあがってきた街に
世界中の人を受け入れる体制が必要になると、今度は
北京鎮の老人や学生を動員して道案内や通訳などをさせる。

ついでに治安維持もさせたりする。

・・・

北京オリンピックに勤しむ北京の街中を観ていると、
『兄弟』に出てくる劉鎮という村がかぶって見えた。

特に下巻の「美処女コンテスト」場面。くだらないようで、
準備に勤しむ村人達の盛り上がりようには愛おしささえ感じた。

でも、たとえそこが鎮(日本で言うことの、○○郡××村)
であっても、直轄市の北京であっても同じなのかもしれない。

この単純さと「一致団結」ぶりは、いかにも中国という気もする。

それが、中国(笑)

次の五輪を控えたロンドンは、
果たしてどんな準備を進めていくのだろうか。

・・・

何はともあれ、そんな中国の社会と文革以降が
具体的に描写されているこの作品。

楽しく歴史の勉強ができる、お勧めの1冊です。

題名:『兄弟』(文藝春秋社) 
著者:余華 訳:泉京鹿 税込み2000円×2冊

文藝春秋のサイトでも購入できます。

P1110437

この話を書いた前回のエントリーはこちら http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2008/07/post_bb21.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ボールの思い出

北京五輪野球予選のある日。

日本が中国を10-0でコールド勝ちした後で、
ジャパンハウスで音声を勤めたKさんの友人から、
「西岡選手のホームランボールをキャッチしたので、
サインが欲しいんだけど…」という連絡が入った。

選手はジャパンハウスのあるホテルに宿泊している。
友人さん、運良く帰り際に出会い頂くことができた。

スタッフのみんなで、思わず写真をとりまくる…

P1130929_2 

これがその記念ボール

P1130932

日本は、決勝トーナメントにコマを進めた、
思いで深い1試合の記念すべきボールである。

そして21日には、ソフトボールが感動の金メダル。

歓喜に溢れた翌22日。

この日は朝6時から、ニッポン放送に出演するため、
北京市内に仮設されたスタジオへ。

するとそこにあったのは・・・鮮やかな黄色いソフトボール!!
どうやら先日のオーストラリア戦で、
記者さんがファウルボールをキャッチした模様。
五輪ではファウルボールでももらえるそうです。

P1140104

ちょっと手にとって記念写真。

感動を、ちょっと分けていただきました(^^)

P1140103

#写真は、特設スタジオとパーソナリティの上柳昌彦さん。

そして23日。

ジャパンハウスのスタッフルームに、たくさんの野球ボール。

星野ジャパンが、練習で使ったボールでした。
すべての試合が終わった今、応援してくれた皆さんに
プレゼントしてくれたのでしょう。

P1140226

という訳で、クイズ大会の賞品にしました。

涙あり、感動ありの野球&ソフトボール。
なぜかこの2種目が今大会を最後になくなってしまうのは
野球・日本として寂しい以外の言葉が出てきません。

2016年には復活してほしいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

星野ジャパンへの心無きメッセージ

北京市内に設置された「ジャパンハウス」では、
来場者が選手達へ送るメッセージを書くボードが
設置されているのですが、

五輪最終日の24日朝に行ってみると・・・

P1140316

誰かが誠意を込め書いた「星野JAPANお疲れさまでした!!」
の文字を二重線で消し、更にその右下に
「がっかりしました。もっと練習してください!」の文字。

私はこの人にがっかりしました。

確かに今回の野球・日本チームは残念ながら銅メダルに
一歩及ばない4位となった。

この結果に「プロだけで構成してこの結果かい!」
とか「他の競技は選手村なのに、野球だけホテル泊。
プロだからって優遇しすぎだからだ!」という声もあがった。

でも、実質この大会に参加するまでの、そして
決勝トーナメントに進める4チームに入るまでの
道のりは、プロだからってたやすくできるものではない。

実際にスポーツをやっている人ならば、
メダル圏内に入る、いやそれ以前に五輪に出場することが
並大抵のことではないことくらい想像するに難くない。

半端に、格好だけでスポーツをしている人や、
スポーツを理解してくれない人が、球場やテレビで
結果だけを見て、皮相的な判断をして、
「お疲れ様」の文字を消すなどという行為に出るのだろう。

でも私は、総じて日本人は優しい方と思っている。

今回、中国人の中国選手に対する評価や反応は
怖いくらいに極端だった。

金メダルの選手には、一面トップで"英雄"、"英雄"。

負けたら途端にBBSで罵詈雑言。

人民網のサイトには、「失意の英雄」と題したページがあり、
最も期待はずれに終わった選手をランキングで紹介。
http://bbs1.people.com.cn/postDetail.do?boardId=43&treeView=1&view=2&id=87901842

選手に対する賞賛と侮蔑が、結果で豹変する瞬間である。

110メートルハードルで棄権した劉翔、日本に負けた
世界ランク1位のバドミントンコンビなどは特に激しかった。

特に、劉翔選手に対しては、

20080821_383121

ポスターに落書きされるという事件も起きた。

【北京メディアウォッチ】より
http://pekin-media.jugem.jp/?eid=403#sequel

なんとなく、背中がぞくっとした。

そして、同じ行為をした日本人であろう「落書き」君。

彼の行為は倫理に反するだけではなく、マナーについて
「日本人だって人のこと言えないじゃん」
と、中国人に意味の無い反論の余地を与えてしまうのだ。

物事判断できる大人の行為であるならば、

せめてこの落書きを書く前に、頭を冷やしてほしかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最高の涙を見た

前回は笑顔でしたが、
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2008/08/post_51fc.html

今回は涙の金メダルです。

・・・

P1140121_2

3連戦の末に、日本のソフトボールチームが
悲願の金メダルを獲得しました。

翌日は、そんな彼女達の記者会見と
日本人学校との触れ合いステージがあり、
間近で15人を撮影させていただきました。

記者会見では、1人が面白いことを言うと
皆で一斉に大笑いする場面もあったのですが、

P1140220

ステージで、子供達が五輪応援ソングの
「笑ってみせてくれ」を合唱すると・・・

次から次と、みんな涙を流し始めました。
人目もカメラも憚らず、みんなポロポロ。

P1140172

私もつい、もらい泣きしてしまいました。
ビデオファインダーが滲んで見えました。

きっと彼女達の中には、私が想像できないほどの
涙ぐましい努力、積み上げてきた日々、
金メダルへの執念などの思いがあって、
それが子供の歌に触発されて、
一気に涙となってあふれ出てきたのでしょう。

その後、テコンドー岡本依子さんの敗退、
陸上100×4リレーの銅メダル、
シンクロに新体操・・・今日は色々泣かせていただきました。

「テレビの“お涙頂戴系”の演出もあるんでないかい?」
と穿って見てしまう部分もあるかもですが、
本人達にとっては、テレビの演出にはかなわない
熱い思いがあることを実感しました。

いや、本当に、スポーツで大成するのは
並大抵の努力ではできないです。
自分でやっててそう感じます。

そんなこんなで北京オリンピックもあと2日。
嬉しいような、寂しいような・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジャパンハウスを盛り上げた人達

ジャパンハウスの裏方。

P1130420

映像編集を行う私の後ろで(というより前で)

数々の映像を見ながらお客さんに、

「今、前方ではソフトボール、タワーではサッカーを放送してます」

とこまめに説明する進行スタッフ。

映像の説明に加えて、実況中継も行うので、モニターの前は

こんな資料と常にメモ書き用紙です。

P1130186

「ここで、○○選手が登場です。」など言います。

モニターは、40チャンネルを有する「五輪ケーブルテレビ」を使用。

P1120800

DX1~40まであって、すべての競技を映し出してました。

なので、ここでは常に日本人の出る試合が見られました。

#北京の街では、北島康介の泳ぎすら見られません(友人談)

常に日本チームの映像が見られるということで、
見る人も説明する人も忙しい時もありました。

ある日。18時30分からソフトボール。
18時45分から女子サッカー。
その途中で柔道の表彰式があり、横では卓球。

これ、全部放送したことがあります。(汗)

すると、表彰式で君が代が流れた途端、
応援団も一瞬静まって起立・君が代斉唱となったのですが、

その途中でなでしこジャパンがゴール!!

「こーけーの~・・・わぁぁぁぁっ!!!!」

てな感じでした。

P1130112 いつの絵だ?

そんなしっちゃかめっちゃかの時にも
うまく仕切ってくれたキャスターの東由貴さんと進行さん、

P1140510

お疲れ様でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

変わらない北京の風景。そして明日。。。

Gbh0808152025016p1_3

↑変わらない風景があると、ほっとする五輪モードの北京。
http://sankei.jp.msn.com/beijing2008/photos/080815/gbh0808152025016-p1.htm

ネットの繋がらない北京市内のある中継所で、
朝から晩まで撮影業務に就いています。

で、日本からのお客さんに会うのはその後になって
しまうので、帰宅はどうしても深夜。。。

気がつくと、ブログが書けていません(泣)
が、そんな間でも水泳(しかも北島選手200平決勝)と
陸上(しかも100m世界記録の出た瞬間)を見に行ったので
その話は、時間のあるときに差し込みます。

さて、

北京オリンピックも残すところあと4日。
今の非日常的な風景が、以前のように元に戻るのか。。。
オリンピックが終わると、この街がどうなるのか気になります。

今はまだ、五輪ムード残る市内のある場所で、今夜の
ソフト決勝戦を控えた「嵐の前の静けさ」を味わっていますが、
同時に、これまで自分で見た聞いた五輪を振り返り、
明日の放送用にまとめていたりしています。

ということでニッポンの皆さん
明日、7時45分頃から、ニッポン放送に出演します。
北京の特設スタジオから、ぱーそなりてぃさんと出る予定。
今夜は送別会なので夜更かし必至なのですが。。(**)
早起きがんばりますので、ダイヤル「AM1242」をよろしくです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北京五輪に『ダフ屋』が横行した理由

いやあ、感動・・・というよりびっくりしました。

「速い速い!何あの速さ!」

という間にゴールしてしまったジャマイカのウサイン・ボルト選手。

P1130630

9秒69なんて、10年前にベン・ジョンソンが9秒79を出して、

そのあとドーピング検査で失格になった時以来の驚きです。

そんな感動もあった鳥の巣でしたが、
会場へ行くまでの道のりは色々ありました。

水泳の時と行き方を変えてみようと、
今度は地下鉄5号線の「恵新西街北口」で下車。
ここから普通はバスで2駅ほど行った「北辰橋西」
で降りれば誓いのですが、会場行きの道が大渋滞。

バスはやめて、駅から歩いて行くと・・・

違法グッズ販売の隊列!!

P1130522 P1130528

あとで公安が自転車で来ると、蜘蛛の子を散らしたように
「快点、快点(急いで急いで)!」と商品をたたんで
逃げ出していました。でも、それでも商売を続ける人たち

・・・パワフルです。

で、20分ほど歩いて会場東側の入口へ。

そこで今度見たのは・・・

ダフ屋の隊列!!

P1130539

大量のチケットや札束を散らしながら、
「○○元だよ~」など言っています。

お客さんも、当たり前のようにチケットを見ながら
値段交渉していました。アジア人・欧米人ともに、です。

それにしても、鳥の巣の入口前で堂々とやってて、
公安は捕まえないのでしょうか。

と思って他の人に聞いてみると、
公安は、自分の担当場所以外のところで行われている
違法行為には手を出さないのだとか。

じゃあ、そこを担当している公安はいないのか!?

と、突っ込みたくなりましたが(笑)

私は北京五輪しか見ていないので、
これだけで気になったのですが、今回
ダフ屋でチケットを探す日本人の多かったこと。

正規の方法で、定価のチケットを買えていた優越感でも、
法外に高いチケットなぞ買えないという貧乏感でも、
仕事で忙しくて、予め買った陸上と水泳以外は
行くつもりがなかった、という無関心さでもなく、

率直に、

「日本人、よくぞここまでダフ屋に走ったな」

という印象が残りました。

日本人の、五輪好きを象徴し、かつ
「遠くて近い国」中国で開催された便利さも表しました。

今回、ダフ屋が目立った理由として、

聞いたところ、他の開催国の場合は、売れ残った
席の分を「当日券」として売っているそうですが、

北京五輪については、かなり販売に規制をかけており、
当日券というものを用意していなかったそうです。

当日券制度さえあれば、もっとダフ屋の横行を
縮小できたのに、なんともしがたいもどかしい。

なにより、柔道など日本に人気のある競技は、

実はガラガラだったと言います(衝撃)

規制をかけすぎ、正規では手に入らない。

当日券も、だめ。席はガラガラ。

手に入れていたのは、手口を知っているダフ屋。

全世界に流れた映像がガラガラだったら、世界中不審に思わないかな?

あんなに、手に入らなくて苦労した日々はなんだったのか・・・

・・・

で、気になるお値段ですが、

水泳(私が観にいった北島選手の決勝)
正規料金→150元 
ダフ屋(聞いた範囲での最高)→2000ドル

1万4000元!?(20万円)

ちょっとありえませんです・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【奥運会観戦記4】世界記録の瞬間を見た!in鳥の巣

というわけで、7時半に入った鳥の巣。

P1130645_2 満足♪

会場は超満員。そばはほとんど中国人。

砲丸投げだろうと、800mだろうと、ハードルだろうと、

どんな個人種目だろうとも、彼らは声を揃えて

「加油!中国隊!」

・・・“有”名選手はいないのかな~^^;

そして、我らが日本人選手は今回、100メートル予選の

塚原直貴選手のみ。しかも、ここで残念ながら敗退。

・・・日本人選手はメダルがなかなかでない陸上競技。

でも、陸上はやはり五輪の花形。

今日の注目は、何よりも男子100メートル。

プログラムも、もちろん最後。

カールルイスなどの超人がいなくなってから、ぱっとした選手はいませんでしたが、今回の五輪は一味違う。

出てきたのは、中米はジャマイカの選手達。

なんと、決勝にも3人残っています。

そして、スタート!

P1130621

「速い速い!なんであんなに速いの!?」

と、叫んでいる間にゴールした1着・ウサインボルト選手の記録は、

P1130624

9秒69 世界記録!!

なんと、9秒8はおろか、9秒7の壁を突破しました!!

その後ウサイン選手は、会場を1周し、様々なパフォーマンスを取りながら練り歩き。

最後にすっきり爽やかな陸上競技でした。

・・・

でも、その帰りはすっきりせず。

試合が終わってまっすぐ地下鉄に乗ればなんとかなったのだろうけど、

鳥の巣の夜景や水立方のライトアップなどを見ていたら終電・・・

バスは長蛇の列。

なので、歩いて『亜運村』バス停まで行こうと思ったら、

道が寸断されて通れない(しかもそこまで行かないとわからない)

引き返し、観光し、やっとの思いで亜運村に着いたら1時でした。

夜景は綺麗だったので、良しとしますか。

P1130679 満月と聖火

P1130692 ライトアップ

P1130719

| | Comments (0) | TrackBack (0)

記者会見の空気を変えた○○テレビ

五輪期間中は、ほとんど毎日記者会見の撮影もしました。

P1120665

日本人しか(原則)集まらないジャパンハウスの会見。

中国在住のカメラマンさんは「秩序を皆守って極楽」
→中国の会見場は余程しっちゃかめっちゃからしい。

といい、

日本から来たカメラマンさんは「この雰囲気がいや」
→中国に来てまで日本風なのが違和感あるようで。

といいます。

確かに、日本人は礼儀正しい
→言い方変えれば、お互いの空気読みすぎ。

ちょっとカメラ同士の雰囲気が険悪になりそうになると、
年輩のベテランカメラマンさんが、場を取り持ってくれました。
で、三脚の調整までしてくれましたm(_ _)m

とはいえ、自制心の効く日本人ばかりなので、
率先的に皆さん静かにマナーを守っております。

カメラが横一線綺麗に並んでいるのも頷けます。

これは、早く来た順に番号の書いた紙を渡され、並び順もその番号に従うからです。

うーん・・・爪の先まで、日本人だね(しんみり)

そんなある日。
ある金メダリストが会見を行いました。

横一線に並んだ日本のカメラマン一隊の前、

ど真ん中に立った、北京電視台のカメラマン。

真ん中に後から来て三脚をガシャリ☆

「うわ!!」 私、小躍り。

目の前に立たれた某局のカメラマンさん、
一応段の上に乗っているのでカメラだけなら
邪魔にならないのですが、その上についている
ライトがファインダーに入っていたようです。

ここは、日本男児のカメラマン!! いざ!!

・・・腰めっちゃ低くして「Excuse me」と言って、
外してもらいました(あらら)

で、会見スタート。

席に座っていた、北京電視台のキャスターと
思われる、これまた空気の違う綺麗な女性が質問。

「他の場所で取った金メダルと北京の金メダルの違いは?」
「北京の印象はどうですか?」

金メダリストさんにとっては、

「そう言われても・・・」

という質問だったようで、返事に窮し

「そうですね・・・来て、いきなり試合だったので、
これから北京の街を見て来ようと思います」

が精一杯の回答でした。

で、その質問が終わると、
日本日の丸カメラ隊の前にいた北京電視台のカメラさん、
ガシャリとカメラを外して、もう退席。
(ああ、外した時また某局のカメラさんのファインダーに・・・)

カメラを持って、そのキャスターさんが回答をまとめている
シーンの撮影に入っていました

あの~、これ、金メダリストの会見じゃなかったですか?

で、このエピソードを話すと、

中国在住のカメラマンさんは「だよね~。奴らはこれだから」
→中国の会見場は余程しっちゃかめっちゃからしい。

といい、日本から来たカメラマンさんは、
「それがいいんだよ!逆にあの秩序が違和感あるよ」
→中国に来てまで日本風なのが余程違和感あるようで。

といいます。

なんだか面白い。

住むところで、日本人は変わるようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【奥運会観戦記2】感動したのか余裕なのか・・・の金メダル

10時前に、無事たどり着いた国家水泳場・水立方。

P1130239

間に合ってよかった・・・

なぜなら、この日のプログラム1番目が、

「200メートル平泳ぎ決勝」

なんで決勝から始まるんだよ~(><)

状態だったのです。

そして、登場してきた北島選手。

P1130254

スタートさえ失敗しなければ、彼の優勝は間違いない!

と、確信したレース。

ピー、レディー・・・パーン!!

スタートはばっちり。そのまま50メートルのターンへ。

後半で伸びる北島選手が、最初から1位をキープ。

P1130266_2

これで、安心!

残り150メートルは安心して見ながら、そのままゴール!!

P1130268

2分07秒64 オリンピック新!!

金メダル~

安心しすぎた・・・もっとハラハラドキドキしてみていれば、
集中力も増していたのに、物足りなさが残った。

そんな思いが残るなんて…贅沢?(意味なし)
しかし、料理のフルコースで言えば、
メインディッシュが一番目に来てしまって、
このあと2時間にも及んで様々な前菜やスープを
たしなむことになるプログラムってどうよ!?

と、いう物足りなさもあったけれど、

気がつくと、この日は面白いほど日本人が登場。

200背泳ぎ準決勝 入江陵介 1分56秒35 決勝進出
200バラフライ決勝 中西悠子 2分07秒32 5位入賞
200平泳ぎ準決勝 種田恵  2分25秒42 決勝進出
            金藤理絵 2分25秒65 決勝進出
200個人メドレー準決勝 高桑健 1分58秒49 決勝進出
4×200自由形リレー決勝 日本 7分57秒56 7位入賞

男女共に、出てくるプログラムのほぼすべてに日本人登場。
しかも、準決勝に登場した選手は必ず1人は決勝進出。
結果として、2時間ずっと楽しむことができました。

中国人の応援もすさまじかったですが、

P1130278  

P1130305

北島選手は中国人にも人気があるらしく、ブーイングはなし。

他の日本人選手へのブーイングもなく、中国人は純粋に自国を応援。

こちらが日の丸を振って応援していると、ニコニコ顔で振り向いてくれました。

気持ちよく、楽しく観戦できました。

P1130237

P1130339

水立方内部には、ここちよい水を演出した空間があちこち。
涼しさを演出します。

P1130344

P11303491

表に出ると、鳥の巣の聖火台に火が灯っていました。

今、私は五輪の開催されている現場にいるんだな…
と思うと、ちょっぴり感動するのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【奥運会観戦記1】水立方スッタモンダ

ちょいと誇張するならば、

「水泳と共に人生歩んできた身」としては。。。

これだけは見逃せなかった。

8月14日

年末の1次抽選で見事に切符を2枚GETしていた
友人のPさんにお誘いいただいて、この日の
水泳の観戦ができることになった私。

五輪の仕事を半日休業してでも(!!)行きました。

14日は、北島康介選手の200メートル平泳ぎ決勝という好カード。

こんな絶好のチャンスはない!という訳で絶好ついでに
すでに色々な会場で行われている試合に行っている
友人たちが、口々に言う会場までの不便さ・対応の悪さが
どのくらい本当なのかを確かめに(マゾではないが) いざ会場へ!

…と、その前夜、瀋陽へサッカー観戦に行っていたPさんから電話が。

ちなみにPさんは、現在日本に住んでいるのだが・・・

「日本から、飛行機で直接瀋陽に行ったんだけど、
荷物検査の時にノートPCの持込ができなくて揉めたんだよ。
なので、明日は汽車で着いたら一旦ホテルに
荷物を置いてきたいけど、そこで待ち合わせでいい?」

本当なら自宅近くの地下鉄駅から行きたかったけど、
切符をくれたのはPさんだ。8時にホテルで待ち合わせすることに。

7時半に10号線の駅から行こうと思っていた私には、
8時に取り立てて地下鉄の駅がそばにないこのホテルから
出発するのはリスクが大きい。

でも「2時間くらいなら間に合うだろう」と推測する。

しかし翌日、8時を過ぎてもPさんは到着せず。
瀋陽から北京への汽車が遅れている模様。
8時半になっても来なかったら、先に行きます。

と、連絡してみると…本当に8時半まで来ず。

じりじり迫る、10時の試合。

これは2人で間に合わなかったら大変!

Pさんには申し訳ないけど、置いて先に行くことにした。

地下鉄10号線の「金台夕照」まで、タクシーで直行。
運ちゃん、地下鉄10号線をよく知らなくてダラダラ。
道も混んでいたので、

「ここでいい、おろして」

と下車すると、駅はまだ200メートルも先だった。

すかさずダッシュして、10号線に乗車。
そこからオリンピック支線の8号線までは、20分強。

9時過ぎに支線への乗り換え「北土城」に到着。

ここから8号線へ向かうが…乗り換え口が遠い。

ダッシュ、ダッシュ!!

で、乗り換え口に到着すると…

や、やばい!!

P1130191

乗り換えるための行列が、すさまじい…
あわてて周辺を見回すと、
タクシー…も、ない。バス…も見えない。

ひとまず、仕方ないからと並ぶことにする。

と、Pさんから電話が。

「俺、もう着いちゃったよ」

「・・・は?」

「ホテルからタクシーで直行しちゃった」

な、なんですと!?

開会式に始まり、柔道に瀋陽のサッカーと、
修羅場?をたくさん経験してきたPさんのこと。

「遅れたら、タクシー直行」という結論を見出していた。

くう・・・ますます募る焦り。

でも、私にとっては初めての地下鉄経験。
タクシーで行くなんて味のないことはしたくなかったので
…と、ここで開き直って8号線に乗る決意を固めたりする。

P1130197

気づくと、行列はものの5分程度で安全装置へ行き、電車へ。
かつ、北土城から五輪会場の駅までも、5分。
9時半前には、しっかり五輪会場の駅に到着していました。

P1130207

会場前の行列のことなど忘れて、色々撮りながら
だらだら歩いて水立方へ。

すると、思ったより遠い。距離がある!?

ダッシュ、ダッシュ、ダッシュ!!

で、やっと会場南側にある入り口へ到着。

P1130224

ん?思ったより、行列ができていない。
しかも、荷物検査もなく、すんなりクリア。

「???」

どうやらこの入り口は、8号線で来たお客さん専用で、
乗る時に荷物検査を行ったから会場では免除なのだ!!

これはラッキーな大どんでん返し♪

ほどなくして、9時45分には会場の中に入ることができました。

それにしても、こっちもかなり運動したな…

何より、遅れるかもしれない、という気持ちが心臓に効いた…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最高の笑顔を見た

「4年前に見せた、ひまわりのような笑顔が何倍にも増して輝いた」

・・・とは、読売新聞8月13日の一面記事。

今日は、柔道で金メダルを取った谷本歩実選手を間近で見ました。
63キロ級とは思えないほど、小さく可愛らしく、何より
金メダル効果もあるだろうけど、彼女の笑顔は最高でした。

Photo

マスコミも一挙一動一笑顔に即座に反応するほど。
いや〜、絶対に「あゆみファン」が増えるって!!

でも、その裏にあった数々の苦労話を聞いて、
ますますこの笑顔が輝いて見えました。

アテネ五輪で金メダルを取り、北京五輪での連覇を
目指すものの、途中で腰椎分離症をわずらった彼女。

完治は無理と一時は選手生命も考えたという中、
カバーできる技を増やして柔道の幅を広げることで克服。

一回り大きくなって代表権を掴んだものの、
今回の北京入りでも、飛行機が雷雨で飛ばずに
2時間機内に缶詰くらって翌日は畳に立てなかったと。

そんな痛みを抱えながら、
気づくと本番ではオール一本勝ち。
本当に「感動した!!」という言葉しか出てこない。

逆境を乗り越えての笑顔・・・本当に輝いていたな。

何かを学んだ気がしました。

ごめん、独り言。

でも、ちょっとどうしても話したくて、
個人的な日記として書いてみました。

明日は、北島選手の200m平泳ぎ決勝を観にいきます!
一つでも多くの、輝いた笑顔を観られるのは、
努力の集大成が集まったオリンピックならでは、かな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

8月8日の便り

北京の某新聞社で働く中国人の友人が、

8月8日の消印で絵葉書を贈ってくれました。

消印どころか、

P1120871

「鳥の巣」の絵葉書を使ってくれた!!

これ、10枚組で買って、たった1枚しかない代物。

私なんて、10枚組のこの絵葉書を買ってあるけど、

誰にも送らずに大事にしまっているのに・・・

どことなく、感動で胸が一杯になりました。

そんなワタクシは、8月8日に届くように、

日本の友人に「万里の長城」の絵葉書を送りました。

メールが普及して久しいこのご時世、

手紙というのは味がありますね。

さっそく何人かから返事が来ました。

「職場の●●が五輪で取材に行きますのでよろしく」

なんて問い合わせもいただきました。

喜んで!!

北京五輪、こういう所でも一役買ってくれました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ソ連って奴は・・・いや、今はロシアとグルジアか

日本では広島・長崎が核廃絶を唄い、
中国ではオリンピックが開催されている8月。

なんでこの期に及んで、
ロシアとグルジアは戦争をしなきゃいけないんだろう。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080809-OYT1T00576.htm

・・・

旧ソビエト連邦の首都・モスクワで
オリンピックが開催されたのは1980年。
私は物心が付いているかどうかの頃である。

大会の様子はおろか、日本人のだれそれが
どう活躍したのかということすら記憶にない。

え?記憶にないのではなく「出ていない」?

失礼しました。

・・・

という訳で、日本を含む"西側諸国"が参加を
ボイコットしたモスクワオリンピック。

理由は、その前年にソ連がアフガニスタンへ
侵攻したことによるホスト国としての責任追求。
"平和の祭典"として不相応な行為を、
ホスト国自ら行ったソ連への戒めだった。

よりによって、次の年に大役を果たす、
ということの意義を、かつて東のドンだった
この国はどれだけ理解していたのだろうか・・・

そして月日は流れて2008年8月8日。

よりによって、北京五輪が開幕式を行った日に
旧ソ連に属するロシアとグルジアが戦争開始とは・・・

更に!

2014年の冬季五輪は、ロシアの黒海沿岸都市
ソチに決まったばかりなんですよ。
招致に成功した矢先に、これかい!!って気分。

戦争をしなければならない事情があるのかも
しれないけれど、いつなんどきでも戦争は
最も世界国民が恐れ、非難するべきことである。

この国で五輪を行う素質はあるのだろうか。

・・・

北京市のある場所では今、東京都が
2016年の五輪会場として招致を進めている。

日本では、戦争なぞしないでくださいよ。

PS.
懐かしい言葉「8月ジャーナリズム」でした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006年12月号の「SUPER CITY」

あれは遠い昔の話。

2008年8月8日を500日前に控えた頃、2006年冬。

P1120872

北京市内のフリーペーパー「SUPER CITY」から
取材を受けて、今後の目標などを話した。

このブログを読んでくださっている人の中にも
登場している人がちらほら。

その中で、「2008年8月8日には何をしている?」
という質問があったので、夢物語的に、

P1120875

「鳥の巣でビデオカメラを廻している」と回答した私。

そして、時は流れ、

"あの頃の未来"に立ったこの日・・・

鳥の巣、ではなかったけれど、
北京市内でビデオカメラを廻す仕事をしていた

未来予想確度、50%!?

ちなみに、そんな私の夢物語の100%で仕事していた
知人から、開幕式中に電話がかかってきた。

「鳥の巣の周辺は開幕式、何も見えないし聞こえないよ。
花火も見えない。モニター通してみていた方が余程いいよ」

とのこと。

会場そばの人には申し訳ないけれど、
50%で、あえて良かったのかもしれない。

この時「SUPER CITY」の取材は全部で51人。
何故か知り合いが多いので、
ふとみなさんの8月8日を拝見すると、当たっている人、
違う形になっている人、様々なので面白いです。

中には、北京を去られている人も数人・・・

うむ。

お次の未来予想図は何を描こうかな。

・・・

五輪はあと2週間あります。

日本選手の活躍を大いに期待!しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

五輪会場で開会式を見た人に聞いた話

昨日の続き。

開幕式は長富宮の「ジャパンハウス」で見たワタクシ。

会場の雰囲気はどうだったのだろう・・と思った矢先に、

実際に会場で見た友人から電話が・・・

「開幕式の感想を話したくてたまらないんだけど、
これから時間ある?」

夜中の1時ですが・・・あります。

という訳で、タクシーも掴まらない真夜中、
恐々と建国門から大望路まで歩いて待ち合わせに。

そんな友人から聞いた、開幕式の話はこんな感じでした。

・地下鉄8号線(オリンピック支線)に乗るための
荷物検査装置が動かず、地下鉄に乗れなかった。
→そんなの、あり?

・冷房設備がなかった。暑かったので、
入場行進中には屋根と冷房のある売店に避難。
→そういえばこの2時間、退屈かも・・・

・安い5階席だったので、聖火台が見えなかった。
→うーん・・・そう言われれば、屋根の上にあったな。

・花火も見えなかった。
→そう言われれば、屋根の上の演出は
全部中の人には見えないね。
あれはテレビ用の演出ですな。

・帰りの案内もなかった。
→バス停への土地勘がない海外のお客さんは
さぞや辛かったでしょうなぁ・・・

と、聞けばかなり痛かった開幕式なのでしょうが・・・

そういいながらも、開幕式を演出するグッズ
を色々お土産に貰っていて、

開幕式に"参加"しながら、花火の振動や音、
チャンイーモウ監督演出の式典は生で見ると
感動モノだったと言う友人。

いや本当、五輪の開幕式を見られるなんて、
一生に一度あるかないか、って運ですよ。

このお土産を一生の宝物?にして、
2週間このグッズで日本選手を応援してください

P11208441

振ると文字や絵が出てくるライトとか

P1120841

風呂敷。最終聖火ランナーが走った壁と
同じ模様ですが・・・あなたたちが、壁に?

何はともあれ、いよいよ始まりましたよぉ!!

どどんっ!!

P1120843 

これは、ででんっ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北京は「ジャパンハウス」で迎えた開幕式

盛り上がりました。

会場にはおよそ200人の人が集まって、
開会式を中継するモニターに釘付け。

P1120789

8時8分の開幕から1時間は、
映画監督・張芸謀監督の演出による表演。

P1120800

開幕を知らせる太鼓の大群や、無数の花火。
ダンスをすると絵が描かれていくキャンパス、
闇に浮かび上がる五輪マーク、

そして、聖火の最終ランナーの点火方法。
(ワイヤーでつりあがるおっさんの光景は、内心ちょっと突っ込みたかった)

鮮やかな4時間半でした。

ジャパンハウスには、毎日元五輪選手が
ゲストにいらしてトークショーを行います。

この時も、入場行進が続く間を縫って、
元バレーボール代表の大林素子さん。

P1120812

元ヤクルト選手で、現在はスポーツキャスターを
勤める青島健太さんがゲストにいらっしゃいました。

P1120827

司会は元フィギュアスケート選手の八木沼純子さん。

盛り上がりに盛り上がるので、
五輪期間中はふらっと立ち寄ってください。

長富宮への行き方:
五輪期間中、タクシーは交通規制が入って
色々なところへ行けません。

地下鉄が遅くまで運行しているとのことですが。

今日は、中国人が五輪がらみで来中した
米国籍の男女に暴行を働き、
男性が死亡するという悲しい事故がありました

気をつけてください。

と、言っているくせに、8月8日の夜は、全然タクシーがない。
一台もない。たまにくると皆で奪い合い。
地下鉄やバスなどの公共交通機関は深夜まで
運行しているみたいだけど、地下鉄の駅が自宅の
そばにない人は、やっぱりタクシーを待つしかない。

私は、建国門から大望路まで歩いて、かなり怖かったです。

大会期間中に襲われたら、北京の交通規制のせいです(怒)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

8月8日 "AM"8:00

いよいよ、
全世界の人が待ちに待った五輪の開幕です。

そんな開幕式の朝。
我がマンションからの風景は、

P1120765

いつもと変わらず、です。
ちょっとガスってますね・・・

聞くところによると、話題になった「人工消雨」
作戦に限界があることを示唆しているとか。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/olympic2008/109016.html

自然の成り行きにまかせましょう。

そんな、日本時間の朝8時前。

ニッポン放送「おはようGoodDAY!」にまたも
出演いたしました。色々話しました。
2人のアナウンサーも現地入りしているそうです。

五輪モードになってから、
いろんなメディア関係の方が北京に来ています。

同窓会感覚?ではありませんが、
昨日も柔道の記者会見場で懐かしの
某局アナウンサーさんに再会しました。

1ヶ月間、仕事終わり次第、色んな人にお会いしたいです。

昨日の長富宮「ジャパンハウス」では、
サッカー予選「日本×アメリカ」の中継があり
大勢の日本人で賑わいました。

特に北京日本人会のハッピコッキつき応援、
すごかったです・・・

P1120736 赤いハッピは・・・

荻原次晴さんまで巻き込み、

森元首相まで巻き込みました。

でも、負けました。

頑張れニッポン!!

自分にも、愛国心があることを沸々と自覚する日々です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

五輪前に着飾った北京

P1120172

五輪直前にして、街が五輪カラーになりました。

P1120174

P1120187

P1120425

P1120179 中国チックな装飾も

P1120197 壁まで五輪!!

P1120381 街中に長城?

P1120192 オブジェもちらほら

P1120182

18731925_1327709191

でも、これは山肌を削っているんですよね・・・環境破壊?

・・・

何はともあれ、加油!奥運!!

終わるまでの数週間、中国は突っ走ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

五輪の接待スポットin卓球バー

余談ですが、北京在住のみなさんの中に、
五輪絡みで日本のお客さんを接待する人がいたら、
こんな接待もお勧めです。

P1120444_2

昨日、仕事絡みでお会いしたお客さん。
「北京に来たからには自分もスポーツしたい」
ということで、三里屯南街にある
「卓球バー」に行ってきました。

ダーツバーやビリヤードバーの、卓球バージョン。

P1120472_2

三里屯といえば、欧米風の酒バーが並ぶ街。
そんな所にある卓球バーなものだから、
店内も欧米風。瓶ビール片手に卓球に燃える
欧米人で一杯でした。

でも、結局我々8人の日本人&日本人以上に
日本語を操る中国人の団体が1台しかない台を
占領してしまったので、店内にいた英国人
エリックを交えて試合。結構イケメン。

その後、お客さんがスポーツ紙の記者だった
こともあり、オーナーに卓球博物館?
(オーナーのコレクション部屋)を見つつ
取材させていただきました。

P1120522 ずらっ・・・

夜も更け12時を廻ったので退散しましたが、
まだまだ店内は賑やかでした。

北京五輪で中国に来るお客さんの中には、
「見るだけでなく、自分もスポーツがしたい」とか、
「世界中の人と交流したい」いう方も
たまーーーーにいます。そんな時には、
この卓球バーに連れて行こうかな?と思います。

P1120525_2 店長の李さん

老瓦Restaurant&Bar(卓球バー):
住所:北京市朝陽区三里屯南路116-6号
電話:010-6595-8039
Web :www.wbarbeijing.com

| | Comments (0) | TrackBack (1)

五輪の応援スポットinジャパンハウス、オープン!!

P1120650

北京市は建国門にある長富宮ホテル1階に、
「JOC JAPAN HOUSE」が6日オープンしました。

今後、五輪に関する日本チーム&日本人の試合は
ここでお楽しみいただけます。

日本人であれば、パスポートを提示するだけで
中に入ることができます。

P1120601

さっそく入ると、入口には競技情報や
出場する選手の一覧やメッセージボード。

P1120602

P1120603 柔ちゃんはイラスト

大広間の中には、大型のモニターが設置。

ここにはなんと!メダルを獲得した選手が
やってきて、団長賞授与や記者会見も行われます。

で、時には何の予告もなく
元オリンピック選手が来て、トークすることも・・・

開所式のあった6日は、なんと
元シンクロナイズドスイミング・ソウル五輪
銅メダリストの小谷実可子さんが訪れました。

P1120638 2人とも細い!!

トークショーの司会は、これまた
元フィギュアスケート・カルガリー五輪出場、
スーパーニュースでキャスターも勤めた
八木沼純子さんが期間中通して担当されます。
※元ショートトラック勅使河原郁恵さんが行う時もあります。

予告ですが・・・
開幕式前日の8月7日午後5時から、
「サッカー予選 日本×アメリカ」を中継します。

司会者がついて、実況付き試合を見られます。
天津まで行けない人は、ここで応援するのも
面白いですよ。

JOCジャパンハウス
住所:北京市建国門外街26号 長富宮飯店1階
時間:午前10時~午後10時ごろまで開いています。

今度は余談ですが・・・

P1120619

中で販売する食べ物はちょっと高いです・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

五輪の穴場スポットin和飲輪飲

北京市は地下鉄「大望路」駅にあるSOHO現代城。

A座35階にある「和飲輪飲」で食事をしていると・・・

あ、あれはなんだ!!?

P1120373 火事!?

ズームしてみると・・・

P1120376 

花火だ!!

そう、この日は北京五輪開幕式のリハーサルが行われた日。

和飲輪飲からは、辛うじて上空の花火や光線が見えました。

五輪期間中、会場に行けない人のお勧めスポットです。

和飲輪飲:
住所:朝陽区大望路SOHO現代城A座35階3512
電話:+86-(0)10-8589-4383

良ければ動画でもご確認あれ↓

| | Comments (0) | TrackBack (1)

国旗2

前回は、車のフロントガラスでしたが・・

http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2008/07/post_9f6d.html

軒並みにも続々と国旗が並ぶようになりました。

P1120194 旗!

P1120140 旗旗旗旗・・・

こんな風に、アパートは単元(入口)ごとに。

日本も、祝日には玄関先に国旗を飾りますが、

中国の建物は写真のように長屋であることが多く、

建物の中には、国旗が延々ズラズラーーー・・・・・

P1120403

という風景も見られます。

やはり中国人の方が、国旗好きだと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大行列

絶対こうなる時があると思った・・・

P1120168

王府井駅。午後10時。

こんな夜に、この行列。

正体は、地下鉄に乗る前の
荷物検査機を通るための行列なんです。

P1120167

もし、11時まで行列が続いて、

最終電車に乗り遅れてでも通させるのかな・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

母校の後輩が五輪に出ます。で、甲子園は・・・?

8月2日 普段より1週間早く、
高校野球・夏の甲子園大会が開幕します。

わが母校・高崎商業のある群馬県は
桐生第一高校が出場を決めていますが、
 
大会寸前の2日前に、事もあろうか
野球部員がわいせつ罪で逮捕。
 
私は偶然里帰りしていた7月13日に、
現場で母校が予選敗退するシーンを見た。
だからいかに甲子園が遠い所かを痛感したばかり。

幸い桐生第一の甲子園出場は変わりませんが、
甲子園は、並大抵のことでは行けない桧舞台。
自分の人生だって大きく変わるかもしれないのに、
何考えてたのこの人?人生もっと大事にしなきゃ。

なんだかすっきりしない。

というわけで、わが母校は敗退してしまったので、
個人的に甲子園の注目度は下がっています。

その代わり盛り上ってきたのは、やっぱり五輪!!

なぜなら、、、、

そんなわが母校の後輩が五輪に出場するからです!!

【内田翔選手】
高崎商業を卒業後、現在は法政大学の3年生。
競技は、水泳(800メートルリレー)

あれ?母校にはなかったはずのプール競技・・・?
 
経歴を見ると、群馬でスイミングスクールの
老舗・群馬SSに所属して鍛錬されたようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E7%94%B0%E7%BF%94
 
私なんて、高校入学時は音が似ていたので
「放送部」に入ってしまった流れ者なのに。

ほら、「すいえい」と「ほうそう」って
韻の踏み方が似てるでしょ(似てない?)

ともあれ私の高校時代は、プールもない中で
泳ぐ機会もないことに、地団太を踏んでいただけ。

そんな逆境を意ともせず(最初から期待もせず?)
練習を続け五輪切符を手にした後輩。

頑張れ!内田翔選手!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

五輪戦、御臨戦体勢!!

P1120137 質素なデスクですが

五輪まで秒読み状態の北京にて。

私も、オフィスを番組制作会社に移して参戦です。

日本のマスコミも、どんどん北京に参入です。

8月下旬まで、突っ走ります。

早速、街角に撮影に行ってきました。

街中も、ド派手に五輪態勢でした。

P1110961 道路全部こんな感じ

でも、空はまだ今ひとつ晴れない北京です。

夜に集中豪雨が降っています。

開催期間中には降らせないためでしょうか・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »