« 2006年12月号の「SUPER CITY」 | Main | 8月8日の便り »

ソ連って奴は・・・いや、今はロシアとグルジアか

日本では広島・長崎が核廃絶を唄い、
中国ではオリンピックが開催されている8月。

なんでこの期に及んで、
ロシアとグルジアは戦争をしなきゃいけないんだろう。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080809-OYT1T00576.htm

・・・

旧ソビエト連邦の首都・モスクワで
オリンピックが開催されたのは1980年。
私は物心が付いているかどうかの頃である。

大会の様子はおろか、日本人のだれそれが
どう活躍したのかということすら記憶にない。

え?記憶にないのではなく「出ていない」?

失礼しました。

・・・

という訳で、日本を含む"西側諸国"が参加を
ボイコットしたモスクワオリンピック。

理由は、その前年にソ連がアフガニスタンへ
侵攻したことによるホスト国としての責任追求。
"平和の祭典"として不相応な行為を、
ホスト国自ら行ったソ連への戒めだった。

よりによって、次の年に大役を果たす、
ということの意義を、かつて東のドンだった
この国はどれだけ理解していたのだろうか・・・

そして月日は流れて2008年8月8日。

よりによって、北京五輪が開幕式を行った日に
旧ソ連に属するロシアとグルジアが戦争開始とは・・・

更に!

2014年の冬季五輪は、ロシアの黒海沿岸都市
ソチに決まったばかりなんですよ。
招致に成功した矢先に、これかい!!って気分。

戦争をしなければならない事情があるのかも
しれないけれど、いつなんどきでも戦争は
最も世界国民が恐れ、非難するべきことである。

この国で五輪を行う素質はあるのだろうか。

・・・

北京市のある場所では今、東京都が
2016年の五輪会場として招致を進めている。

日本では、戦争なぞしないでくださいよ。

PS.
懐かしい言葉「8月ジャーナリズム」でした。

|

« 2006年12月号の「SUPER CITY」 | Main | 8月8日の便り »

世界関連ニュース」カテゴリの記事

Comments

■1500人死亡と、ロシア空爆 南オセアチアの武力衝突-グルジアは脆弱な軍隊で何をしようとしているのか?

こんにちは。南オセアチアの軍事衝突、グルジア側は首都から軍を撤退させたようですが、ロシアは攻撃を続けています。今後どうなるか、その趨勢が心配です。私のブログでは2004年当時のグルジア共和国軍の軍事力を掲載しました。現在のグルジア、ロシアの軍事力も掲載しました。また、両者の思惑なども掲載してみました。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

Posted by: yutakarlson | August 11, 2008 at 11:49 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/42132368

Listed below are links to weblogs that reference ソ連って奴は・・・いや、今はロシアとグルジアか:

« 2006年12月号の「SUPER CITY」 | Main | 8月8日の便り »