« 「障害者スポーツを伝える」ということ | Main | 誕生日と・・・ »

【障害者スポーツ】東京銀座の数寄屋橋で募金活動

実は、パラリンピックの選手は、
メダルを取っても報奨金が出ていません。
経済的には、オリンピック選手よりも厳しい選手たちが、です。

そんな彼らの支援を行うと共に、
日本国内のパラリンピックへの意識も高まれば、
そんな思いもあり、街頭募金活動を行います。

パラフォトも、写真で協力します。

日時:9月21日午後3時から3時30分。
場所:東京は銀座の数寄屋橋。
登場人物:舛添要一厚生労働大臣、
パラリンピックのメダリスト選手達(国枝選手など)

オリンピックは、文部科学省、日本オリンピック委員会(JOC) 。
パラリンピックは厚生労働省、日本障害者スポーツ協会
(日本パラリンピック委員会は同協会の内部組織)が管轄となります。

管轄違うと、組織も違い、宣伝や広報の媒体数、
スポーツというものの捉え方も違います。
未だ日本ではパラリンピック・障害者スポーツは
「福祉=リハビリの一環」から抜けきっていないのでしょう。

もう少し、スポーツとして認めてもらい、
選手たちの強化をしなければ、
世界の中で日本のレベルは一向に上がらないかも・・・

頑張れ!!

|

« 「障害者スポーツを伝える」ということ | Main | 誕生日と・・・ »

北京五輪・パラリンピック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/42539783

Listed below are links to weblogs that reference 【障害者スポーツ】東京銀座の数寄屋橋で募金活動:

« 「障害者スポーツを伝える」ということ | Main | 誕生日と・・・ »