« 初!鼎泰豊で贅沢飲茶☆in新光天地 | Main | 地下鉄で・・・ »

大人の一人旅 -北京市内ワイン工場見学編-

いつぞや誰かを連れて行こう、
でも、本当にあるのかわからないうちは、一人旅で下見です。

北京市の「玉泉路」から370路バスで北へ2駅の「玉海園」下車。
まだ見当たらないので、バス停にいたバイクの運ちゃんに聞くと、
「ちょっと遠いよ、3元でいいよ」→乗っていけ、ってことか。

P1170814

というわけで、バイクに激しく揺られること3分で無事到着しました、

P1170816

ドラゴンシールのブランドでもお馴染みのワインメーカー・
北京龍徽醸酒有限公司の工場です。意外とあっさり着きました。

P1170819

工場は入れませんが、博物館は入れるので、入口へ。
30元(450円くらい)を払って中に入ると、他に客なし。
一人だった私に、ガイドが一人、マンツーマンでのワイン講義、
贅沢だけど…中国語なので、後でネットなどで補足するつもりで
メモ帳片手に説明を聞いていきました。

1階は、工場の歴史から始まって、龍徽ブランドの製品陳列や、
ワインができるまでの工程がボードや模型で掲載。
レイアウトもおしゃれで、展示品も充実していました。

そして地下1階に下りると、ワインセラー独特の香りがぷーん…。
5リットルのワインが入る大樽がずらーっ!こんなにたくさん!

P1170823

P1170830

P1170832

以前はここで、棚に並んだワインを好き勝手取り出して、
真ん中のテーブルで試飲できたそうですが、今はすべて展示品です。

そして最後に、御土産屋。
ちょっと値段が張るかな…というくらいのワインが一杯あって、
日本の山梨か北海道を思い出すような博物館でした。

ここのワイン工場は、1910年(清朝末期)にフランス人の宣教師が
郊外にある教会内にワインの醸造所をつくったのが最初だそうです。
当初は頤和園付近に工場があったとのこと。

「西太后が飲んでいたのですか」冗談半分に尋ねると、ガイドさんも笑顔で
「対(はい)」ほんまかいな…

最初は販売目的ではなかったのですが、1956年から企業化して、
改めてワインというものが市場に出回ることになったそうです。

一人で行ったので、試飲用にボトルを開けてはもらえなかったけど、
「赤霞珠」という品種のおいしいワインを2杯試飲させてもらいました。
1瓶300元のワインとのことで、購入は諦めました。

P1170834

でも、さすが高級品!あっさり味でおいしい!
でも、私、昼間から飲んで2杯でベロベロでした…
夜で友達がいたら、もっとグイグイ飲んで…寝てしまったんだろうな(--;

・・・

紹介:龍徽葡萄酒博物館
住所:北京市海淀区玉泉路2号 龍徽葡萄酒廠内
(地下鉄「玉泉路駅」から北へバスで2駅『玉海園』か『田村』で下車、
バイクの運ちゃんに捕まったら、乗った方が楽。タクシーなら5分ほど)
見学時間:朝8時~夕方5時まで(国慶節は3日間お休みです)

※龍徽葡萄酒公式サイト→http://www.dragonseal.com/index1.asp(中国語)

|

« 初!鼎泰豊で贅沢飲茶☆in新光天地 | Main | 地下鉄で・・・ »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/42620679

Listed below are links to weblogs that reference 大人の一人旅 -北京市内ワイン工場見学編-:

« 初!鼎泰豊で贅沢飲茶☆in新光天地 | Main | 地下鉄で・・・ »