« 「后奥運時代」の「排隊日」。北京は文明人育成を継続できるか!? | Main | できればお願いしたいこと。。。 »

2009年は「中国エコツアー年」!!・・・って、何をどうする中国!?

国家旅行局が7日公布した通知によると2009年は、

「中国エコツアー年」

だ、そうです。

新華網:http://news.xinhuanet.com/travel/2008-11/08/content_10325438.htm
中国発展門戸網:http://cn.chinagate.com.cn/environment/2008-11/10/content_16741193.htm

スローガンは「エコツアーで、エコ文明を体験しよう」。
「わが国のエコツアーは急速に発展してきた。環境保護意識の形成、環境を守り、
人間と自然の間で調和した旅行が定着し、国内外の観光客も増えた。
『エコツアー年』では、エコツアーの理念を広め、宣伝することを目的とする。
資源節約型で、満足の行く旅行スタイルを提唱できる旅行業を作る。」のが目的とか。

イマイチ具体例がないのでわかりづらいな・・・

でもそういえば、最近の中国で旅行にまつわる「エコ」は、ちらほら垣間見えます。
1.最近開発された新幹線の「和諧号」や北京市の「地下鉄」は、
  車体の軽量化を実現し燃料の節約を実現。
2.北京市の后海は水質改善のために汚水処理場を建設している。
3.古い胡同や建物を利用して観光地に再生している。
4.天津では「エコシティ」宣言を行った。

あらゆる分野から、中国の旅行に関する「エコ化」は始まっているようだ。

しかし、上記したものはあくまでアクセサリー部分。見えない「エコ」。
旅行ツアーに「エコ」を組み込むとなると、どうなのだろう。
そもそも、ツアーに「エコ」を組み込むと、中国にとってどんなメリットがあるのだろうか。

ということから考えなければ、打ち出してくる具体策は
効果を生み出さないままの飾りに終わってしまう懸念もある。

万里の長城や、中国にある自然分野の世界遺産などの旅行は、
すっかりエコとはかけ離れた観光地と化しているイメージも強い。
ここ、自然遺産を見せて「エコでーす」と勘違いされそうな部分ですね。

まあ、万里の長城の周辺では、植林活動なども企業が行っているので、
旅行者が植林活動を行うツアーとか、そういうのが増えるのか。

はたまた、エコツーリズムと題して、世界遺産でもなんでもない、
人がいないような自然の中を漂うツアーが開発されるのか。
→ちゃんと整備しないと、行方不明者が出て大変かも・・・
でも、整備しすぎて環境破壊してしまったら駄目だし。

ツアー中に、痰吐き、ごみのポイ捨てをしたらツアー料金を2倍にする!とか、
逆に、ツアー中にゴミ拾いなどを行った人は半額にする、とか(笑)

何はともあれ、五輪のテーマ「緑色奥運」のように、
環境保護を示す「緑色」という言葉が目立つようになった中国で、
旅行にも「エコ」を開始するようになったのはまた面白い話です。

どんな具体策(かつ、効果的な)が出てくるのか、楽しみです。

|

« 「后奥運時代」の「排隊日」。北京は文明人育成を継続できるか!? | Main | できればお願いしたいこと。。。 »

中国(ロハス)楽活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/43162756

Listed below are links to weblogs that reference 2009年は「中国エコツアー年」!!・・・って、何をどうする中国!?:

» エコツアー [エコツアー]
エコツアー全般に関するお役立ち情報サイトです。 もしご興味があれば見に来てください。 [Read More]

Tracked on November 21, 2008 at 03:07 PM

« 「后奥運時代」の「排隊日」。北京は文明人育成を継続できるか!? | Main | できればお願いしたいこと。。。 »