« 日本人が作ったニッポンのカレー屋in建外SOHO | Main | 『ジパング少年』と中国暮らし »

【備忘録】銀行のATMでお金を下ろせなかった場合の対処法

10月26日、日曜日。 
出張した上海でのハプニング。

このハプニングについては、こちら
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2008/10/6atm-bee8.html

泊まったホテルのATMでお金を下ろそうとしたら、
レシート記録だけ出てきて肝心の現金が出てこなかった件ですが、

解決、しました。

中国銀行のホットラインで事情を話し、色々情報を提供したのちに、
「調査しますので、1ヶ月ほどお待ちください」との返答をいただいたので
それを信じて待っていたら、10日後にホットラインから連絡があり、

なんと無事、お金の記録が口座に戻ったのです。

1ヶ月待たずとも、問題は解決しました。

・・・

北京に3年住んで初めての経験だったけど、似たようなトラブルは日常茶飯事。

ということで、今後の備忘録として記録しておきます。

『銀行のATMでお金を下ろし、
レシートだけ出てきて現金が出てこなかった場合の対処法(長いタイトル)』

 1.口座のある銀行のホットラインに連絡。(カードを無くしたといわんばかりに切羽詰って)
 2.使ったATMと大体の日時。口座番号。パスポートの番号。連絡先の電話番号を伝える。
   (間違えないように、あくまで冷静に)
 3.銀行を信じて、ひたすら待つ。

機械化している限りカードの持ち主がどこでどんな作業を行ったのかは追跡調査でき、
しかも、日曜日などはATMにお金が入っていないなどのケースもありえるそうです。
(そりゃ、本当はお金がなければ、レシートを出さないでそのように表示してほしい。。。)

でも、中国人の友人が教えてくれた何よりの対処法は、
 4.お金を下ろす場合は、ATMを使わずに銀行の窓口で下ろすこと。

だ、そうです。

なるほどー!! だから中国の銀行は未だに開店から閉店まで人でごったがえして
1時間待ちなんてことも、ざらにあるんだーーー・・・

・・・いったい、中国の機械を中国人が信用する日は来るのだろうか。

でもこの場合、
「なんでも完璧で漏れがない」という前提の日本に比べて、
「まだ中国は発展途上国。漏れがあって当たり前」という前提だからか、
言い分を言えば、それなりの対処もしてくれるし融通は利く。
ありえないトラブルも、なんとかなるのが中国。

ただ、やっぱりしばらくはATMを使うのをためらってしまいますね。
これだけで、相当なエネルギーと時間を浪費しちゃったもの。

|

« 日本人が作ったニッポンのカレー屋in建外SOHO | Main | 『ジパング少年』と中国暮らし »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/43083271

Listed below are links to weblogs that reference 【備忘録】銀行のATMでお金を下ろせなかった場合の対処法:

« 日本人が作ったニッポンのカレー屋in建外SOHO | Main | 『ジパング少年』と中国暮らし »