« 2008'北京国際放送機器展(BIRTV)を探訪 | Main | 中国のニッポン!? 『日本人学校』訪問。 »

ハイレベルな争い・・・『日中同時通訳コンテスト』決勝戦を見学

11月9日。北京第二外国語学院。

Img_2309

隣には伝媒大学もあり、東五環路外の学生街、という感じ。
北西にある五道口とは、点対称の位置にあるのでしょうか。

外国語の教育では名門のこの大学で行われた
『日中同時通訳コンテスト』の決勝戦を見に行ってきました。
同じ時間帯、別会場では中英同時通訳コンテストも開催。

Img_2431

中国13の大学から選出された13名の選手が、
決勝では6人に絞られていました。
遠くは、大連や西安の大学生も来ています。
中国では、場所を選ばなければ全土で日本語が学べます。
(しかも大連などは北京よりも日本語学習熱が高いかも)

審査員にも、日本の中国語教育の一人者・塚本慶一先生や
『人民中国』編集長の王衆一さんなど錚々たる顔ぶれ。

会場が普通の会議室程度の広さだったため、
決勝戦を見に来た学生で部屋はごったがえし・・・
立ち見ですら、立つ場所もないほどでした。

試合開始。

発表時間は6分。
1.日本語→中国語で、30秒のセンテンスを聞いて30秒間通訳。
2.これを3センテンス行い、合計3分。
3.次に、中国語→日本語で同様に3分。

中国語→日本語は人民網かどこかのニュース記事でしたが、
日本語→中国語の内容なんて、普段通訳しないような。。。

「引きずるように入学した短大も行かなくなった20歳の息子さんのことを
気にされているようですが、、、、家の手伝いをよくしてくれるのであれば、
一緒に台所に立たせてみるのもいかがでしょうか。
火や刃物が使えるようになれば、少しずつ自信がついてくるかもしれません」

って、こんな暗い日本文作ったの、誰よ!!

心の中で、突っ込んでましたが、
そんな日本語にも果敢に挑戦する選手の皆さん、すばらしい!!

Img_2444

トップバッターは、北京語言大学修士課程2年の劉佳さん
大勢の観衆が見守る中の発表は、緊張しそうです。。。

Img_2464

なにせ、左右と後方から、観衆の視線を浴びながら、
前にずらりと並ぶ審査員の方々に通訳の出来をPRするのですから。
中国人のプレゼン能力も見せていただいた感じです。

選手たちは、通訳の仕事でもしているんじゃないか、
というほどの流暢さで、6分の発表をクリアしていきました。

日本語→中国語、は難なく(と感じる)こなすけど、中国語→日本語は、やや苦心。
やはり、敬語や受身系などの文法の難しさが、
日本語の曲者なるところ・・・と、ネイティブの私ですら感じました。

6月に見たプレゼン大会といい、アニメのアフレコ大会といい、
日本語を学ぶ学生さんたちのコンテストはものすごいハイレベル。
しかし、「コンテストをこなすことで、日本語学習のいい契機付けになる。
コンテストに出る子は、日本語も伸びる」と日本語教師の笈川先生。

コンテストに限らず、オリンピックで通訳ボランティアを担当した
学生さんなども多く、みんな、外国語を使うことの好奇心を
こうしたことをきっかけにして、膨らましてくれるとうれしいですね。

私も、中国語学習意欲を刺激されました。

でも、その前にキャンパス中に並んだ紅葉の
撮影意欲を刺激されてしまいました。

Img_2390

Img_2323

危ない!キャンパスで交通事故に遭うのだけは避けましょう。

|

« 2008'北京国際放送機器展(BIRTV)を探訪 | Main | 中国のニッポン!? 『日本人学校』訪問。 »

日中コミュニケーション関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ハイレベルな争い・・・『日中同時通訳コンテスト』決勝戦を見学:

« 2008'北京国際放送機器展(BIRTV)を探訪 | Main | 中国のニッポン!? 『日本人学校』訪問。 »