« 変貌遂げた「大山子798芸術区」にギャラリーオープン!! 椿宗親氏の世界・・・ | Main | 携帯の無駄替え大国ニッポン »

中央民族大学で、モンゴル舞踊を鑑賞。

北京市にある「中央民族大学」。
中国56の少数民族の学生が全国から集まり、
それぞれの民族舞踊や音楽を勉強する学部があります。

この大学で客員教授を勤める、西川流日本舞踊の大家、
西川真乃女先生がいらっしゃったのでお会いしました。
今回、ちょうどモンゴル族の民族舞踊のステージがあったので鑑賞です。

Img_3005

Img_3101

鮮やかな歌や踊り。
モンゴル族の表演は北京へ来て数回見ていますが、いつ見ても面白いです。
ただ、今回は派手なアクションが少なかったのが残念。

Img_3070

歌・演奏が中心だったような感じでした。

今回は「蘇尼特右旗」という内モンゴル自治区の地名を
冠した劇団の表演。9人でスタートした劇団ですが、今回
48人になったメンバーで、歌・ダンス・演奏を披露しました。
※パンフレット参照。

でも、西川先生はじめ、和服を着た一団が会場へ入ると、
観客が一斉に振り返って「わあ」を声を上げていました。
皆さん、リアクションが大胆^^;

待ち合わせのホテルを出て、大学まで歩く道のりでも
振り向きざまに「日本人(Ribenren)」とはっきり言う通行人もいました。

その西川先生、民族大学で客員教授を勤められているのですが、
今後は大学と日本の交流に関するプロジェクトも行われる予定。

中国の子供達にも日本舞踊を・・・舞踊を通じた日中交流。
これから北京で、交流を深める活動が楽しみです。

Img_3133

で、公演が終わると記念写真大会。
ここでアイドル並に人気を集めていたのは、、

やっぱり大和民族の衣装を着た子供でした。

Img_2977

お花の帯が素敵♪

西川先生は、昨年も民族大学に公演にいらっしゃいました。
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2007/12/post_1f3d.html

|

« 変貌遂げた「大山子798芸術区」にギャラリーオープン!! 椿宗親氏の世界・・・ | Main | 携帯の無駄替え大国ニッポン »

日中コミュニケーション関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中央民族大学で、モンゴル舞踊を鑑賞。:

« 変貌遂げた「大山子798芸術区」にギャラリーオープン!! 椿宗親氏の世界・・・ | Main | 携帯の無駄替え大国ニッポン »