« 北京で誕生日会!のつもりが・・・ | Main | 時速300キロで天津へ!! »

六カ国協議開催!張り番の輪が繋げる情報

そもそも、なぜテレビは六カ国協議を報じるのか。

みんなの生活にかかわることだから、です。

殺人事件も、脱税も、詐欺も、金融危機も、
麻生内閣の支持率が低下したことも、
その繋がりを探っていけば、決してみんなの生活に
無関係ではないことがわかってきます。

・・・

Img_3829

7日から11日まで、六カ国協議と国家間協議のため、
朝から晩まで某大使館前で張り番。

氷点下の北京で、ほんの数秒間、外務次官が車で
大使館から出るところ、帰ってくるところを待つ、待つ、待つ。

ただ待つのではなく、出てきた時間とナンバーをチェック。
それはすぐに支局に伝え、釣魚台で張っているカメラが
撮影する時の参考になる。

大使館に戻ってきた映像が撮れたら、再び待機。
再び出てくるかもしれないし、以前は声明発表したこともあった。

そんな、一日がかりで苦労して撮る映像だけど、
メインは会議場となる釣魚台だから、昼のニュースでも、
大使館から出てくる映像なんて1秒だって使われるかもわからない。

使われない可能性の高い映像を撮るために、
一日中、氷点下だろうと雪が降ろうと立ち続ける。
南門と東門に2人ずつ、4人のスタッフで、延々。

でもなぜ、それでもそこに立っている必要があるのか。

テレビニュースで、
この映像を伝えるのではなく、この話題を伝えるため、だから。

張り番は、映像を取るだけが仕事ではなくて、
行動を確認することも仕事。
そして、他の場所に張っている記者・スタッフに連絡を取る。

何時何分に大使館を出た。
→釣魚台で待機している人たちが簡便に彼らの動きを追える。
→遅刻ぶりで、会議をいかにじらしているかの策略を暗に伺う。

その前に、他の国家の代表がとっくに釣魚台に入っていれば、
そして結局大使館から出てこなかったら、出てこなかったことも、情報。
→北朝鮮は結論をじらしたがっている、なんて想定が出てくる。
→ぶら下がりの際に質問する時の材料になる。

すべてが、六カ国協議の行く末を案じる、重要な情報になるのだ。

そういうわけで、この映像がテレビに流れようと流れまいと、
多くの人たちが北京で汗を流しているのである。

・・・

「テレビって最近くだらなくね?」

なんて言葉を最近よく耳にする。

視聴率、という目に見える売り上げを意識した商業化の流れで、
本当に追求したい面白さではなく、営利に走ったコンテンツを
安い経費で作ってしまう昨今のテレビ事情に、
視聴者が見限ってしまっていることは、現実だろう。

でも、そんな風に批判にさらされるテレビを、まだ皆は見ている。

そのテレビで六カ国協議のニュースは見てくれただろうか。

北朝鮮が重油をはじめとするエネルギー支援を求めている。
裏でテポドンを開発し、ひょっとすると
「支援してくれないから撃ってやる!」なんてこともゼロとはいえない。

日本だってエネルギーはない国。ガソリン代で一喜一憂する。

みんなの生活にかかわること、知ってもらいたいことだからこそ、
そして一刻も早くこうした外交ゲームが決着し、
核のない世界で純粋に助け合っていける世界を実現したいから、

視聴者が、わかりやすい映像を作るために、
裏側で、汗をかいて北京の街を駆け回っているのです。

そんな仕事すら「くだらなくね?」と言われるかもしれない。
けど、必要だからやっているわけです。

・・・

運転手さん、暖房効きすぎです(笑)

|

« 北京で誕生日会!のつもりが・・・ | Main | 時速300キロで天津へ!! »

中国関連ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/43367026

Listed below are links to weblogs that reference 六カ国協議開催!張り番の輪が繋げる情報:

« 北京で誕生日会!のつもりが・・・ | Main | 時速300キロで天津へ!! »