« 【インド紀行】在中国日本人、インドの旅路でスッタモンダ1:リベンジデリー・・・旧正月にインドへ行く人への備忘録 | Main | 【インド紀行】在中国日本人、インドの旅路でスッタモンダ3:インド鉄道に揺られて »

【インド紀行】在中国日本人、インドの旅路でスッタモンダ2:シゲタトラベルで国内旅行を按配・・・

デリー。
14時間遅れだけど、なんとか降り立つことができた。

Img_5025

旅立ち前に、以前1ヶ月放浪したことのある人から、
「インドは疲れて終わるだけだ」

と、言われていたが、入る前から疲れた・・・

なんて言ってはいられない!
お楽しみはこれからなのです!

長い行列にじれったい入国審査を終えていよいよ外へ。

事前にバンコクで遅延を伝えていたので、
空港に迎えに来ていたドライバーさんとは、
落ち合う場所を確認ずみ。出口ですんなり見つけることができた。

でもって、その彼・・・
20度の気温にセーターを着ているんですけど・・・

「暑くないんですか?」

「いいや、暑くないよ」

夏の間は50度近く上がるインドで、
冬の20度は寒い域らしい。

最高気温氷点下7度の北京から来た私には、
想像もできない世界である。世界は広いな・・・

とはいえ、街中の風景は、
中国のちょっとした田舎町と同じ、ちょっと汚れた道路、
崩れかかった建物や馬車、屋台の並びが延々と続いていた。

失礼な話、お正月に訪れた四川省のような、
崩れた建物がそのまま放置されたような家にも
人が住んでいた。いや、中国もそうだ。
地震が起きなくても、北京市郊外の家は結構崩れていた。

そのためか、どことなく見慣れた感があった。

Img_5057

1時間も走り続けただろうか。
車はメイン・バザールに入り、「Cottage Yes Please」に到着。
入口と面しているロビーに行くと、シゲタトラベルのオーナー
ラジェンダ・バトラ氏が迎えてくれた。

インドへ旅立つ前に、インターネットのメールでやりとりし、
デリー→バラナシ→アグラーの国内列車の切符手配と、
三都市分のホテル予約、それと市内観光の車をお願いしていた。
まずはバラナシ行きの列車が出る前に打ち合わせを・・・

飛行機がバンコクへ戻ってしまったことにまずは驚きを見せ、
用意してくれた鉄道のチケットと、諸々の細かい説明。

そして、両替。特別サービスか、1ルピーを2円で両替してくれた。
1万円で、5000ルピー。これで足りるかな・・・

ラジェンダさんが名づけた「シゲタトラベル」は、
私とも縁のある方のお名前を取ったものなのだが、
この話は、無事にバラナシ・アグラーから帰ってきてからにして、

まず、バラナシ行きの夜行列車は、6時。

時間は3時間ほどあった。
せっかくなので、バザールの様子を見たく、
先に、ホテル周辺のメイン・バザールを見学することに。

Img_5058

Img_5120

ニューデリー駅からまっすぐ伸びる有名な市場、メイン・バザール

Img_5090

人に野良犬野良牛車バイク自転車が、同じ道路を行き交う。
人の働いている横で、牛さんがごみを食べている。

そして、映画館にDVDショップにラッシー屋台が並ぶ。

Img_5109

Img_5118

ここばかりは、中国のどの町にも当てはまらない、まさにThe・インド!!

就是印度! 

っと、英語を話しているのに、どうしてもまだ中国語が出てくる。

ためしに、ラッシー屋台で一杯のラッシーを作ってもらった。
プレーン・ラッシー、10ルピー。
手作り感あふれるおいしいラッシーだった。

Img_5106

ホテルからニューデリーは、歩いても行けるが
荷物があるので、オートリキシャがいいとのこと。
手ほどきにラジェンダさんが交渉してくれ、
ニューデリー駅まで20ルピーでまとまった。

記念すべき初・リキシャ。
一緒に写真を撮ってくれるか、と頼むと、
にこりともせず、首を傾げながら「Yes」

このジェスチャー、会話ブックに載っていた!

インド人、笑わないで首を傾げることが
「Yes」とは、わかりづらい・・・

Img_5135

でも、なんだかんだとニューデリー駅はごちゃごちゃ。
暇をもてあましているのか、何かと口を出してくる人がいっぱい。

「改札はあっちだよ」
「ほら、カバンのファスナーが開いてるよ」
「どこに行くんだい」

ああ、うるさーーい!!

こういった奴らを振り払って
夜行列車のホームへと向かうことから、
インドの旅は始まったのであった。

|

« 【インド紀行】在中国日本人、インドの旅路でスッタモンダ1:リベンジデリー・・・旧正月にインドへ行く人への備忘録 | Main | 【インド紀行】在中国日本人、インドの旅路でスッタモンダ3:インド鉄道に揺られて »

海外旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/43976340

Listed below are links to weblogs that reference 【インド紀行】在中国日本人、インドの旅路でスッタモンダ2:シゲタトラベルで国内旅行を按配・・・:

« 【インド紀行】在中国日本人、インドの旅路でスッタモンダ1:リベンジデリー・・・旧正月にインドへ行く人への備忘録 | Main | 【インド紀行】在中国日本人、インドの旅路でスッタモンダ3:インド鉄道に揺られて »