« 「無銭」じゃない「無線」LAN in 成田空港 | Main | 【インド紀行】在中国日本人、インドの旅路でスッタモンダ0.5:英語のウォーミングアップ »

【インド紀行】在中国日本人、インドの旅路でスッタモンダ0:中国在住日本人のインドビザ取得に関する備忘録

※ここで記す私のインド紀行は、ちょっとマイナー。
海外に住んでいる日本人が、インドへ行く場合という、
日本に住んでいる一般の方々にはいらぬ業を伝授します。

・・・

「北京に住んでいる」ということが、
「インドへ行く」、ただそれだけで、
こんなにスッタモンダするとは思わなかった。。。

それは、旅立ち前から始まった。

インドのビザですが、ビザ申請センターによると、
申請したその日に受け取ることはできないそうです。つまり、
17日出発の場合、15日に申請して、16日にビザを取得しないとだめです。

「ということで、北京のインド大使館でとって頂けないでしょうか。」

と、購入を決めた格安航空券会社に言われたのだ。。。

インドへ行くためには、どんな目的であれビザが必要なのだが、
以前は、その日の朝に申請したら、夕方には取得できていたのだ。

しかも、最初にインド行きを決めた12月末に問い合わせた
大手航空券会社の○I○で、そのように説明があったばかり。

なのに、、、

2007年11月に、その原則は覆されていた。

というではないか!こらぁ!○○S!日本人だったら適当な回答するな!

といいたいが、中国生活ではこのくらい不確実な情報はウヨウヨしているし、
裏を取る前に(というか、裏を取る術がわからないのでそれに従うことになる)
その情報を真に受けてしまうことだって多々ある。

今回のことも、大きく構え、
「おや、びっくり。ではなんとかしましょう」
と開き直って、まずは北京でビザを取得できるか検討してみることに。

・・・

なぜ、北京でビザを取得できるかをまず検討したのかというと、
予め、中国から日本へ帰る航空券を15日で予約していたからだった。

そして、インドへはさっさと旅立ちたかったので、17日の航空券をゲット。

これが前調べの結果、16日中に申請・取得ができれば、
15日に帰ってもギリギリセーフだと思っていたのだ・・・

と、いうことで、この話を聞いたのは1月3日。
ネットによると、北京のインド大使館で申請すれば1週間で取得できる。

まだ、間に合うだろう、と、
北京のインド大使館・・というかそこまでの
語学力がないので、北京で日本語の通じる旅行代理店に相談。

1.日本から旅立つインド旅行でも、中国でビザを取得することは可能か。
2.その時に必要な書類は何か。

の2点について質問すると、まず、
「日本発のインド旅行でも、中国でビザを取得することは可能です。」
とのこと。

お!できるんですね!

「はい。ただ、その場合、就業証明と就職許可証とあれとこれと・・・
の書類を集めてください。申請期間は、1週間くらいかかります」

ぐぐ・・・

就職証明は会社で勝手に作ってもらえる(と、踏んだ)が、
就業許可証って、Zビザ(就業ビザ)を取得した場合に張られるあれですね。

つまり、私の今のFビザでは改めて取らなければならないんですよね。

脳裏に浮かぶは、かつてZビザを取った時の、
あの長くて面倒だった数ヶ月間の日々。。

・・・集めている時間、没有!!
私は即座に判断した。

帰国日を一日早める。

っていうか、これしかない!

ああ、せっかくならこの面倒を色々克服して、
北京でインドビザを取得してその武勇伝でもブログに書ければ
これから、中国→インドで旅しようとする人への参考になったのに
(って、いるかはわからないけど)

日本行きのチケットを予約している会社に電話して、14日のフライトに変更。
キャンセル・変更料500元。
その代わり、12月に予約した時と比べて、
燃料サーチャージ料が300元安かった。200元の被害?で助かった。

・・・

さて、14日。日本へ帰国。
台湾料理屋で、いつもお世話になっている先輩へ
別れの挨拶・・・じゃなくて、決起宴会を開いてもらう。

15日の朝。早速、インドビザ申請センターへ

丸の内線・茗荷谷駅から降りて、池袋方面へ歩くこと5分。

Img_4839

ありました。わかりやすいです。
隣のカレー屋も、行ってみたいですね・・・

10時過ぎに行くと、結構人が集まっていました。

用意したものは、パスポート・写真(パスポートサイズ)と、
その場にあった申請書への記入、+申請代1910円

申請書には、普通に名前やパスポートNO.
住所、連絡先、目的、と職業を記載する項目が・・・

「職業」・・・中国で働いています。
と言わないように、何故か気を遣う。
いかにも日本に住んでいる人、を装った方が申請が楽そうだから。

というわけで記入したのは・・「フリーランス」、住所は実家。

入口で引っ張っておいた番号札の順番がきたので受付へ。
ドキドキ・・・受付窓口は、ニコリともしないインド人のお姉さん。

緊張しながら書類を渡すものの、その後で、
「必要とするビザの種類」が空欄だったこと、
「申請日の日付」を書く欄も書き忘れたことに気づく。

「わ!書類に不備があった!ビザが下りない!!」

と、慌てて受付へ戻り、「あの、日付を書き忘れて・・・」

すると、お姉さんは一言。「書いた」

「あ、すみません・・・」

書類は、既に他の人の書類と一緒に積まれていた。。。

・・・

申請を終え、念のためにお別れの挨拶・・・
じゃなくて中国から引き上げた荷物を置きに、一泊だけ実家へ戻る。

両親からは開口一番、

「あんた、8年前にシンガポールへ行った時は
ぼったくりにあったんでしょ
。気をつけなさいよ」

という苦い思い出を即効口に出され、

「インドはテロがあるから、気をつけなさいよ」

と私が中国へ渡った2005年の反日デモで
日本のマスコミが騒いでいたときと同じことを繰り返されながらも、
明日東京へ戻る新幹線代を餞別に貰いました。謝謝!!

翌日再び東京へ。

「17時30分~18時の間に取りにきてください」

とのことだったので、定刻どおりに行くと、
既に受け渡しが始まっていた(適当やな・・)

フリーランスでも、無事に受け取れるかな。ドキドキ・・・

と、思っていたら、なんのことはない。
すんなりもらえました!!

パスポートの1ページに、大きくインドビザ!!!

しかも、空欄にしていたビザの種類は、半年間のマルチ
これで半年以内にはまたインドへ行ける!

行くかはわからないけど。

もし、中国で申請していたら、今頃はまだ
書類集めに東奔西走だったんだろうな。。。

というわけで、

教訓:
インドビザの取得は、日本で取得するのが一番楽!!

・・・

17日。早朝。

成田空港から、いざデリーへ!

と、まずはタイのバンコクを経由するところだが、
まさかこの道のりから、幸先の悪いスタートを切ろうとは・・

|

« 「無銭」じゃない「無線」LAN in 成田空港 | Main | 【インド紀行】在中国日本人、インドの旅路でスッタモンダ0.5:英語のウォーミングアップ »

海外旅行」カテゴリの記事

Comments

自分がインドVisaを取りにいった時には、四ツ谷の大使館の方に間違って行ってしまい、かなりあせって”茗荷谷”まで行ったことを思い出しました。

ちなみに、中国在住で、日本に一時帰国中にVISA申請しましたが、中国在住で申請してもなんら問題なかったですよ。
(参考まで)

・・・

今、こちらのネット環境で、コメントが書き込めないので
暫定的に追加形式でレスを・・・

>takuさん
私も最初に「茗荷谷」と聞いたとき、
他の人から「え?四谷じゃないの?」といわれ、ちょっとどぎまぎしました。

そうか・・・中国在住でも、問題なかったんですね。
中国で取りづらかったことを思い出したら、
なんとなく慎重になってしまいました。

Posted by: taku | March 01, 2009 at 08:05 AM

インドのマルチ・エントリーのビザ 笑 
私だったら、使わなそうだなあ 笑

Posted by: くぼ | March 03, 2009 at 01:42 AM

>くぼさん
私はガンジス河で個人メドレーしに行かねばならないので、
もう一回くらいは行きますよ!!

・・・その確率5%くらい(笑)

Posted by: koma | March 03, 2009 at 06:42 PM

こんばんは
日本在住の中国国籍の者です、日本の永住ビザを持っております。
今年の秋にインドに観光目的で尋ねたいですが、ビザがおりるかすごく心配ですけど、大丈夫ですかね?
ちなみにホームページでは銀行残高証明書が必要と書いてありますが、いくらぐらいあったほうがいいですか?

Posted by: チョコ | January 22, 2012 at 01:13 AM

チョコ様
お返事遅れてごめんなさい。私は日本人なので、
中国人のビザの取り方はわかりません。
中国人のご友人でインドへ行ったことのある方に
聞いた方が早いと思います。

Posted by: emmy | February 20, 2012 at 10:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/43969155

Listed below are links to weblogs that reference 【インド紀行】在中国日本人、インドの旅路でスッタモンダ0:中国在住日本人のインドビザ取得に関する備忘録:

« 「無銭」じゃない「無線」LAN in 成田空港 | Main | 【インド紀行】在中国日本人、インドの旅路でスッタモンダ0.5:英語のウォーミングアップ »